FC2ブログ

慰安婦「問題」 朝日の責任をハッキリさせよう。

朝日新聞よ、お前が言うな!
 (アスペクト) 1080円 ★★★★★
慰安婦「問題」朝日の責任をハッキリさせよう。
 (新潮社選書) 1728円 ★★★★★
慰安婦「問題」朝日の責任をハッキリさせよう。
 (草思社文庫) 864円 ★★★★★
 





 慰安婦「問題」 朝日の責任をハッキリさせよう。


 秦郁彦(はた・いくひこ)さんの『慰安婦と戦場の性』によると、日本軍が犯したとされる戦争犯罪がマスコミで取り上げられると、必ずと言ってよいぐらい日本兵の『ザンゲ屋』ないし『詐話師』が登場する」そうである。秦さんには、経験からくる、彼らに対する警戒心がある。

 吉田清治は1983年に『私の戦争犯罪』(三一書房)を刊行している。

 秦さんは、1992年3月29日、吉田清治が「慰安婦狩り」をしたと言う済州島に行っている。その前に吉田に面会を求めたが断られ、2回にわたり電話で詳細に取材している。

 1989年に吉田著が韓国語訳され、『済州新聞の』許栄善記者が書評兼ねた照会記事を書いていた。その許女史に会うと、「何が目的でこんな作り話を書くんでしょうか」と聞かれたという。島民たちや郷土史家の金奉玉も「何年か追跡調査したが事実でない」と憤慨していた。

 帰国した秦さんは、『正論』1992年6月号や産経新聞1992年4月30日朝刊に済州島での見聞を書いた。

 その間にも、あちこちから吉田に関する追加情報が入ってくるが、吉田の話の全否定と言ってよい材料ばかりだったという。

 NHK山口放送局が、吉田証言を軸とした番組を企画して40-50人に取材したが、どうしてもウラが取れず、吉田の出版社から「あれは小説ですよ」と聞いたこともあり、2月に企画を中止したという。

 1992年に秦は吉田を問い詰めたところ「フィクションだった」と認めたという。



 そういう事実があるにもかかわらず、吉田に対して入れ込んだのは朝日新聞である。

 吉田の話を何度も何度も記事にした。作り話だから、当然、朝日新聞に対する非難の声は高まる。

 朝日新聞は、やっと1997年に済州島に記者を派遣して調べた。少なくともその時には、吉田清治の話が100%嘘だったことを知った筈である。これを統括したのが、当の誤報を書き出世した清田外報部長であり、市川報道局長だったというマンガみたいな話である。結局握り潰し頬被りした。。

 朝日新聞は外に向かってはエラソーに言うが、内部はデタラメである。

 朝日新聞に対する非難の声は止まない。当然である。

 2014年9月になって朝日新聞はやっと誤報を認めた。社長の馘が飛んだ。
 
 しかし、(国際的な名声は守りたかったのか)英文記事はネットでなかなか検索できないように小細工(メタタグ問題し、公開期限も2019年4月までと設定した。どこまでもどこまでも卑劣な新聞社である。


 これは30数年にわたる朝日新聞社による犯罪である!


 これまでに名が挙がっているのは、北畠清康(きよやす)、清田治人(はるひと)、市川速水(はやみ)、植村隆である。
 

 最近、元NHKディレクタで-この問題に詳しい(福島瑞穂ほかの口車に乗って場合によっては当事者になりかねなかった)池田信夫さんが、鈴木規雄(のりお)の名前を挙げている。

 池田さんのブログの一部をご紹介します。


........... ............ ..........


慰安婦問題の知られざる主役 
2019年7月7日 池田信夫


 半導体報復でまた日韓問題がもめているが、1990年までほとんど存在しなかった慰安婦問題を日韓の外交問題にしたのは朝日新聞である。これについては、いまだに第一報を書いた植村隆記者が主役のように取り上げられるが、彼は当時33歳の駆け出しで、デスクに命じられて2本の署名記事を書いたに過ぎない。大部分の記事は無署名で、そのキャンペーンの責任者は大阪社会部デスク(次長)の鈴木規雄(のりお:故人)だった。

  鈴木は千葉支局デスクだった1988年に初めて日本人慰安婦の「証言」を記事にし、大阪社会部デスクに異動して、1991年8月に慰安婦の記事を書かせた。その翌年1月の宮沢訪韓の直前に「軍関与示す資料」という1面トップの記事が出たときの東京社会部デスクも鈴木だった。これは偶然ではありえない。大阪から東京に拠点を移してキャンペーンを続け、慰安婦問題を日韓の政治問題に仕立てたのは朝日新聞社会部だったのだ。

 ところが慰安婦の強制連行についての唯一の情報源だった吉田清治の証言の信憑性があやしくなって批判が強まり、朝日は1997年3月の特集で吉田証言の「真偽は確認できない」と曖昧な総括をした。この記事を書いた「検証取材班」の人選をしたのも、当時名古屋社会部長だった鈴木である。


.......... .......... ..........


 池田さんによると、慰安婦「問題」を世界に広めたのはニューヨークタイムズの大西哲光東京支局長だという。NYTは朝日新聞に似たところがある。

..........................................................................................................................

(感想・意見など)

 誰か(あるいは、どこかの公正な組織)が、この問題を総括して、「朝日新聞失敗の本質」を書く必要がある。


以上

 
プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター