FC2ブログ

韓国は世界中で信用を失いつつある

韓国は世界中で信用を失いつつある
 
 渡邉哲也さんの分析は定評がある。今年8月くらいまでの直近の情報が盛り込まれている。 (徳間書店) 1650円
 韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権はいよいよ四面楚歌。どこからも相手にされなくなりつつある。経済もメタメタになりつつあるし。

韓国は世界中で信用を失いつつある

 「UAEを激怒させた韓国」

.............................................................................

韓国は世界中で信用を失いつつある
PC-DEPOT高松東バイパス店

 9月にPCを買い替えた。先日クレジットカードの請求書がきたが、PC-DEPOTで説明のなかった37800円が請求されている。納得がいかないので出向いて説明を求めた。説明を受け、必ずしも納得したわけではないが「了」とした。

韓国は世界中で信用を失いつつある
 四国新聞2016年9月21日

 3年前、PC-DEPOTの商法は、「ITに弱いお年寄りを食い物にしている」と批判を受けた。体質は必ずしも改まったわけではないが、以前よりはマシ。場合によっては「消費生活センター」に行くつもりであった。

..............................................................................

韓国は世界中で信用を失いつつある
 四国新聞2019年10月30日 「秋の栗林公園」






 韓国は世界中で信用を失いつつある


 従北派の韓国・文在寅政権がいよいよにっちもさっちも行かなくなりつつある。当然と言えば当然。人間にしてもそうであろう。ゴネ、イチャモン、ユスリ、タカリばかりで約束を守らない人間が周りから信用されるわけがない。

 「反日」で国民をまとめている国だから、日本に対するあたりがきついのは当然だが、その他の国にもまともとはいえない対応をしているようである。アメリカなども半分匙(さじ)を投げている。

 その例を渡邉哲也さんの『「韓国大破滅」入門』から抜粋してご紹介します(強調は引用者)。


.......... .......... ..........


  UAEを激怒させた韓国


 中東に関してはUAEとも揉めている

 2008年に東芝のデータサーバーから、原子力発電制御システムの設計データなどが含まれていた外付けハードディスクが紛失するという事件が起こったが、このときに韓国の斗山重工業という会社に技術が流出したといわれており、斗山が同じものを勝手につくって他国へ売りこむようになった。

 そして2009年12月、斗山重工業を含む韓国企業連合がUAEから4基の原子炉受注に成功、2012年からバラカ原子力発電所として建設が進められた。原発輸出の経験がない韓国が受注したことに世界中が驚いた。

 ところが実際に原子炉をつくる段になると、やはり自分たちでは無理な部分が出るということで、東芝とGEに対して技術供与を依頼した。東芝、GEは出来上がった原発に関しては責任は持たないという条件で、売り切りで技術を供与した。

 
 当初、1号機は2017年完成、2018年運転開始が予定されていた。ところが格納建屋で、放射能を遮断する壁に注入したグリスが壁の外側にできた空隙から漏れ出していることが発覚などで、稼働を延期せざるをえなくなった。1号基の運転開始は2020年初頭とされている。


 また、この原発建設の契約時、当時の李明博(イ・ミョンバク)政権がUAEに対して密約というかたちで、特殊な覚書を交わしていたことが発覚した。それは、もし原発が襲われた場合やUAEがイランなどの攻撃を受けた場合、韓国軍が自動参戦するという秘密軍事協定だった。

 これは密約であるため表に出してはいけないものであるが、文在寅政権は一方的に暴露し、この契約は無効であると言い出した

 2015年末に成立した慰安婦問題日韓合意も、文在寅政権はその交渉過程を暴露し、合意によって設立された財団を一方的に解散して事実上の合意破棄を行ったが、UAEにも同じことをしていた

 これに対して、プロジェクトに関わっていたUAEのムハンマド皇太子が激怒、場合によっては国交断絶も辞さないというところまでいった

 原発建設の遅延や密約の暴露など韓国側の不誠実に怒ったUAEは、韓国の麗水(ヨス)に備蓄していたすべての原油(600万バレル)を引き揚げてしまった。これは共同備蓄としてUAEと韓国が締結し、有事の際には韓国が優先使用できるという取り決めになっていたもの。

 そこで、韓国はイラン核合意によって制裁が解除されつつあったイランに接近し、イラン産の原油の利権を買いに走った

 こうして韓国がイランからの原油輸入を開始しようとしたところ、トランプ政権に代わったアメリカは2018年5月にイラン核合意から離脱、イランに対して原油禁輸措置を再発動。韓国はイランと物々交換によって原油を輸入する取り決めを交わした

 イランはUAEにとって最大の敵UAEの韓国への不満がさらに高まったのは間違いない。

 バラカ原発については、整備や修理、運用を担当する事業について、当初、UAEは韓国と随意契約するつもりであった。ところが、前述したような韓国の姿勢に疑問を感じたUAE側は、2017年に突然、国際競争入札に変えた

 一方、韓国は2018年末に、バラカ原発から専門家150人をいっせいに撤収させてしまった。韓国側は計画的な人材交代だと説明したが、UAEサイドはなんの連絡もなかったと激怒

 結局、2016年6月、韓国は自分たちがつくったバラカ原発の整備・運用事業を単独で受注できず、外国と分け合うことが決定した。しかも、その事業期間も5年間と短いものであった。


 このように現在の韓国は、約束を破り信用を失って排除されていくという事態を、世界中で起こしているのである。


...............................................................................................


(感想・意見など)

 以前紹介した現代重工業の話を思い出した。

 現代財閥の創業者鄭 周永(チュン・ジュヨン)氏の現代重工業は、それまで1万5千トンまでの船しか造ったことがなかったが、30万トンの船を受注した。そこで日本のある造船所にスパイを送り込み、設計図から道具類までコンテナー2個分を盗み出し、それをもとに大型船を造った

 あらためて、コリアは信用できない国だと確信した。


以上

 
プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター