『日韓 悲劇の深層』★★★★★①

『日韓 悲劇の深層』★★★★★
 (祥伝社新書) 886円
 私はいいと思ったページの上角を折る癖があるが、この本は折り目だらけに。お薦め。
『日韓 悲劇の深層』★★★★★①
 週刊文春15年7月16日
 <かの国に「信義」という言葉を期待するほど愚かなことはない>
『日韓 悲劇の深層』★★★★★
 香東川潜水橋の補修工事がやっと完成。昨年9月の台風で落ちてから1年2カ月以上かかった。
『日韓 悲劇の深層』★★★★★
 山茶花(さざんか)が10月末から咲いている。2月ごろメジロが来るので4カ月以上咲いていることになる。




 『日韓 悲劇の深層』★★★★★①


 電気通信大学名誉教授の西尾 幹二かんじ)さんと拓殖大学教授の呉 善花(オ・ソンファ)さんの対談集である。顔ぶれから見て内容が濃くないわけがない。読んでみて予想を超えた。


 さんは、韓国政府から理由も示されぬまま、再入国を拒否されている。呉さんは、韓国は自分勝手でどうしようもない国なので、日本は放っておけという。朝日新聞、岩波などは常に「話せば分かる」というが、決して話して分かる相手ではない話し合っても韓国のわけの分からぬ理屈で泥沼にはまり込むだけだと言う。


 「韓国は朱子学の儒教社会であり、これが軸といえる。日本人は神道なのか武士道なのか仏教なのか、いったい何だ?」

 「デタラメな基準で生きている日本人は真の価値(朱子学)が理解できないから、いつも頭を叩いておかないと彼らは何をするか分からない。常にきちんと教え込んでおかないといけない。韓国人が言うところの『歴史認識』とはこれであって、双方の国民がそれぞれ意見を主張し合って互いに歩み寄る、というものでは決してない日本人がやることは韓国が主張するものを受け取るだけ。反論や異論などとんでもない。繰り返し繰り返し、韓国の言うことを、日本人は心して聞けということです」


  これまで「もう日本には一切責任を問うことをしない」と公言した韓国大統領が2人います。盧泰愚ノ・テウ)と金大中キム・デジュン)です。しかし、いずれも2,3年で、その公言を反古にしています。
 公言を貫き通そうとすれば、政権は間違いなく崩壊するからです。

 きちんと謝罪してくれればすべて終わりにすると言う。そこで謝罪すると、それでは誠意が見えない、謝罪になっていないと言います。そこにある韓国側の願望は、「日本を韓国に従わせ、永遠に韓国に奉仕する国にしたい」ということなんですよ。韓国がいう千年の恨みを晴らすとは、そういうことです。

 西尾 ばかばかしいとしか言いようがないですね。

  これが韓国人の本音なんです。それでも内心ではお金が欲しいので、お金の問題ではないと言いながらお金を支払わせようとします。それでたとえば、韓国人慰安婦に1人当たり1000万円ずつ払いましょう、となったとします。すると韓国側がどんな言い方をするかというと、人間の苦しみを、たかがこれぐらいで帳消しにしようとするのか、ということになるはずです。同じことを日本はすでに、何度も体験してきているんです。

 戦後日本が韓国に対して行ってきた経済援助には、1965年日韓国交正常化による経済協力金、1990年まで続けられたODA援助、1983年の特別協力金、1997年通貨危機の際の資金拠出、2002年日韓ワールドカップスタジアムの建設費、2006年のウォン高救済基金、2008年リーマンショック時の通貨スワップ基金、などがあります。これらの日本の援助に対して、韓国が日本に公式に感謝を表明したことは一度もありません


 西尾 ほとんど子どもです。幼児性丸出しですね。今のお話を聞いていて、韓国のことはむしろ分からない方がいいし、分かってあげる必要もないと思います。
 日本人も最近は、韓国がエンドレスだということが分かってきたから、勝手にしろ、とにかく韓国人とは付き合わないことが正しい、という結論が、幅広く多くの国民に共有されるようになったと思います。韓国が、ここまで愚かな姿をさらしてしまったからです。


................................................................................................................


(感想・意見など)

 この本にも書いているが、そうはいっても先日、「明治日本の産業革命遺産」のユネスコでの審議で日本外務省は韓国外交部にまたも騙されてしまった西尾さんはこう言っている。「相手に歩み寄れば、その善意を相手も無視できないだろうと思い込む日本の弱点が一気に出てしまったんですね。日本の外務省は、一度騙されれば分かりそうなものを、何度でも騙されるのです」。


 世界には我々が思いもしない考え方をする国がある。有益な情報がギッシリ。お薦め致します。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター