日本の常識は世界の非常識

日本の常識は世界の非常識
 ①毎日15年3月11日
日本の常識は世界の非常識
 ②産経13年4月12日
日本の常識は世界の非常識
 ③朝日13年5月5日
日本の常識は世界の非常識
 ④讀賣15年4月17日
日本の常識は世界の非常識
 ⑤日本誉め本…朝日新聞などは「嫌韓本」と並んでけちょんけちょんだが、表題と異なり内容はまとも。日本のダメな点はきちんと指摘している。表題は人目を引くため。
日本の常識は世界の非常識
 ⑥週刊新潮15年1月15日号
日本の常識は世界の非常識
 ⑦JNN15年4月23日 ロンドンの貸金庫で貴金属、現金など360億円強奪!



 日本の常識は世界の非常識


 阪神・淡路大震災東日本大震災の時、略奪が起きないのを海外のメディアは驚きをもって報じたが、我々にしてみれば、そう報じられることが驚きだった。日本人にとっては、人さまの不幸につけこむような行為は卑劣以外のなにものでもない。普通の人は、そういう発想すらないのではないか。

 そういえば、海外で暴動や天変地異などが起きた時、商店などが略奪されているニュースをよく見る。イラク戦争時、アメリカ軍がイラクに攻め入ったとき博物館が略奪され、米軍兵士や各国のジャーナリストも略奪に加わったという。世界の常識と日本の常識はかなり異なるらしい。

 ①毎日新聞3月11日欧州総局の小倉 孝保さんのコラムを抜粋してご紹介します。


 テーブルのパソコン

 ロンドンのカフェでトイレから戻ったとき、隣席の婦人に声を掛けられた。
 「ありがとうございます」 
 「……?」

 婦人は70代か。落ち着いた夫と一緒である。
 「そのコンピューターですよ」

 私はテーブルのパソコンを開いたままトイレに立っただけだ。感謝されることは何もない。けげんそうに見えたのか、夫人が説明した。

 「ブラジル・リオデジャネイロに暮らす息子が先日、カフェでパソコンを盗まれましてね。少し目を離したすきでした」。婦人は小声で続ける。
 「それで先ほど、パソコンを置いたままトイレに行かれたでしょう。夫がね、『ありがたいね、今の人。私たちを信用してくれたんだ』 って」

 確かに夫妻のテーブルは私のすぐ横だった。しかし、夫妻がパソコンを盗むなんて想像もしなかった。婦人の話から伝わってきたのは、偶然隣になった他人に信用してもらえたことに感謝する気持ちだった。それを素直に表現してくれた態度に今度は、私の気持ちが温かくなった。

 思えば、リオだけでなく大都市の住民は誰も、周りを警戒しながら生きている。実際ロンドンでも携帯電話を盗まれたり、財布をすられたりという話は日常茶飯だ。だからこそ、私が無意識のまま警戒心を解いたことを察した夫妻が、「ありがたいね」という気持ちになったのだろう。
 
 
.......... ..........


 ②産経新聞13年4月12日の記事は、ルーブル美術館で、スリの横行に手を焼いている職員らが、警備強化を求めてストライキをしたため、臨時休館したという。

 
 ③④は、ローマと、米・マイアミの空港で大勢の航空会社社員や空港職員が、預かった荷物から貴重品を盗んでいる場面を隠しカメラで録画され、逮捕されたというもの。よくあることらしい。

 
 ⑤のうち川口マーン恵美さんの『住んでみたヨーロッパ 9勝1敗で…』の第1章は「泥棒天国ヨーロッパ」である。最初の部分だけ、抜粋してご紹介します。

 
 即座に「車、盗まれるわよ」

 ポーランドに行くと友人に言ったら、即座に「車、盗まれるわよ」という答えが帰ってきた。ポーランドではしょっちゅう車が盗まれるというのは、本当の話だ。その証拠に、ポーランドに行くというと、車を貸してくれないレンタカー会社も多い。
 とにかく、ポーランドの車泥棒に関しては、信じられないような話が山ほどある。

 以上をはじめ、ヨーロッパでの犯罪の数々が延々と書かれている。興味のある方は、本を読んで下さい。


........... ..........


 そう言えば、先日、インドを1人で旅していた20歳そこそこの日本人女性が、日本語を話すインド人男性について行って、レイプされたという事件が立て続けに起きた。誰かそういう危険性を注意する人はいなかったのだろうか(⑥週刊新潮1月15日号)。


 何年か前、韓流ブームのころ、韓国を旅行していた日本人の中年女性が1人行方不明になっているというニュースがあった。その後発見されたというニュースを聞かない。犯罪に巻き込まれてそのままなのだろうか?


 兎に角、日本を一歩出たら、安全に関する日本の常識は通じないと思ったほうがよさそうである


以上

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター