FC2ブログ

JR四国の将来

  JR四国の将来

JR四国の将来
 朝日新聞2019年3月23日1面

 JR四国は、全9路線18区間のうち、17区間が赤字だという。瀬戸大橋線のみ黒字

JR四国の将来
 朝日新聞2019年3月23日8面
 JR四国の社長は四国4県知事との懇談会後、地元に支援策の議論を求めたが、4県知事は反発

JR四国の将来
 朝日新聞2019年3月23日35面
 知事たちは、JR四国の経営努力国の支援を言っているようであるが…。

JR四国の将来
 四国新聞2019年3月23日1面
 地方銀行、イチロー、JR四国、AM放送…いずれも「諸行無常」「生生流転」を感じさせる。

JR四国の将来
 最新鋭車両(写真は2700系?)を導入したり、アンパンマン列車、観光列車「四国まんなか千年ものがたり」などを走らせたりもしている。

JR四国の将来
 JR高松駅
 この駅の周囲には市内バス、高速バス、高松空港とのリムジンバスなどのバスターミナルがある。徒歩3分~10分で女木島・男木島行き、小豆島・豊島(てしま)行、直島行き、岡山・宇野港行きなどのフェリーターミナルがある。

JR四国の将来
 玉藻城(高松城)から見たJRホテルクレメント高松。遠景に女木島(めぎじま)が見える。玉藻城はJR高松駅から徒歩3分、コトデン築港駅から1分。

JR四国の将来
 左側:昨年末できたJRクレメントイン高松(9階建)
 右側:JRホテルクレメント高松(20階建) JR高松駅から徒歩1分。
 徳島、宇和島、松山・道後にもある。最近、高知駅前に造るという記事をみた。

JR四国の将来
 高松市昭和町には長い間、国鉄時代からの古く汚いアパート群があった。
 最近取り壊し、マンション2棟食品スーパーができた。

JR四国の将来
 高松市西町(にしちょう:郷東橋の東側)のJR四国高松運転所の整備工事中。
 松山、徳島、高知でも工事をしていると新聞記事でみたことがある。

 JR四国の将来
 かがわ経済レポート2019年2月5日号

 JR四国は、阪急阪神不動産と共同で、高松市常磐町商店街のジャスコ高松店跡で分譲マンション(約100戸)の開発する計画




 私が知る限りでは(長い間県外・島外にいたのでその間のことは知らない)、例えばJR高徳線で、昭和町駅、栗林公園北口駅など新駅を作って、通勤・通学客を拾おうと努力している。また、国鉄時代に比べて、駅ナカも充実させている。

 最近では、ホテル経営、分譲マンション開発などに注力している。

 JR四国に限ったことではないが、北海道、九州、西日本の一部では、100円の収入を得るのにいくら経費をかけているかを示す「営業係数」が5倍以上の500円、1000円以上かかっている路線がたくさんある。普通の民間企業なら即時撤退する(そうしなければ株主から訴えられる)。


 今後、少子化で人口が減少するのは明らかであり、何らかの手を打たざるを得ない。

 電車は1車両1億円以上すると聞く。バスなら3千万~4千万円。過疎地では1車両、しかも数人の乗客だけで走っている車両をよく見かける。

 現在、自動運転車開発のために、世界中の自動車会社、IT企業や電機会社、部品会社などが合計何兆円もの研究開発費をかけて頑張っている

 完全自動運転車開発のためにはまだ10年くらいかかるかもしれないが、一定の軌道を走るバスなら5年くらいで開発できるはずである。JRには軌道(線路)がある。過疎地の足確保のためにも国交省が音頭をとって開発してはどうだろう。一定の軌道を走るなら定時運転ができる。「ゆりかもめ」は20年以上の歴史がある。

 自動運転バスなら運転手はいらないし、大幅に経費は下がる。事前にスマホで予約を取ることによって、運行するバスの台数も決められる(AI:人工知能が決める)。極端にガラガラという事態は避けられるし、臨時の団体客でもすぐに増発して対応できる。

 このままではいくら経営努力をしても、特にJR北海道・四国は早晩行き詰まる。かといって、一旦廃線にすると、たちまち過疎化が不可逆的に進行するのは間違いない。手を打つのは今しかない!!


以上


プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター