FC2ブログ

左翼の常套句「話し合いで解決を」

左翼の常套句「話し合いで解決を」
 週刊エコノミスト2019年9月24日号「闘論席」は小林よしのりさん。

左翼の常套句「話し合いで解決を」
 
 毎日新聞2019年8月27日「仲畑流万能川柳」の「秀逸」
 
 台風も日本のせいと言いそな韓 (和光 SOJIさん)

 ところがその後、毎日新聞はサイトにこう書きこんだ。「27日の仲畑流万能川柳の記事は削除しました。毎日新聞社として、掲載にあたり「嫌韓」をあおる意図はありませんでしたが、「嫌韓をあおる」と受け止められた方がいらっしゃったという事実については、真摯に受け止めております」

 恐らく、粗選びの段階で何人かがこの句を「秀逸」と認め、最終的に仲畑貴志さんも「秀逸」と認めたものに違いない。大多数の国民も同感に違いない。

 しかるに、毎日新聞社は最終的に上記のような措置に及んだ。
 毎日新聞は「あいちトリエンナーレ」中止問題で「表現の自由」を盾に論陣を張った嗤うべし、嗤うべし!!

左翼の常套句「話し合いで解決を」
 讀賣新聞2019年8月24日

 大阪府立大学と大阪市立大学の統合計画がある。2022年4月に統合予定らしい。その際、獣医学部を新設する計画がある。

 面白い展開になりそうである。
 
 日本獣医師会は大反対に違いない。商売敵を増やしたくない。獣医師会は与野党問わず族議員に大金を配り選挙を応援し、農水・文科などの官僚を抱き込み、50年以上も獣医学部新設を阻んできた
 
 しかし、加計問題で明らかになったのは、獣医師会の反対のせいで日本の獣医学は欧米に比べて半世紀も遅れていること、加戸前愛媛県知事によれば、獣医学部は東日本と西日本の比率が8対2と西日本が圧倒的に手薄なこと、公務員獣医師、大型動物獣医師が大幅に不足していること、などである。

 いまや、公務員獣医師、大型動物獣医師不足は共産党も認めている

 豚コレラの発生は9県に及び関東にも飛び火した。先日のニュースでは13万頭を殺処分したとか。中国ではアフリカ豚コレラで1億頭以上を殺処分し、豚肉が大幅に値上がりしている。韓国にも飛び火している。

 加計問題は安部倒閣のためのフェイクであった

左翼の常套句「話し合いで解決を」
 【追記】日経新聞2019年10月4日

 中国は、アフリカ豚コレラの流行で豚の飼育量が4割減り、価格は高騰している(グラフ参照)。
 日本に入ってきたら大変な事態になる

左翼の常套句「話し合いで解決を」
 四国新聞2019年9月2日

 先日、マイナンバーカードは取得したが、ポイントをもらうために特に何かをしようとは思っていない。
 まもなく消費税も上がるが、そのために特に何かをしようとも思っていない。
 いまもクレジットカードやナナコやiDカードなどを使っているが、徐々に自分のペースで自分の都合で、キャッシュレス化していく予定である。
 政府や自治体に踊らされるのはまっぴら。

.......................................................................................................

左翼の常套句「話し合いで解決を」
 本津川の堰のカワウ、コサギ、ゴイサギ。
左翼の常套句「話し合いで解決を」
 こちらはカワウ。






 左翼の常套句「話し合いで解決を」


 週刊エコノミスト2019年9月24日号「闘論席」小林よしのりさんのコラムを抜粋してご紹介します(強調は引用者)。


.......... .......... ..........


 日本政府が韓国を「ホワイト国」から除外、韓国政府がGSOMIA(日韓軍事情報包括保護協定)の破棄を決定したことで、日韓関係の話題一色である。

 そもそもこの問題は1965年の日韓基本条約に伴う請求権協定で「完全かつ最終的に解決」していた元徴用工に対する補償問題を、韓国が「まだ解決していない」とひっくり返したことが発端である。だから日本は国際法・国際条約を守らないのはダメという原則を貫くだけでいい

 リベラル左派の論客が「話し合いで解決を」などと言うが、話し合いの結果として結ばれるのが条約で、その条約を勝手に崩壊させているのが韓国なのだから、いくら話し合いをしたところで国と国の信頼が成り立たない。韓国は「俺たちと話し合いをしても無駄だ。約束は破るからな」と言っているようなもので、これではお手上げだ。


 韓国に誤りはないとする「韓国無謬(むびゅう)論者」のリベラル左翼は日本人に「感情的になってはいけない」と警告する。

 実際には、日本人は「行きたいが、安全面が不安」という理由で韓国旅行を控える人がいるが、それほどの減少ではない。

 韓国人は「日本に抗議する」「周囲の目が気になって行きづらい」という反日感情で日本への旅行は8割減になっている。どちらが感情的か?

 韓国無謬論者は、情緒的に仲良くなろうと主張するが、日本人にそれを言っても意味がない。韓国が条約を守れば、仲良くなれるのだ。「反日」で国をまとめるという感情的な公共性も捨ててくれれば、もっと仲良くなれるだろう。だがそれには、まず韓国の政権が変わらなければどうにもならない


.................................................................................................................................


(感想・意見など)

 日本政府が韓国を「ホワイト国」から外したことに対して3万通以上のパブリックコメントが政府に寄せられたという。これだけの反応は異例、その95%以上が「賛成」だという。ほぼ日本人の総意。

 日本人は、コリアンのように熱しやすく冷めやすくはない。熱しにくく冷めにくい。日本人の大部分が、コリアンのゴネ、イチャモン、ユスリ、タカリ、ムシリの本性に気付いたというべきである。これはなかなか冷めないよ。

 最低でも、文在寅政権打倒が必須条件となる。


以上


プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター