人生相談2題…おばさんの思い込み

人生相談2題…おばさんの思い込み
 朝日15年5月30日
人生相談2題…おばさんの思い込み
 讀賣15年6月11日
人生相談2題…おばさんの思い込み
人生相談2題…おばさんの思い込み
 紫陽花




 人生相談2題…おばさんの思い込み


 自分一人の人生で経験できることはしれている。だから、本や新聞を読んだりテレビをみたりする。新聞では、例えば日経の「私の履歴書」、讀賣の「時代の証言者」などをよく読む。先々月だったかの日経「私の履歴書」はニトリの似鳥社長が、ホンマかいなーというところはあったが、抜群に面白かった。これらは身を立て名を挙げたばかりの人なので参考になることは多い。自分の羅針盤を作るのに役に立つ。

 市井(しせい)の人を知るには新聞の人生相談が最適。なかでも讀賣の「人生案内」は出色。最近、思い込みの激しい自分勝手なおばさん2人の相談が目についた。こういうおばさんは「いるいる」という感じで珍しくもなんともないが、回答者が素晴らしい。回答者がある種の覚悟をもって人生に臨んでいることがうかがえる。抜粋してご紹介します。


.......... ..........


■ 朝日新聞15年5月30日 「悩みのるつぼ」

【相談者】 女性 60代

 60代の主婦です。人生を振り返れば、若い頃に両親を亡くし兄姉も40代で病死しましたが、私はなんとか自力で頑張って今は不自由しない暮らしを得ています。

 ただ一つ、埋まらない寂しさがあるのです。それは周りに友がいないことです。
 愚痴や馬鹿話ができて思い合う女友達がいたら、どんなに人生が潤うことでしょう。

 もう、この年で求めても無理なのでしょうか?
 どうしたら人を寄せ付けられるのか助言をお願いします。
 ちなみに、夫は自由にさせてくれて干渉は一切しません。
 贅沢ですが、それも空しいものです。



【回答者】 歌手・俳優 美和 明宏さん

 あなたが幸せでいる時には、遠くから眺めていて応援してくれる。病気の時には看病してくれ、悩み事、金の貸し借りも相談に乗ってくれ、愚痴や泣き言も受け入れてくれ、腹蔵なく欠点をさらけ出して、それを全部受け入れてくれる。そんな便利な「悩みのゴミ箱」みたいな人は、この世に存在しません。それを求めるから、みんなが迷惑に思って避けていきます。

 そもそも友達の数が人間の価値を決めるなんて、うそ。腹心の友は一生に1人か2人、現れれば幸運なことです。

 多くの人が自分を守るので精いっぱい。
 趣味や何かの集いで、「心の友」を探そうとしても難しい。向こうも寄りかかりたい人なんですよ。
 こちらが寄りかかっていくと、向こうは離れます。互いに鉄の扉を要求しているけれど、こっちは破れ障子。向こうも破れ障子なんです。

 いつも申上げているように、こういう人には感謝がない。食べるに困らないお金があって、大病もせず、生きているわけでしょう。目も見え、耳も聞こえ、歩くことができる。優しく見守ってくれる夫がいて、言うことがない。感謝することがいっぱいあるのに、それが当たり前だと思って生きている。

 自分がどんなありがたい条件を備えているかに気付けば、友達が欲しいなんて寝言は言わなくなるはずです。
 幸せの数を数えなさい。


.......... .......... ..........



■ 讀賣新聞15年6月11日 「人生案内」
 
【相談者】 埼玉・Ⅰ子

 40代後半の主婦79歳の父のことで相談します。

 3年前に母が亡くなって以来、父は週2、3回、食事の買い物に出るだけで、ほとんど家で寝ています。趣味もなく友だちもいません。知らない人は家に入れたくないと、福祉のサービスも受けようとしません。

 弟夫婦と2世帯住宅に住んでいますが、食事は別々です。

 今のところ、掃除、洗濯などは自分でしているようですが、このままでは寝たきり高齢者か認知症へまっしぐらだと思います。
 我が親ながら、あまりにも寂しく情けない状態です。アドバイスをお願いします。



【回答者】 ライター 最相 葉月さいしょう・はづき)さん

 外出しない、趣味がない、友達はいない、会話がない。そんな、ないない尽くしのお父様を逆の視点から眺めてみました。

 週に2.3回は買い物に行く。公的なサービスを受けずに1人で食事を作り、掃除や洗濯も自分でする。家族に愚痴をいうでもなく、気ままに暮らしている。

 80歳近いのに、なんてすばらしいお父様かと思うのですがいかがですか。亡き妻の思い出に生きるのも、人に責められることでしょうか。寝たきりで認知症でもないのに、どうなるかわからない未来に備えよというのは、たとえ娘であっても僭越ではないですか。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター