FC2ブログ

中国の古代性

米中戦争
 日経新聞2018年11月2日
 2018年10月4日のペンス米副大統領の対中対決演説をまともに取り上げたのは日経だけ(それでも1カ月近く遅れたけれど)。

 2018年11月13日のブログ「目が点になり、膝がくず折れそうになった」にも書いたが、私でさえこの演説の重要性は分かったのに他の新聞には分からなかったらしい。日本の新聞はいい加減。

米中戦争
 日経新聞2018年11月2日ペンス米副大統領演説要約

米中戦争
 (上)産経新聞2018年12月31日
 (下)日経新聞2018年12月30日

 【産経新聞】 ペンス米副大統領、対中対決演説

 「中国による東シナ海や南シナ海への覇権的進出や、相手国を『債務の罠』に陥れるインフラ開発融資、サイバー攻撃による情報窃取などを厳しく批判、貿易にとどまらず安全保障分野でも中国と『全面対決』する姿勢を打ち出した」

全体主義国家の国民監視
 (WAC) 994円 ★★★★★
....................................................................................................

米中戦争
 県立図書館のハナミズキ
米中戦争
 紫雲山(しうんざん)ハイキングコース。川沿いとかこういう道を好んで通る。
米中戦争
 ツツジ





  中国の古代性


 (令和1回目ブログ)昨日の続きです。


 「刑は上に上がらず、礼は下に下がらず」


藤井 アメリカにとって、知的所有権の問題がものすごく大きいと私は見ています。しかし、チャイナは欧米式の価値観を拒絶しています近代の法治主義、それに基づく契約精神、知的所有権といったようなものを、彼らは根こそぎ信じていない。でも他に何も根拠がないから、、マルクスを引っ張り出している。

古田 中国を見る時に、「古代性」を無視したら間違えると、私は思いますあの国は「古代的なもの」がいつもまとわりついている。今は国家独占資本主義でやっているけれど、古代性を抱えたままなので、知的所有権なんか絶対に守りません

藤井 チャイナの古代性とは、どういうことですか。

古田 今の中国は13億人いる国民のうちで、都市に住んでいるのは4億人に過ぎません。つまり、、ほとんどが農民なのです。農村の年収はいいとこの層でも日本円でいえば、160万円ぐらいしかなくて、ほとんどの農民は極貧です。進学でも就職でも、さまざまな面で差別されている。その農村から3億人ぐらいが都市に出てきて、出稼ぎ労働をする。雇うほうは「ブラック企業」だから、出稼ぎ農民は「現代の奴隷」です。

 なぜ、そうなるのか。中国では古代から都市はすべて商業都市であり、戦争が起きても農民を城壁の中に入れたりしない。ほったらかしなんです。だから、春秋・戦国時代は領主の封建制ではなくて、諸侯によるただの城取り合戦。ゆえに領国ではないから地方の産業化は起こりませんでした

 農民は税と労役を納めさせるものであり、逆らったら刑罰を下す「刑は上に上がらず、礼は下に下がらず」というのだけれど、礼とは作法とかしきたり、マナーのこと農村には世間知がないので、都市の上層でも農村に移されて育つと無知なままで卑賤になるものすごい低いレベルのままで、古代から現在まで来ている。言い換えると、あれだけ多くの人口を、古代性が支えているんです。

藤井 要するに、農民は人間だと思われていない

古田 古代性が分かっている人はおもしろいことを言います。たとえば大阪大学名誉教授の加地伸行(かじ・のぶゆき)先生。中国が南シナ海を手に入れたら何をやるか。きっと通行料をとるだろうとおっしゃった。中国人がやりそうなことだと、私も思う。

 私が1994年に満洲にいった時は、人民解放軍があちこちで道の途中に関所をつくっていて、関所だらけでした。さらには、そこで「外国人値段を払え」とか言っていた。この関所の話を『東亜』という雑誌に書いたら、東京外国語大学の中嶋峰雄(なかじま・みねお)先生が「よく書いてくれた」と喜んでくれました。

藤井 インドに行った時、ニューデリーから隣の州に入ったのですが、そこでも通行料を取っていました。結局、所得税は取りにくいが、通行税は一番取りやすい。

古田 中国文化はすごいとよく言われるけれど、中国の王朝はほとんどが異民族がつくったシナらしい文化など南宋代までで終わり。作家の石平(せき・へい)さんが日本の寺に面影をたどるシナ文化はここまでです。

 中国文学者の吉川幸次郎さんが、元(げん)でシナ文化は絶滅したと言います以後はパクリ文化

 国家がハードで、民族がソフトだとすると、中国の場合はソフトが50枚以上もあります。「少数民族」なんて中国の造語に騙されてはいけません。1千万人を超える大民族が4つもある。数千人、数万人規模の部族が約20あります。

 まさに「民族と部族の混合体」というべきなんですね。1つのソフトにまとまれないということです。そこで「中華民族」などというマヤカシを思いついたのが、孫文でした。本当は今でも混合部族の国家ですよ。こんな国が近代化できると思いますか?都会は産業化しても頭は古代ですよ。


以上


プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター