「民主化」の言葉に騙されるな

「民主化」の言葉に騙されるな
 朝日15年8月11日
「民主化」の言葉に騙されるな
 毎日15年8月14日
 事実はどうなのだろう。当時、大学内にも従北的な活動をしていた人は沢山いた。韓国の裁判所には従北派、世論追従派が大勢いるから何とも言えない。





 「民主化」の言葉に騙されるな


 8月11日の朝日新聞「ひと」欄を見て、非常に複雑な気分になった。「ひと」は「T・K生」である。私とほぼ同世代で多少とも政治や世界の動きに関心のある者にはなじみのある名前である。1973年から15年間にわたり岩波書店の月刊誌「世界」「韓国からの通信」を連載し、韓国軍事政権の弾圧を告発し続けた。私は、岩波新書や「世界」で読んだ。

 当時、岩波書店朝日新聞、大江健三郎などの進歩的文化人」たち韓国軍事政権に極めて批判的で、北朝鮮や韓国「民主派」を熱烈に支援していた。北朝鮮や朝鮮総連、そのシンパたちは北朝鮮のことを「地上の楽園」と宣伝していた。

 問題は、「民主派」の正体である。本来の意味の民主派ならなんら問題はない。しかし「民主派」の実態は、従北派、北朝鮮のシンパ、北朝鮮のスパイが多数であった。世界で最も醜悪な反民主派である。「民主化」「民主派」の美しい言葉に騙されてはならない

 私は、当時から、これは違うんじゃないか、そうであればそれなりの背景がある筈であると思っていたし、今も思っている。確かに韓国軍事政権にやりすぎの面があったことは間違いないが、それにはエセ「民主派」=北朝鮮の存在が大きく関係している。



 北朝鮮軍は、1950年6月に突如南進してきた。一時は釜山にまで迫ってきた。その後国連軍が押し戻し、一進一退の末1953年7月38度線で休戦した。400万人とも500万人ともいわれる人が死亡し、無数の離散家族を生んだ。朝鮮戦争である。


 その後も北朝鮮は南進を諦めなかった。北朝鮮が掘った南進トンネルは4本みつかっている。20本以上あるとも言われている。


 主な北朝鮮のテロを以下に挙げる。


・1968年 朴正熈暗殺未遂事件 北朝鮮ゲリラ30数名が青瓦台(大統領官邸)襲撃

・1974年 文世光事件 在日韓国人の文世光が朝鮮総連にそそのかされて朴大統領を銃撃。弾はそれて夫人の陸英修が射殺された。

・1980年 光州事件 デモ隊が銃撃により200名以上死亡したとされる事件。謎の黒ずくめの集団が発砲したとされ、北朝鮮工作員の関与が疑われている。光州事件の黒幕は金大中だとも言われている。

・1983年 ラングーン事件 北朝鮮工作員によるビルマのアウンサン廟爆破事件。韓国人閣僚、ビルマ人閣僚など21名が爆死、47名負傷。全斗煥大統領は危うく難を逃れた。

・1987年 大韓航空機爆破事件 乗客・乗員115名爆殺。北朝鮮工作員の金勝一、金賢姫2名が実行犯。

・1996年 江陵(カンヌン)浸透事件 特殊小型潜航艇に乗っていた北朝鮮工作員26名が、韓国軍と銃撃戦を展開。工作員を回収しようとして失敗したと言われている。

・2010年 天安号撃沈事件 3月朝鮮半島西方の黄海上の北方限界線近くで韓国の哨戒艦が爆発・沈没した。46名が死亡・行方不明。韓・英・米・豪・スウェーデンの合同調査団は、北朝鮮の魚雷攻撃によるものと発表。

・2010年 延坪(ヨンピョン)島砲撃事件 11月23日朝鮮人民軍が韓国大延坪島に向けて砲弾約180発を発射。韓国軍は80発の対抗射撃、戦闘機8機を出撃させた。韓国側は4名死亡、19名負傷、家や山が焼けた。



 武力テロだけではない金大中キム・デジュン)、盧武鉉ノ・ムヒョン10年間の「民主」政権時代に、公務員、裁判官、マスコミ、企業などに北朝鮮のスリーパーが12万人入り込んだとも言われている。それが現在の韓国の混乱を生んでいる。



 朝日新聞8月11日「ひと」欄で、T・K生こと池 明観チ・ミョングァン)さんはこう言っている。

 「『日本が韓国の歴史によき関与をした20年』。朴正熙(パク・チョンヒ)、全斗煥(チョン・ドゥファン)の軍事政権時代をあえてこう呼ぶ

 「あれは闘いの書。事実を誇張し、民主化勢力を美化し過ぎた。後輩が研究し批判するなら、喜んで受け入れる


 何の事はない。私の40年前からの見解とほとんど同じではないか!!


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター