What is China?(中国とは何だ?)①

What is China?(中国とは何だ?)
 (KKベストセラーズ) 1200円
What is China?(中国とは何だ?)
 (徳間書店) 1404円
What is China?(中国とは何だ?)
 朝日15年9月16日
What is China?(中国とは何だ?)
 讀賣15年9月18日
What is China?(中国とは何だ?)
 産経15年9月24日
 爆買いすることで米国の機嫌をとろうとしている。
What is China?(中国とは何だ?)
 中国7軍区
What is China?(中国とは何だ?)
 産経15年9月24日
 サンフランシスコにも慰安婦像ができる。世界中に慰安婦像が建ちつつある。1992年に朝日新聞が火を点け、97年には誤りであることを知っていた。この時、己の誤報道を認めていればこのような事態にならなかった。頬かむりし続けてようやく1年前に誤りを認めたが、今後どうするつもりか?謝って済む問題ではない。
What is China?(中国とは何だ?)
 日経15年9月23日
 VWは極めて悪質。今後訴訟の嵐に見舞われることは確実。VWの売上の4割は中国市場。VWにとってはダブルパンチ。最終的に独政府か中国が救済か?それにしても何ということを仕出かしたのか!
What is China?(中国とは何だ?)
 県立図書館も実りの秋





 What is China?(中国とは何だ?)①


 昔も今も、世界中の人々は中国のことをあまり理解できていないようである。日本も同様で、日中戦争の「泥沼に巻き込まれた」というのはその証である。

 倉山 満くらやま・みつる)さんの「大間違いの太平洋戦争」から一部を抜粋・編集してご紹介します。


 中華民国は「中国」どころか「国」ではなかった


 1922年ワシントン会議の席上、フランスのブリアン外務大臣が〝What is China?(中国とは何だ?)〟と問いかけたら、出席者一同笑うだけで、誰も答えられなかったのです。


 第一に、中華民国政府自体が袁世凱(えんせいがい)や段祺瑞(だんきずい)らの北方派と、孫文や蒋介石の南方派に分裂していました。内乱状態で、ひとつの国としてのまとまりや秩序などありませんでした

 第二に、分裂したそれぞれの政府はどうだったかと言えば、秘密結社がそのまま政府の部局になって、もっともらしい名前がついているような代物でした。

 第三に、中華民国の領土がどこまでなのかという基本的なことすらはっきりしないので、条約に書き込むこともできませんでした。

 これでは中華民国は主権国家とは言えません。国際条約は、条約を守る意思があり、その能力がある対等の主権国家同士が結ぶものです。


 中華民国を統一された主権国家だと思い込んでしまうと、当時の実情とかけ離れてしまいます。実際には五胡(ごこ)十六国や五代十国時代のような動乱が続き、およそ国の体をなしていなかったのです。

 ましてや現在の中華人民共和国公式見解を真に受けて、満洲、モンゴル、新疆ウイグル、チベットを全部足して「中国」だなどと思ったらまったくわけがわからなくなります
 

.................................................................................................................


(感想・意見など)

 満洲軍閥として有名な張作霖などは百年先の税金まで取り立てて、女性も好き勝手にしていたようです。それは、現在の中国共産党幹部を見ていても想像がつきます。周永康などは不正蓄財1兆数千億円、愛人数十人、ブラック社会(私兵)も牛耳っていて邪魔者は抹殺していたようです。まさに昔の軍閥です。

 評論家の副島(そえじま)隆彦さんのように中国は大丈夫だという少数者はいますが、評論家の長谷川慶太郎さんは、中国は崩壊して7つの軍区に分裂すると予想しています。日本は絶対に大陸の紛争に介入すべきではありません。純粋培養の日本人には想像を絶する泥沼の世界です。当の中国人の7割が、ある程度金を貯めて他の国へ逃げ出したいと思っている社会ですから。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター