シノギは厳しい

シノギは厳しい
 毎日15年6月17日
シノギは厳しい
 日経15年6月21日
シノギは厳しい
 彩図社 1404円
シノギは厳しい
 ニューズウィーク15年6月23日
 積年の疑問が氷解。中国の指導者は髪の毛を染めていた。




 シノギは厳しい


 80年前、アメリカではアル・カポネを、脱税摘発という奇手を用いて監獄に送り込んだ。日本はなぜそれをやらないのかと長年思っていたところ、先日福岡県警が、工藤会トップを「上納金」に関する脱税容疑で逮捕した。

 それに関して、毎日新聞6月17日に興味深い記事が載っていた。抜粋してご紹介します。

........... ...........


 組員格付け 月2000万円

 福岡県警特捜部など捜査当局が切り込んだのは、暴力団の生命線とも言える上納金システムだ。(工藤会総裁の)野村容疑者に月間2000万円の金が集まっている事実を突き止めた。

 「組員は3ランクに別れている。Aランクは1人20万円、Bランクは15万円、Cランクは5万円。この組の場合は、Aが1人、Bが2人、Cが12人だから集金額は月110万円」。服役中の組員の場合は免除の措置もある。

 こうして集めた金について、各組は運営経費などを差し引いて上部団体に納める。組ごとに用意された封筒に現金を入れ、組の名前と資金を提供した個人名などを封筒に記載するという。

 組員はこの金をどうやって捻出するのか?

 いわゆる「シノギ」だ。大部分を占めるのは、歓楽街の飲食店の経営者らから巻き上げたみかじめ料(用心棒代)。支払わないと嫌がらせを受けることもあり、なかなか断ち切れない現状が続く。

 港湾・建設工事に介入して臨時収入を得ることもある。

 2013年までの4年間で、組員からの約10億円もの上納金が野村容疑者に流れ込んだ。


........... .......... ..........


 まるでフランチャイズ・システム。上納金以外に自分の生活費も稼がなくてはならないヤクザ家業も決して楽ではないことが分かる。むしろ非合法なだけに厳しいはずである。


 楽ではないと言えば、先日読んだ『 韓国経済の真実 』を思い出す。著者は韓国人投資家のジェフ・キムさん。

 韓国は、財閥企業とその他の格差が極めて著しい社会。財閥企業と公務員の数少ない席をめぐって、幼いころから厳しい受検競争を繰り広げている。努力とコネと運よく財閥企業に入っても、サムスンなどでは40台半ばまでにある程度の地位(日本にあてはめると統括部長職以上?)に登らないと自主退職(名誉退職)せざるを得ない社会である。辞めた人はどうするか?多くが自営業者になる。

 
 以後、『 韓国経済の真実 』 を抜粋してご紹介します。


 「韓国経済の最も弱いところはどこだろう?ひとつだけ選ぶとすれば『自営業者』だと言える」

 「2011年のデータによると、韓国の労働者全体の中で自営業者が占める比率は28.2%だ。OECD加盟国の平均15.9%に比べ、異常に高い数値である」

 「韓国が抱える問題のひとつ、自営業者の失業率の高さだ。韓国では毎年約100万人もの人が開業する一方で、毎年80~85万人が廃業している。自営業者は起業後、平均2年以内に約50%が廃業する。生き残っても、低い利益率に苦しめられながらギリギリ延命を続けている」

 「また、自営業者の80%以上は、週末返上で毎日10時間以上働いている。毎週1日でも休日を設ければ、1カ月につき4日は定休日となってしまう。休日だからといって賃貸料が免除されるわけでもない。少しでも売り上げを高めなければならないのだ」

 「こうして、あくせく働いても57%以上の自営業者は月々に平均純利益100万ウォン(約10万円)以下に過ぎないのだ。


 「中小企業庁のデータによれば、自営業者が5年以上存続する可能性は17.7%に過ぎない。10人いれば2人も生き残れないのだ。生き残ったひとりがビジネスを成功させているのかといえば、そうでもない。利益は出ていないがせっかく投資した仕事だし、廃業するにもお金がかかるし、他の仕事を始めることも難しいから仕方なく続けている、という自営業者も多い

 「多少怠けたところで勤め人は定期的な収入がある」「韓国の金融機関は不動産の担保がなければお金を貸さないから、自営業者に負債があるということは、ほぼ間違いなく自分の家を担保にしたケースだ」

 「経営が悪化して返済ができなくなると、彼らを待っている運命はひとつしかない。家を失って貧民になってしまうのだ」


.....................................................................................................................


(感想・意見など)

 日本は、韓国より健康保険、介護保険、雇用保険、年金制度、生活保護制度などセーフティネットが整っているから韓国ほどではないが、生きていくことが厳しいことに変わりはない。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター