私益と公益のバランスを

私益と公益のバランスを
 サンデー毎日15年8月2日
私益と公益のバランスを
 明治安田生命の広告がいい





 私益と公益のバランスを


 日本のマスコミ報道の多くは私益と公益のバランスが取れていないことが多い。無責任な判官びいきというか、以前ご紹介した大阪の串カツ屋などもそうである。

 サンデー毎日8月2日号にもそのような記事があった。抜粋してご紹介します。


 国会だけではない「問答無用」
 東九州道 ミカン園強制収容の〝無情〟

 
 九州東部を縦貫する「東九州自動車道」の未完成区間を巡り、福岡県は7月14日、豊前市のミカン農家、岡本栄一さん(69)が所有する農園内にある建設予定地を行政代執行で強制徴収した

 同日朝、職員ら約200人が農園内の小屋や櫓を撤去、抗議する岡本さんや支援者を抱え上げ、退去させた。作業は10時間程度で終了し、農園約12㌶のうち収用対象1.45㌶との境界部分に杭が打ち込まれ、ミカンの木が伐採された。費用約300万円は岡本さんに請求される。

 岡本さんは農園の真ん中を道路が通るため、「水脈に影響が出る」などとして山側を迂回するルートを提案するなどして土地の売却を拒否。補償金約1億7000万円の受け取りも拒否。

 このため、13年に西日本高速道路が県収用委員会に裁決を申し立て、収用委は今年1月に土地の明け渡しを命じていた。

 九州西部は福岡から鹿児島まで新幹線が開通したが、東部の交通網は十分とは言えず、宮崎県など建設を待望する声は強かった。東九州自動車道のうち北九州から宮崎市までの320㌔を結ぶ区間は、福岡県内の椎田南~豊前IC間(7.2㌔)を残してほぼ完成している。岡本さんの農園は未完成部分にあり、約220㍍が途切れている。

 開通予定は1年遅れており、西日本高速道路は「来春の全面開通を目指す」としている。


 確かに開通による恩恵もあるだろうが、一連の手続きに問題はなかったのか。例え少数でも、その声を丁寧に拾い上げるのが民主主義のルールではなかったか。ネット上では「(岡本さんが)担ぎ出される映像を見て怖くなった」「中国かと思ったら日本のニュースだった」など批判も目立つ。   (ジャーナリスト・粟野仁雄さん)


.....................................................................................................................


(感想・意見など)

 テレビのニュースなどでもやっていたのでご存知のかたもいるだろうと思う。

 この記事の最後の粟野さんの偏った意見は不要である。前段の事実のみを伝えてくれればいい。地主の岡本さんとやらは16年間闘ってきたそうである。1人(あるいは極少数の人)の私益のために計画が頓挫するというのは異常である。99%以上の人が納得して協力しているから道路はあと220㍍を残してほぼ完成している

 補償金は1億7000万円も支払われるという。中国云々という声もあるというが、中国なら時間もほとんどかけず、雀の涙のような補償金か遠くの荒れ地が代替地として与えられるだけである。それで共産党幹部が黒社会と共謀して私腹を肥やしている。そのため年間約20万件の紛争が発生している。

 中国の高速道路網の総延長距離は11万5千㌔(日本は9300㌔)、中国の高速鉄道網は2万5千㌔(日本は3100㌔)である。それも、ここわずか20年ほどで出来た。しかも思い通りに作れるためほぼ直線で、高速鉄道は技術は未熟であるが時速350㌔も出せる。中国はあまりにも公益(ある意味、共産党幹部の私益)が優先され過ぎている日本の全く逆である。


 私の自宅は高松市の郊外にあるが、45年以上前に中心部から引っ越してきた。市の中心部に行くには、右回りに行くか左回りに行くか、小山をかなり迂回しなければならない。朝夕ラッシュがかなりひどい。45年前からその小山をトンネルでぶち抜くという計画があった。現在、トンネルは出来あがり、そこへの道もほぼ出来ているが、なかなか開通しない。市会議員に理由を聞くと、1人の地主が収用に応じないと言う。日本はいたるところにこういう事例がある。私益が強すぎる。

 開通すれば1日に数千人の人が利用するのは間違いない。今までの道も空いて利用しやすくなる。道が開通することを前提に沿線に家を買った人も多い。1人のエゴ対数千人の利益。こういうことの分からない正義面したおかしな「民主主義」を振り回すジャーナリストが多過ぎる


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター