NHK受信料義務化について

NHK受信料義務化について
 四国15年9月26日
NHK受信料義務化について
 讀賣15年11月3日
NHK受信料義務化について
 NHK職員人件費と一般雇用者報酬の比較(どんどん格差が広がっている!!)
 そのNHKが格差拡大を憂える番組を作っている。ちゃんちゃらおかしい。魁から始めよ!!!
NHK受信料義務化について
 四国15年10月9日
 人事院や人事委員会はデタラメ。デタラメでないというなら積算根拠を全面公開せよ!
NHK受信料義務化について
 日経15年10月5日
 民主党・維新の党の来年参院選共通公約。
 「公務員給与の2割削減」、「国会議員定数削減」など。実現できれば素晴らしいが…。
NHK受信料義務化について
 フライデー15年11月6日
 厚労省の中安容疑者はマイナンバー制度に絡んで数百万の収賄容疑がある。また職場に出勤していたのは週に半分以下だが、庶務係が「出勤」押印していた。デタラメ。外務省の松尾元室長は外務機密費9億円を流用。競走馬、愛人、上司のキャリアの下半身の世話などに使っていた。デタラメ。
NHK受信料義務化について
 週刊朝日15年9月25日
 鈴木三重県知事、武田スポーツコメンテーター夫妻。鈴木さんは元通産キャリア。『総理が「ゆとり教育の見直しをやりたい」と言うと、文科省官僚が全力で足を引っ張る。「政治と行政の様子はおかしい」と思った』
NHK受信料義務化について





 NHK受信料義務化について


 現在NHK受信料の支払い率は76%程度だという。受信料徴収に莫大な費用が使われていること、不公平を是正するためなどで、受信料支払いを法律で義務化する動きがある。では現在NHKは資金不足で困っているのかと言うとそうでもなさそうで、ベラボーな人件費を払ってなお約2千億円の剰余金があるといわれている。渋谷の建物を建て替える話も出ている。わけの分からぬ子会社も多い。


 私は条件付きで賛成である。

 その条件とは、
 
 ①人件費を3割削減せよ!

 NHK職員の1人当たり年収は1185万円、健康保険・厚生年金などの協会負担分、退職金引き当て額、福利費などを加えた1人当たり人件費は1780万円と聞く。ベラボーである。

 一般雇用者の@年収は415万円。諸事情があるにしても、その2倍が上限@年収は830万円、@人件費は1.5倍として1240万円が上限職員数削減も当然考えられる。


 ②30年後人口1億人割れを前提とせよ!

 渋谷の建物を建て替えようとしていると聞く。必要なのか?どうしてもやむを得ないのであれば、2050年の日本の総人口9700万人を前提とせよ。過剰投資にならないよう注意すべきである。日本の総人口が減るので当然、職員数も漸減すべきである。


 ③チャンネル数を削減せよ!

 現在、地上波、BS、ラジオなど7波あるはずである。ネット同時配信も考えられてれている。NHKには先進技術の開発も期待されている。海外への情報発信もある。一方では、民間放送の邪魔をせず、ナショナルミニマム(国民に上質な最低限の放送を提供)に徹すべきとの要請もある。電波数を整理すべきである。子会社も整理すべきである。職員数削減にもつながる。


 ①②③から受信料の3割削減は十分に可能であると考える。



(以下余談)

 私の記憶では、昔の公務員給与は低かった(らしい)。小中学校時代、友だちの公務員宿舎に遊びにいくと、友だちのお母さんが嘆いていた。しかし、1970年ごろ?から、様子が変わってきた。知人の国家公務員が2人、「角栄さんのお陰で給与が上がった」と喜んでいたのを覚えている。経済右肩上がりの時代。田中角栄さんが公務員給与をかなり上げたらしい。共産主義者の高校の先生が給与の低さを授業中に嘆いていたが、やがて言わなくなった。教員給与はもっと上げたらしい。

 1970年ごろから革新都政、府政、市政が続いたのも影響しているようである。革新系の首長と職員組合が馴れ合って職員の待遇を大幅に「改善」した。先日、高松市の市会議員に聞いたところでは、そのころの執行部と職員組合の密約がいまだに生きているらしいという。

 人事院勧告とか人事委員会勧告とかはデタラメである。ざっくり言って、現在の地方公務員の@人件費は9百万円、国家公務員は@1千万円である。民間平均に比べて高過ぎる。2割削減すべきである。そのうち1割(2.5兆円)を子育て支援に、残り1割(2.5兆円)を財政再建に充てるべきである。そうすれば、未来につながる。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター