FC2ブログ

『イノベーションのジレンマ』

怖い『イノベーションのジレンマ』
 翔泳社 2160円

『イノベーションのジレンマ』
 日経新聞2020年1月26日

なぜ成功した企業ほど新興勢力によるディスラプション(創造的破壊)に弱いのかなぜ創造的破壊は大企業から生まれにくいのか――」

 「IT(情報技術)業界などで繰り返されてきた業界リーダーの歴史を分析した『イノベーションのジレンマ』を1997年に著して以来、経営者の教祖的な存在だったクレイトン・クリステンセン米ハーバード大経営大学院(HBS)教授が23日、死去した」

『イノベーションのジレンマ』
 日経新聞2020年1月26日

 「企業のイノベーションに関する研究で知られる米ハーバード大経営大学院教授のクレイトン・クレステンセン氏が1月23日、米東部マサチューセッツ州ボストンで死去した。67歳だった。米メディアによると、白血病にため闘病生活を送っていた」 (合掌) 

怖い『イノベーションのジレンマ』
 週刊ダイヤモンド2020年1月25日号 『パナソニック凋落』

『イノベーションのジレンマ』
 日経ビジネス2020年1月27日号 『どうなってる? Panasonic』

『イノベーションのジレンマ』
 週刊現代2020年2月1日‐8日号 『名門・パナソニックの苦悩を考える』

 「出口はあるのか?27万人を率いる津賀体制8年目の真実」

 日本のためにもパナソニックに立ち直ってほしいが、成果が見えるまでに5~6年はかかるだろう。

『イノベーションのジレンマ』
 日経新聞2019年8月4日

 マイクロソフトCEO サティア・ナデラ氏

 「クラウド」貫き巨艦復活


 「2019年6月期決算は売上高、営業利益ともに過去最高。『クラウド』と唱え続けた成果は明確に表れた。ビル・ゲイツ、スティーブ・バルマー両氏に続く米マイクロソフトの3代目の最高経営責任者(CEO)に就いて5年あまり。『GAFA』の陰で停滞していた巨艦を完全復活に導いた

 「インドのハイデラバード出身。大げさなパフォーマンスやジョークで場を盛り上げるタイプではない。大事なことは目を見開いて率直な言葉で繰り返す」

 「クラウドを軸にした事業の再構築と同じぐらい心血を注ぐのが『傲慢』だった企業文化の変革だ」

 「問題はここから。『すべて学んだと思って立ち止まったらそこで終わり』」 (シリコンバレー=佐藤浩実さん)

『イノベーションのジレンマ』
 日経新聞2019年8月5日 論説委員 西條 都夫さん

 再起動するマイクロソフト
 文化は戦略にまさる


 「変転の激しいテクノロジー市場で『落ち目』になった企業が再浮上するのは至難の業だ。一世を風靡した米国のDECやサン・マイクロシステムズは再編の海に沈み、かつてのヒューレット・パッカードや日本の富士通にも往時の勢いはない。一時は『奇跡の復活』と言われたIBMも近年は息切れの印象が濃い」

 「そんな歴史に照らすと、過去数年の米マイクロソフトの復活劇には驚嘆せざるを得ない。『ウィンドウズ』で世界のIT市場を牛耳った1990年代。グーグルやアップルに主導権を奪われ、輝きを失った21世紀の最初の15年。そして近年の再加速――」

 「2019年6月期の売上高、純利益ともに過去最高を更新した。足元の株式時価評価額は1兆ドルを超えGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)を抜き世界一に返り咲いた。業績だけでなく、社会性も身につけた。今では理非をわきまえた大人になった。フェイスブック、グーグルが個人情報の扱いや競争制限行為で各国当局から目をつけられているのとは対照的に、マイクロソフトを『悪の帝国』とみなす論調はほぼ皆無だ」

 「この変貌の裏に何があるのか。株価チャーと経営者の任期を重ね合わせれば、インド出身のサティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)が14年2月に3代目トップに就任してから快進撃が始まったことが分かるだろう。同社の幹部によると、ネデラ氏が部下に声を荒げたり、怒りのメールを送ったりする場面は想像できないという」

 「そんなナデラCEOが信奉するのが、ピーター・ドラッカーの残した『文化は戦略にまさる』という言葉だ」

 「社員一人ひとりが難題に立ち向かい、乗り越えようとすることで、個々人が伸び、その結果、会社も伸びる


 「マイクロソフトの歩みを紹介したのは、一時はライバルに置いていかれ方向性を見失った企業でも、適切なリーダーを得て、企業文化を変革できれば、再浮上は不可能ではないと、日本の企業人に訴えたかったからだ」


以上


プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター