三菱自動車をブラックリストから外そう。

三菱自動車をブラックリストから外そう。 産経14年9月29日
三菱自動車をブラックリストから外そう。 産経14年10月1日
三菱自動車をブラックリストから外そう。
 三菱プラウディア (ベースは日産フーガ)
三菱自動車をブラックリストから外そう。
 マック・イカスミバーガーセット 670円





 三菱自動車を私のブラックリストから外そう。


 以前ブログに書いたと思うが、私はかつて9年余り三菱車に乗ったことがあった。その初期に、アクセルを踏んでもなかなか車が思うように動かないことがあった。三菱のディーラーに入れて修理した。それから半年後にも交差点で右折時、同じ症状が出た。対向車と衝突しそうになった。再度ディーラーに入れ修理した。サービスマンにリコール(回収・無償修理)していないのかと聞くと、そのような話はないということであった。不信感が残った。

 2000年だったかに三菱自動車の大規模なリコール隠しが発覚した。その後もトラック・バス部門などで更なるリコール隠しが発覚した。横浜市で、トレーラーの車輪が脱輪して転がり、母子3人を死傷させた。三菱自は非情にも裁判で争った。1度ならず2度・3度までも、である。こういう企業は世のため人のためにならない。早く潰すべきであるこの時、私のブラックリストに三菱自動車を入れた

 そう判断したのは、私だけではない。多くの人がそう思ったのだろう。三菱車は売れなくなった。経営不振に陥った。地方のディーラーはみるみるみすぼらしくなり、潰れるところも出てきた。


 私は、小学校高学年のころよりクルマに興味があった。そのクルマを作っている会社にも関心がある。高校生ごろの私から見ても、三菱自動車は、奇妙な会社であった。トヨタ、日産に次ぐ中堅企業であるにもかかわらず、フルラインナップメーカー軽自動車からデボネアのような乗用車、パジェロのような四駆、トラック・バスまで作っている。そのうちホンダにも追い抜かれた。何を考えているのだろうと思っていた。

 普通の会社だったらとっくに潰れている。良くも悪くも、三菱グループ(重工・商事・銀行など)に支えられている。どういう経緯からか分からないが、農家に強い。農協と強い結びつきがある(あった)のだろう。

 悪く作用したのは、プラウディアとかディグニティとかの三菱グループの役員しか乗らないクルマを作っていること(現在の2代目は日産フーガを元にしているとはいえ)。採算が合うわけない。それと、人が尊大になりがちなことである。その典型が中村 裕一元会長。世の中の流れと乖離したこの尊大な人物が院政を敷いて、三菱自をめちゃくちゃにしたと思っている。


 経営危機に瀕した三菱自動車の再建を託され、三菱商事から転籍してきたのが益子 修現会長(65)である。その益子さんが、産経新聞「話の肖像画」欄に9月29日から10月3日まで登場していた。

 いろいろな話が載っているが、私が最も評価するのはリコール隠しにけじめをつけるため、中村会長以下元役員7人に対し退職慰労金(計13億円)を返納するよう求めたが応じなかったため、総額11億3500万円の損害賠償訴訟を起こしたことである。

 その結果は知らないが、これをもって、私のブラックリストから三菱自動車を外そうと思っている。もしもう一度同じような問題を起こしたなら、いくら三菱グループをバックにしているとはいえ、お仕舞いということは社員一同十分に自覚している筈である。ヒラメは会社を潰す。向かうべきはお客様の方である。

 マイカーはそろそろ10年目に入る。気に入ったクルマがあったら買い換えてもいいが、残念ながら、今の三菱車に候補になりそうなクルマは見当たらないマツダやスバルのような身の丈を知っているメーカーが元気である。


 (マックがTVCMでとんかつバーガーをやっていた。今日ゆめタウンに行った時、小腹が空いて思い出したが、とんかつバーガーはあさってからとのこと。やむなくイカスミバーガーセットを頼んだ。670円。味は別にどうということはなかった。適正価格は580円と判定。高過ぎる。マック大丈夫か?)


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター