抑留死名簿公表ニュース取扱いの差

抑留死名簿公表ニュース取扱い差
 讀賣15年5月1日
抑留死名簿公表ニュース取扱いの差
 日本人抑留死亡者名簿(ロシア語→カタカナ表記)
抑留死名簿公表ニュース取扱いの差
 産経15年5月1日 ①~⑥まで人名がびっしり。
抑留死名簿公表ニュース取扱いの差
 四国15年5月1日
抑留死名簿公表ニュース取扱いの差
抑留死名簿公表ニュース取扱いの差
 チューリップ、フリージア、ハナミズキがそろそろ終わり、ツツジが満開に。





 抑留死名簿公表ニュース取扱いの差


 厚労省は4月30日、第二次大戦後に旧ソ連に抑留され、北朝鮮や中国東北部(旧満洲)、ロシアの南樺太地域などで亡くなった日本人述べ1万723人分の名簿をホームページで公開した。

 日本の新聞はよく似た扱いをすることが多いが、この件に関しては取扱いに大きな差があって驚いた。


■ 讀賣新聞 1面トップ記事、22~27面抑留死亡者名簿、21・32面関連記事

■ 朝日新聞 1面トップ記事、2面に関連記事

■ 毎日新聞 24面に8段の記事、最も素っ気ない。

■ 産経新聞 1面トップ記事、14~19面抑留死亡者名簿、3・28面関連記事


■ 四国新聞 1面(県関係者45人の名前明記)と4面関連記事。

■ 徳島新聞 3面(県出身者33人の名前明記)

■ 高知新聞 1面記事と14面に個人を特定できた2660人の漢字氏名と出身地及び死亡地域。

■ 愛媛新聞 5面に記事。素っ気ない。


 讀賣新聞産経新聞をとっている(読んでいる)人と、毎日新聞愛媛新聞をとっている(読んでいる)人で、このニュースの受け止め方には大きな差が出てくると思われる。

 遺族などで思い当たる全国何万人かの人(恐らく70数歳以上の人)は目を皿のようにして読んでいると思われる。讀賣新聞と産経新聞のこの6ページに及ぶ死亡者名簿は実際に見てみると圧巻である。

 一人一人に夢や希望があったはずである。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター