FC2ブログ

XaaS(ザース)の衝撃①

XaaS(ザース)の衝撃
 日経産業新聞2019年4月1日
XaaS(ザース)の衝撃
 日経産業新聞2019年4月1日
 世界中のいろいろな企業・組織・団体がXaaS(ザース)に関わる。トヨタといえどもワンオブゼムに過ぎない。
 しかも、恐らく趨勢はここ3年くらいで決まる

XaaS(ザース)の衝撃
 ニューズウィーク日本版2019年4月2日号

XaaS(ザース)の衝撃
 日経新聞2019年4月3日
 トヨタは仲間をつくるべく、HV(ハイブリッド)に関する特許約2万3千件を無償開放する。

XaaS(ザース)の衝撃
 富士経済による予測。
....................................................................................................

XaaS(ザース)の衝撃
 朝日新聞2019年3月30日
 佐川氏かどうかは分からないが、公文書改竄の責任者は刑務所に入れるべきである。重罪

XaaS(ザース)の衝撃①
 朝日新聞2019年4月4日
 塚田一郎国土交通副大臣はクビが当然。信じられないバカ発言。







 日経産業新聞2019年4月1日の該当記事を抜粋してご紹介します。


 XaaS(ザース)の衝撃①


 トヨタ転身「移動」を売る
 危機感バネに車メーカーの先へ

 海外先行 生存競争スピード勝負


 世界に百年に一度の大変革が訪れている。あらゆるもの(X)がサービスとしてネット経由で提供される「XaaS」が主流になり、消費者の関心が所有から利用にシフトする。移動手段(モビリティ=M)のサービス化(MaaS)もそのひとつだ。急速に拡大する市場にトヨタ自動車も参入した。なぜトヨタはMaaSを主戦場の1つに定めたのか。


 「出張のときに使ってみたら便利だった」。会社員の男性。福岡市で話題の「マイルート」というスマホアプリ。出発地と目的地を指定すると鉄道やタクシー、レンタサイクルなど複数の移動手段を組み合わせてルートと到着時間を表示、予約や料金の支払もアプリでできる。

 マイルートはトヨタが西日本鉄道と組んで実証実験を始めたアプリだ。福岡市のタウン情報の提供企業など約10社の企業や団体と提携した。

 「人が移動したくないポイントを減らし、移動したくなる仕掛けをつくる。両輪で移動の総量を増やすサービスにしたい」(トヨタ未来プロジェクト室室長代理)。

 マイルートのような複数の交通の予約、決済を統合したサービスはⅯaaSの源流だ。フィンランドのスタートアップ企業ⅯaaSグローバルが世界に先駆け16年にサービスを開始し、ⅯaaSという言葉とともに世界に広がった。


 市場150兆円規模

 「『自動車をつくる会社』から、移動に関わるあらゆるサービスを提供する『モビリティ・カンパニー』にモデルチェンジする」(18年 トヨタの豊田章男社長)。

 Pwcコンサルテイングの予測では、ⅯaaSの市場規模は30年までに米欧中で約150兆円に拡大する見通し。車産業とITとの融合が進む中、米グーグルた米アップルなど異業種との競争も激しくなっている

 自動車業界のビジネスモデルが大きく変わる中、将来も車メーカーが主役でいられる保証はない――。こうした危機感がトヨタを動かしている


 つづく


プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター