FC2ブログ

韓国批判と嫌韓は違う

韓国批判と嫌韓は違う
 部屋のエアコンが故障したので買い替えた。途端に外気が涼しくなってきた。

韓国批判と嫌韓は違う
 次にPCの調子がおかしくなってきた。PC-DEPOTに持っていって診てもらい、買い替えることにした。5年半使った。IBM2台、ソニーのVAIO2~3台、富士通が2台目。6代目か7代目。機種交換した当座は何かと問題が起きる。今日もPC-DEPOTに行ってきた。そういうわけでしばらくブログを休んでいました。

韓国批判と嫌韓は違う
 その間に稲刈が始まった。
韓国批判と嫌韓は違う
 紫雲山ハイキングコースの木々も色づいてきた

韓国批判と嫌韓は違う
 毎日新聞2019年9月23日

 毎日新聞が「レイハラ」とかまたややこしいことを言い出した。「レイシャルハラスメント」といい、国籍や人種への配慮を欠く言動だという。

テレ朝「そもそも総研」がひど過ぎる
 わたしはこの30年間、欧米人の書いたものを含め、幅広くコリアものを読んできた。数百冊にはなる。

韓国批判と嫌韓は違う
 日経新聞2019年9月19日の「私の履歴書」。9月は一橋大学名誉教授の野中郁次郎さん。

 中学生のころから日本はなぜ先の戦争をしたのかという疑問を持っている。野中教授ほかの『失敗の本質』はそれに応えるもの。ダイヤモンド社発行分と中公文庫を持っているが、その執筆背景が分かる。





 韓国批判と嫌韓は違う


 朝日新聞や毎日新聞、岩波書店、テレビ朝日、TBS、一部の教師・教授、言論人などは、事実に基づくコリア批判でも「嫌韓」「ヘイト」とレッテル貼りをする。

 その彼らが、日本人の書いたものが信用できないからといって、イザベラ・バード、ヘンダーソン、マッケンジー、ハメル、ダレ、アイルランドなどの著作を紹介、引用しているのを見たことはない。朴正煕(元大統領)自身、コリアの歴史、習俗については実に厳しい見方をしている。

 朝日、毎日などの記者などがそれらの著作を知らないわけではない。2014年の9月慰安婦問題の誤報を認めた朝日新聞を検証した岡本行夫さんは、「朝日新聞では『角度をつける』という言葉をよく聞いた」という。「事実を伝えるだけでは報道にならない。朝日新聞としての方向性をつけて、初めて見出しがつく」のだという。これでは「新聞社ではなく『運動体』」(「しんぶん赤旗」に近い)。

 彼らには「事実を伝える」気はないイザベラ・バード以下の著作は彼らの主張に都合の悪いことが書いているから「世の中になかったことにしている」「報道しない自由」を行使し、愚かな読者を自分たちの思っている方向へと導こうとしている(30数年間にわたって慰安婦問題で嘘をつき続けた新聞社だからね)。


 小林よしのりさんの意見と私の意見はしばしば異なる。しかし、コリアに関しては不思議と一致する。ネットで見つけた小林さんのブログを転載i致します(強調は引用者)。


.......... .......... ..........


左翼が韓国批判を封じようと躍起だ
2019年09月17日 16:59 小林よしのり


東京新聞朝日新聞左翼が焦っている。
「嫌韓とメディア」とか、「反感あおる風潮を憂う」とか、韓国を批判する言論に「嫌韓」のレッテルを貼って封じ込めようと躍起だ。

まず「嫌韓」「嫌韓ヘイト」は区別しなければならない。
「ヘイト」は憎悪を込めて、罵詈雑言を投げつける行為で、みっともないからダメだろう。
「嫌韓」は嫌いという感情を示すだけで、嫌いには理由がある。
その理由を聞けば、納得することもあるのではないか?
「嫌韓」という人間の感情を封殺しようとするのは、ロボトミー手術しなければ無理だ。

東京新聞は在日コリアンが傷ついていると言うが、韓国という国家や、文在寅政権や、韓国内の「反日」というイデオロギーを批判しているわけで、そもそも在日は関係ない。
在日を人質にして、韓国批判を封じようなんて卑怯だ。

そもそも左翼どもは、日本国内の「嫌韓」を批判する前に、韓国が国家の方針として行っている「反日教育」を批判するのが筋である。
「反日」は良くて、「嫌韓」は悪いというのは、あまりに説得力がない。

朝日新聞は「健全な外交関係を築くため」にと言うが、慰安婦問題を仕掛けて、日本国を貶めた罪をまず悔いることだ。

戦前はさんざん戦争を煽り、戦後はさんざん北朝鮮を地上の楽園と讃美し、さらに中国を讃美して日本を貶め、今は韓国を無謬だと美化して、日本を貶める
そんな朝日新聞が「健全な外交関係を築くため」などと、笑わしちゃいけないよ


.......................................................................................................................


(感想・意見など)

 わたしは韓国を批判(北朝鮮は論外)するが、「嫌韓」ではない。韓国批判と嫌韓は違う。韓国批判は事実に基づいている。

 北朝鮮の2500万人には気の毒だが、今のままでは韓国の5100万人も不幸になる確率が非常に高い。文在寅(ムン・ジェイン)政権は無茶苦茶である。文在寅政権を打倒する必要がある

 それにしても、保守派は何をしているのだろう?きちんとした政権運営をしなければ、盧武鉉(ノ・ムヒョン)や文在寅政権などの従北政権が現れるのは分かっているのに。昔からこういうことばかりしている。

 「私」をある程度捨てて「公」のために、正しい歴史認識のもと、正しく行動するほかない


以上


プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター