島根県海士町(あまちょう)のこころみ

島根県海士町(あまちょう)のこころみ 讀賣15年2月26日
島根県海士町(あまちょう)のこころみ(756円)
 是非お読みください。
島根県海士町(あまちょう)のこころみ
 海士町は中ノ島にある。
島根県海士町(あまちょう)のこころみ 2014年6月号
島根県海士町(あまちょう)のこころみ 中公新書
 (886円)





 島根県海士町(あまちょう)のこころみ


 日本はどんどん少子高齢化が進んでいる。いまごろになってわあわあ騒いでいるが、30年も前に分かっていたことである。

 1989年に合計特殊出生率が1.57、出生数127万人で、「1.57ショック」と騒がれた。しかし、その後ほとんど有効な対策が打たれず、25年後の今日、出生率は1.4台、出生数は100万人である。余程思い切った手を打たない限り、このままでは、出生数が90万人、80万人、70万人…と減りつづけることは確実である。


 島根半島の沖合60㌔、日本海に浮かぶ隠岐(おき)諸島の一つ、海士町あまちょう)は、課題先進地、日本の縮図である。
 

 14年9月30日の四国新聞一面コラム「一日一言(いちにち・いちげん)」から、一部を引用する。

 島の人口約2400人のうちこの10年で島外からの移住者は293所帯、437人に上る。その大半が20~40代。いずれも「働く場」を求めてやってきて定住した。仕掛け人は山内道雄町長(75)だ。

 13年前、就任と同時に役場を住民サービス総合株式会社、町長は社長、副町長は専務、職員は社員、住民は株主と宣言まず給与カットを断行、身を切った。町長が率先すると職員も議会も申し出て、そのカット分を結婚や出産、保育の助成金に充てた町の借金も3割減らした

 そして働く場の創出。「サザエカレー」「凍結イカ」「隠岐牛」「天然塩」などの島の幸を商品化した会社を次々と設立、軌道に乗せ若者にまかせている。

 過疎の島は今、地方創生の最先端を走る。「トップが変われば変わるんです」。


.......... ...........


 その山内町長が、2月24日高松で講演した。その模様が讀賣新聞2月26日地方面に載っていた。ご紹介します。


 地方創生先駆け 島根・海士町長高松で講演
 「行動がまちの明日変える」


 地方創生の先駆けとして、全国から注目を集める島根県海士町の山内道雄町長が、高松市番町の県社会福祉総合センターで講演した。大胆な行財政改革移住促進策地域資源を生かしたブランド戦略に取り組み、地域活力の創出を進めてきた歩みを語り、「いま果敢に行動することが、まちの明日を変える」と呼びかけた。


 海士町は、松江市沖約60㌔の日本海に浮かぶ隠岐諸島を構成する島の一つ。面積約33.5平方㌔、人口は約2500人で、後鳥羽上皇らが流された遠流(おんる)の島として知られる。

 山内氏は2002年に初当選し、4期目。離島の不便さを逆手にとり、「ないものはない」をキャッチフレーズにまちおこしに取り組んできたという。24日、「瀬戸・高松広域定住自立圏」を構成する3市5町の職員ら約200人を前に「離島からの挑戦~最後尾から最先端へ~」と題して講演した。

 少子高齢化財政悪化が進む中、山内氏は「このままでは島が消える」との危機意識を職員と共有し、町三役の給与を50~40%、一般職員も平均22%カットする行革を実施したという。

 そのうえで、子供の数に応じて100万~10万の出産祝い金を支給する子育て支援策や定住対策に財源を投入10年間で437人のⅠターンが実現したとして、「トップが変われば役場が変わり、住民も変わる」と述べた。

 島の産業再生に向け、魚介類の鮮度を保ったまま出荷できる最新の冷凍技術を導入し、岩ガキや白イカなどの特産品の販路を国内外に広げてきた取り組みも報告。「これからの行政は、地元の個性を生かして稼ぐ力を身に付けることが必要。『仕事がないから帰れない』ではなく、『仕事をつくりに帰る』流れを生み出すべきだ」と語った。

 また、学校連携型の公営塾や、寮費や食費を助成し全国から生徒を集める島留学制度を創設したことも紹介。統廃合の危機にあった島内の県立隠岐島前(どうぜん)高校の生徒数がV字回復する成果を挙げているという。

 山内氏は「地域作りの主役は住民トップに立つ者は何でもやらせ、最後は責任を取るという気概が大切だ」と強調した。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター