大災害の教訓

大災害の教訓 毎日14年10月16日
大災害の教訓 東日本大震災
大災害の教訓





 大災害の教訓


 毎日新聞五百旗頭 真いおきべ・まこと)さんが「大災害の時代」を連載している。10月16日の第29回に東日本大震災の忘れられない話が載っていた。一部を抜粋してご紹介します。

.......... .......... ..........

 
 極端なケースが宮城県名取市閖上(ゆりあげ)にあった。一人のあばあさんが、長く暮らした地から離れて生き延びることを頑として拒否した。自分はここで死んでいいという。

 周りの人たちで懸命に説得し、親しくしていた友人まで加わって一緒に逃げようと説いたら、ようやく軟化した。では、その前にトイレへ、ではあれを持って、と要望すべてを容れて出発するのに30分を要した

 避難が遅れたところを津波に襲われ、一人が奇跡的に助かった以外、全員が犠牲となった(NHKスペシャル取材班「巨大津波―その時ひとはどう動いたか」岩波書店)。

 欧米であれば、老人の自由意思をドライに尊重するであろう。日本的なやさしさ、ウエットなみんな主義が、逆に皆の命を奪うことになった。事に臨んで30分対話するのではなく、日ごろから万一の場合の避難について話し合い訓練しておかねば、その瞬間に逃れることはできないことを知るべきである。


...............................................................................................................


(感想・意見など)

 石巻市の大川小学校の場合は、地震発生から津波襲来まで50分もあったが、校庭に児童を座らせて点呼をとったり、避難先についてその場で議論をしたりして時間を浪費(小田原評定)し、避難先の判断を誤ったこともあり、児童・教職員に多数の犠牲者を出した

 反対に釜石小学校では、日ごろから「てんでんこ」を合言葉に訓練しており、児童だけで自主的に避難して全員が助かった

 大川小学校は河口から4~5㌔遡ったところにあり、まさかここまでという油断があったと思われる。私は半年後に三陸海岸をクルマで走ったが、川の両岸の樹木は何キロも先の上流まですべて枯れていた。津波(海水)が川を何キロもさかのぼったものと思われる。相当上流でも川の近くは危険である。

 
 五百旗頭さんはこういうことも書いている。
 「押し波が引き波に転じ、板に乗った人が『助けて』と叫びながら飛び去った。どうすることもできなかった

 歴史家の磯田 道史みちふみ)さんは、古文書などを調べてこういうことを言っている。
 「津波は一波、二波、三波と何回もやってくる。兎に角、何もかも捨てて、高い場所に避難すること押し波も怖いが、むしろ引き波のほうがもっと怖い。もの凄い力であらゆるものを引き剥がしていく」。


以上


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/10/25 08:51)

名取市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター