梅チカ串カツ店が悪い

梅チカ串カツ店が悪い
 高知15年6月11日
 判官びいき的いい加減な記事の見本。
梅チカ串カツ店が悪い
 四国15年6月17日
 後半3分の1で事実が判明する。
梅チカ串カツ店が悪い
 週刊文春15年6月25日号
 短い文章で事実がきちんとまとめられている。
梅チカ串カツ店が悪い



 
 梅チカ串カツ店が悪い


 いい加減な新聞記事の見本を示す。

 6月11日高知新聞大阪梅田地下街串カツ店 の記事のタイトル、前文を書き出す。


 退去拒否串カツ店 行列
 梅田の地下街
 大阪市 来週にも撤去へ

 大阪・梅田の地下道を不法占拠しているとして、大阪市から8日に立ち退きを命令された串カツ店「松葉」。営業を続けて徹底抗戦の構えを崩さず、市は早ければ来週にも行政代執行による強制撤去に乗り出す方針だ。退去期限の10日も〝にらみ合い〟を尻目に、老舗の味を心行くまで楽しもうと客が列をつくった。

........... ...........


 このあと記事は長々と続く。高知新聞のこの判官びいき的記事を読む限り、「大阪市も何もそこまでしなくても…」という気にさせられる。

 ところが、事実は違う


........... ...........


 6月17日の四国新聞の該当記事の後3分の1ほどを書き出す。


 「既得権益」と橋下氏が敵視
 「格安」で一等地使用


 老舗串カツ店「松葉」がJR大阪駅地下道からの自主的な退去を決めた。客足は途絶えず時には行列ができる繁盛ぶりだったが、関西屈指の一等地を使用する費用は、1カ月当たり1万3千円にすぎなかった。大阪市が強硬姿勢を続けた背景には、「既得権益」を敵視するトップの橋下徹市長の意向がある。

 地下道は1942年開通。戦後間もなく営業を始めた松葉と市の間に賃貸借契約はなく、松葉が年間15万6千円を支払い、市から道路使用許可を得る取り決めが結ばれていた。すぐ近くには1平方㍍756万円(2014年分)という近畿地方最高の路線価を誇る地点があり、破格と言える。

 松葉の年間売上高は1億円超。11年の市長就任以来、「既得権益をつぶす」と主張してきた橋下氏は、戦後間もなく格安で店舗を手に入れた松葉を「考えられない」と批判。早い段階から「交渉の限界が来たら強制撤去だ」と指示していた。


.......................................................................................................................


(感想・意見など)

 もしこの超一等地が自社物件だとしたら、固定資産税だけでも年間15万円余ということはない。年間売上高1億円超(月間833万円余)で60年以上営業してきたということは、もの凄い「既得権益」である。億単位の金をただでくれてやったようなものである。真面目に営業している他の飲食店主が気の毒である。

 長年、周辺の不動産相場を考慮せず、激安契約を見直してこなかった歴代市役所職員にも責任がある。市職員は、市に損害を与えた。民間企業なら潰れている。橋下市長は正しい。


 新聞、TVが正しいとは限らない。13年10月12日ブログ「新聞、TVで分からないことも多い」、13年10月11日「『時代の空気』はつかみ難い」を読んで下さい。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター