中国 歴史の歪曲・粉飾は長い伝統

中国 歴史の歪曲・粉飾は長い伝統
 産経15年9月10日
中国 歴史の歪曲・粉飾は長い伝統
 毎日15年9月10日
中国 歴史の歪曲・粉飾は長い伝統
 週刊新潮15年9月17日 嘘八百の抗日戦勝パレード
 だから西側首脳はほとんど出席しなかった。
中国 歴史の歪曲・粉飾は長い伝統
 1943年11月のカイロ会談。左から蒋介石(中国)、ルーズベルト(米)、チャーチル(英)。
 最近中国では左端が毛沢東であったかのような映画を作ったとか。何をやらかすやら。
中国 歴史の歪曲・粉飾は長い伝統
 フヨウ
中国 歴史の歪曲・粉飾は長い伝統
 彼岸花の咲く香東川こうとうがわ)。遠景の島は女木島めぎじま:別名鬼ヶ島
 この近くに鬼無町きなし)がある。桃太郎神社もある。おじいさんは芝山に芝刈りに、おばあさんは本津川で洗濯をしていて大きな桃を拾った。





 中国 歴史の歪曲・粉飾は長い伝統


 大変面白い時代である。われわれは、まさに今現在、歴史がどの様に書かれるのかを目の当たりにしている。
 産経新聞15年9月10日の石 平せき・へい)さんのコラムを抜粋してご紹介します。

 (石 平さんは、1962年中国四川省生まれ。北京大学哲学部卒。88年来日し、神戸大学大学院博士課程で学び、民間研究機関を経て、評論活動をしている。2007年日本国籍取得)


 歴史の歪曲・粉飾は長い伝統


 今月3日、抗日戦勝70年を記念する行事が北京で行われた。習近平国家主席は「重要講話」の中で「中華民族の若者は不撓不屈の精神で徹底して日本軍国主義の侵略者を打ち負かした」と語った。

 「抗日戦争」に対するこの総括はもちろん、歴史の事実に沿わない。昭和20(1945)年8月15日の終戦の時、日本軍の「支那派遣軍」は依然、中国大陸の大半を支配下に置き、105万の兵力はほとんど無傷のままであった。つまり日本はアメリカに敗戦して全面降伏したが、決して中国によって「打ち負かされた」わけではない。

 歴史の歪曲はそれだけではない。昨年9月3日に開かれた「抗日戦争勝利69周年を記念する座談会」で習主席はこうも述べている。「中国人民の抗日戦争において中国共産党は常に中心的力であり、主導的な役割を果たしている

 それもまた、歴史の事実に反するものだ。日中戦争当時の中国には中華民国政府という合法的な政府が存在しており、日本軍が戦った主な相手は、「国民革命軍」と呼ばれる中華民国の政府軍だった。

 共産党の率いる部隊はいわゆる「八路軍はちろぐん)」として知られるが、八路軍の正式な名称は「国民革命軍第八路軍」であって、中華民国政府軍の一部隊にすぎなかった。

 したがって、中国の抗日戦争において「主導的な役割」を果たしたのはあくまでも当時の中華民国政府軍である。習主席の上述の言葉は明らかに、共産党の自画自賛のための、歴史の粉飾である。


 歴史に対するこのような態度は中国の長い伝統である。

 最初の正史である『史記』が前漢の時代に誕生して以来、中国で「二十四史」と称する多くの歴史書が編纂されたが、その大半は歴代王朝の官僚の手になるものだ。

 新しくできた王朝の官僚が前王朝の歴史を書くのが普通だから、前王朝の歴史をできるだけ悪く書き、自分の仕える王朝のことを賛美するのは「春秋の筆法」として定着している。


 このような歴史の「作り方」を極限にまで発達させたのが今の中国共産党政権である。共産党政権下で編纂された歴史書や教科書のすべては、「前王朝」の中華民国時代を「暗黒時代」として徹底的におとしめる一方、共産党政権の治世を「人民が解放と幸福を享受した時代」だと賛美した。歴史の実態はむしろ正反対であろう。 


 共産党は自分自身の歴史に対しても隠蔽と捏造を繰り返してきた。文革中に元国家元首の劉少奇が粛清されると彼に関するすべての公的記録が抹消され、天安門事件で元共産党総書記の趙紫陽が失脚した後、「改革開放」における彼の功績が闇に葬り去られる

 そして今、習近平氏が国家主席となった「おかげ」で、彼の父親で元政府高官の故習仲勲氏はいきなり、鄧小平と並ぶような「偉大なる政治家」として脚光を浴び始めた。


 このように、時の政治権力の都合によって、歴史に対する恣意的な歪曲・捏造・粉飾を行うのは中国という国、とりわけ中国共産党政権の一貫したやり方である。

 その彼らが果たして、日本に対して「正しい歴史観」を求める資格はあるのか。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター