中国経済鳥瞰

中国経済鳥瞰 日経ビジネス14年10月20日
中国経済鳥瞰
中国経済鳥瞰
 ナツミカン





 中国経済鳥瞰


 中国経済崩壊論は多い。その論拠はもっともに思える。しかし、中国は人口13億人。国土も広大である。歴史をみても、「漢族」は人種的概念ではなく、中国人とは、「東夷(とうい)」「西戎(せいじゅう)」「南蛮」「北狄(ほくてき)」などの混血である。宮家(みやけ)邦彦さんの言葉を借りるなら、「中華」とは、中原(ちゅうげん)の定住農耕民だった漢族の土地に、周辺の遊牧民、狩猟民が侵入し、支配し、新たな要素を加えながら、同化していく共通の「場所」だった。常に流動的。その度に騒乱。切り取る角度により、楽観的にも悲観的にもなり得る。

 日経ビジネス14年10月20日号にニッセイ基礎研究所上席研究員の三尾 幸吉郎みお・こうきちろう)さんの中国経済論が載っていた。ニュートラルに近いと思われる。抜粋してご紹介します。


 中国、「新常態」は簡単ではない

 中国経済は高度成長に別れを告げ、中低速の「新常態」に入った
 だが、4つの問題を乗り越えなければ、その維持は難しい


Q1 中国の経済成長率が年7%台に落ちた。今後も鈍化するのか?

 生産年齢人口が減り、資本ストックも積み上がっている。成長率はだんだん下がり、10年後には6%台前半ぐらいになる。中国政府は成長率の鈍化を「新常態」と表現している。高速に戻すのではなく、経済構造の調整によって、雇用不安もバブルもない安定状態を目指すという。だが、そんなに簡単にはいかない。


Q2 どんな問題を抱えているのか?

 4つある。製造業の設備過剰、住宅バブル、地方政府の過剰債務、シャドーバンキングだ。生産した製品を国内市場だけでは消化しきれない。他の新興国の製品競争力が高まり、中国からの輸出が減ると、労働力が余り、雇用不安が広がる。競争力を保つためにも、人件費の安い中国内陸などへ工場を移転することが急務だ。


Q3 住宅の値下がりが広がっている。どこまで下がるのか?

 中国の現在の住宅価格はバブル。今年4月をピークに下落し始めた。政府がこれをどう食い止めるかが注目されるが、目立った対策を打ち出していない。中国政府は住宅価格がもう少し下がってもいいと思っているのではないか。住宅価格が上昇局面に転じた2013年初めの水準まで、値下がりを容認する可能性がある。


Q4 住宅価格は本当に政策でコントロールできる範囲にあるのか?

 バブルを潰して今の成長を保てなくしてはならないし、バブルを膨張させて将来に禍根を残すのもダメ。コントロールがうまくいく可能性は60%くらいだ。中国は日米の住宅バブル崩壊を研究しており、強権を発動しやすい政治体制であるため、民主主義の国よりは成功の可能性が高い。


Q5 地方政府の過剰債務問題はどの程度深刻か?

 景気が悪化した際、地方政府はインフラ整備の前倒し執行などで支えてきた。この機能は、依然として重要だ。地方政府の財政余力はまだあるが、財政負担は増えていく。例えば環境対策や年金・医療関係の制度充実は地方政府の新たな負担になる。体力を温存し、問題が発生した際に、新常態を維持する砦として機能できるようにしておくことが必要だ。


Q6 一時期騒がれたシャドーバンキング問題は、今はどうなっているのか?

 シャドーバンキング自体は大した問題ではない。むしろ、シャドーバンキングが減っているから景気が減速している。情報開示が十分でないことは問題。しかし、シャドーバンキングは民間企業が資金を調達するすべでもある。今よりもっと広げるべきだ。そうしないと、国有企業中心の体制は変わらない。


Q7 今の政権はこれらの問題にうまく対処できるか?

 習近平国家主席と李克強首相は、新常態を目指す方向で一致している。腐敗や汚職の撲滅をしっかりやっており、既得権を自分の懐に取り込もうという動きは見えない。共産党政権が盤石で、内部の対立が激化しなければ、何とかやっていけるだろう。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター