報道の寸法が分からない

報道の寸法が分からない
 ①毎日15年12月2日
報道の寸法が分からない
②愛媛15年11月30日
報道の寸法が分からない
 ③週刊ダイヤモンド15年11月28日
報道の寸法が分からない
 今年は11月が暖かかったため黄葉・紅葉が遅れている。
 香東川側道
報道の寸法が分からない
 紫雲山ハイキングコース





 報道の寸法が分からない


 毎日新聞12月2日「水説(すいせつ)」欄に論説委員の中村 秀明さんが「パリだけを祈るのか」というコラムを書いている。

 趣旨は、パリであったテロを世界各国の報道機関は大きく取り上げるが、ほぼ同じころあったレバノンの首都ベイルートでのテロ、イラクの首都バクダッドでのテロはほとんど取り上げない。アラブの国では毎日のように起きていることであるが、彼らは見ようともしないし、聞こうともしない、というものである。

 なるほど言われればその通りである。しかし、分からぬではない。日本から言えば、距離も遠いし、中東の人々の考え方もよく分からない、中東ではしょっちゅう起こっているので驚きもない。


.......... ..........


 しかし、北朝鮮となるとそういうわけにはいかない。漁船遭難多発のニュースである。新聞の3面ベタ記事や、テレビのニュースでチラッと映ったことはある。私は新聞を約10紙チェックしているが、まとめてそれなりの報道をしたのは愛媛新聞11月30日の記事だけである。この記事は恐らく共同通信が配信したものである。私がチェックしている新聞・TVの中で唯一愛媛新聞だけがきちんと報道する価値があると認めたことになる。

 抜粋してご紹介します。


 北朝鮮 漁船遭難多発か
 日本海沿岸 相次ぐ漂着船
 食糧難で漁獲増号令?


 北海道から福井県にかけての日本海沿岸で10月以降、国籍不明の木造船の漂着が相次いでいる。海上保安庁の発表によると、これまでに10隻、23人の遺体が確認された。船体の特徴から北朝鮮の漁船とみられるが、これだけ集中するのは異例。

 専門家は、背景に金正恩第一書記の漁獲増の大号令があると指摘する。コリア・レポートの辺真一さんは「北朝鮮の食糧難は深刻。無理を承知で漁獲増を目指している節がある。漂着船はさらに増えるかもしれない」。


(感想・意見など)

 私はここ10年内に北朝鮮が崩壊する可能性は7~8割はあると思っている。金正恩第一書記は既に側近を約100人粛清したと言われている。北朝鮮は李氏朝鮮と同様に、罪は家族・兄弟、場合によっては一族に及ぶ。処刑されたり強制収容所に送られたものは数百人になる。残っている側近は、いつ自分に累が及ぶかとビクビクもので、仕事が手につかないといわれている。金正恩暗殺の恐れもある。

 北は核やミサイルを持っている。国が崩壊する前、戦争になるかもしれない。ソウルを火の海にしてやるは彼らの常套句である。事実、朝鮮戦争では全土が火の海になった。また崩壊して、陸路韓国、ロシア、中国に、海路日本何百万人もが難民となって逃れてくる可能性がある。

 それなのに、北朝鮮の動向報道の薄さは何なのか?極めて疑問である。


.......... ..........


 それは韓国についても言える。どうでもいい慰安婦の報道には熱心であるが、肝心の動向についてはまともな報道がほとんどない朝日新聞や岩波書店などは長らく韓国の民主化を支援してきた。しかし、韓国の民主勢力の多くにはあの醜悪で反民主的な北朝鮮がバックにいることは伝えない。だから、日本国民のほとんどは、次のような事実を知らない。

 週刊ダイヤモンド11月28日号、櫻井 よしこさんのコラムを抜粋してご紹介します。


七万人の群衆が蜂起する大暴動が発生
 左翼勢力が勢い増す韓国の危機


 パリが襲われ、世界の目がイスラム原理主義者による大規模テロに吸い寄せられたのと同じ日、韓国で七万人の群衆と二万人の警官が衝突する大暴動が起きた

 群衆は朴槿恵大統領の退陣を要求して青瓦台に向かう途中、警察の機動隊に阻まれ大型車両50台を襲い、3台を破壊した。115人の警官が負傷した。

 彼らは53団体の構成員から成り、その先頭に立ったのが韓国最強の労働組合といわれる金属労組である。日教組よりもなお左翼的な全教組や「祖国統一汎民族連合」(汎民連)の南側本部も暴動に加わった。

 汎民連は公安当局から「利敵団体」に指定されており、北朝鮮と韓国、日本におのおの本部がある。

 彼らの要求には朴大統領の退陣に加えて「統合進歩党解散反対」「李石基釈放」もあった。

 統合進歩党(統進党)は6人の国会議員からなる小さな政党だった。朝鮮半島有事に乗じて韓国で蜂起し韓国政府を打倒する具体策を定めていた。北朝鮮の対南工作のための政党だと判断され、2014年12月、韓国の憲法裁判所によって解党された。李石基氏はその党の議員で、現在服役中である。

 
 デモ隊の先頭には指名手配中の民主労組総連盟の韓サンギュン委員長がいた。警官が逮捕しようとすると、周囲の組合員が阻止して逃走させた。韓氏はセウォル号事件一周年のときの暴力デモを主導し、その1週間後に行われたメーデーデモでまたもや暴力行為を煽って、指名手配された人物だ。韓国を混乱に陥れようとする被疑者を公然とかばい逃走させるのは法治国家では許されない。

 
 このような状況について第一野党の新政治民主連合代表の文在寅氏は、朴大統領と政府を激しく非難した。氏は違法で暴力的なデモを企てた首謀者や、それに従った労組を責めるのではなく、デモ取り締まりに警官を出動させたことを非難したが、これは本末転倒ではないか。

 文氏は朴大統領の教科書国定化の動きも激しく非難する。韓国では日本よりもっと偏った左翼的教科書で反韓国、親北朝鮮の教育がなされている。このことを懸念した朴大統領が教科書一新が必要だと判断し、国定教科書を導入すると決定したのだが、文氏もデモ隊もこの件に絶対反対のスローガンを掲げたわけだ。
 
 文氏は前回の大統領選挙で朴氏と激しく競り合い、選挙前の世論調査では勝利するのは文氏だとみられていた。

 しかし、事実上北朝鮮の代理人である氏の本質を見て取った高齢者層が危機感を抱き、最後の段階で高齢者層の投票者率を80%台、90%台にまで押し上げるほどの号令をかけて、文氏阻止のために朴氏に投票した経緯がある。

 朝鮮戦争を記憶している高齢層は北朝鮮の脅威を実感しており、その代理人ともいうべき文氏の当選を恐れたのだ。氏は恐らく次の大統領選に再度立候補するであろうが、今度は勝つ可能性がある。まさに韓国の危機だ。


 韓国の危機を見るにつけ、日本を取り巻く情勢の尋常ならざる危機を痛感するが、この大ニュースを日本のメディアはほとんど報じていない危機はテロリストによるパリ襲撃だけではなく、日本の足元にも及んでいることを知っておかなければならない。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター