スーパー公務員列伝①

スーパー公務員
 讀賣15年11月11日
スーパー公務員
 朝日15年12月29日
スーパー公務員





 スーパー公務員列伝①


 あけましておめでとうございます。

 新年早々初夢を見ました。琵琶湖の南岸にある滋賀県野洲(やす)スーパー公務員のような人がわがふるさとに大勢生まれる夢です。こういう人が市役所に10人いたら市民はハッピーになるんですけどね。民間にはこういう人はゴロゴロいます。しかし、どういうわけか公務員になると絶滅危惧種のようになってしまう。

 読売新聞15年11月11日の記事をご紹介します。


 市民の悩み 総力解決
 人のためだけに働けるのが公務員。なんでもできる

 野洲市市民生活相談課長補佐
 生水 裕美(しょうず・ひろみ)さん 53


 お役所と言えば、縦割りの窓口、規則にこだわる、最低限のことしかしない、といった印象が強い。滋賀県南部の野洲市で生活相談を受け持つ生水裕美さんは、庁内の各部署や外部と連携して、市民の困りごとを解決する仕組みを作ってきた。「やる気になれば、市役所はなんでもできる」と強調する。  (編集委員 原昌平さん)


 〈聞かせてください、その悩み。話してください、その思い〉
 市民生活課が作ったチラシには、そう書いてある。多くの自治体では、困りごとを抱えた市民の側が、制度別に分かれた各課を回るが、野洲市は違う。

 「暮らしにかかわる悩みなら、どんなことでも、まずはうちの課がワンストップで受けて、解決方法を一緒に考えます。関係する課の担当者にも声をかけて、相談室に来てもらっています

 生活困窮者自立支援法の相談窓口も兼ねている。他の課で連携が必要と判断したケースも持ち込まれる。人口5万人の市で、年間1100件を超す事例を扱っている。
 とくに重視してきたのは税金、健康保険料、水道料金、給食費などの滞納だ。

 「たいていは生活が苦しいから滞納して、借金を抱えている。ただ払えと言うだけでなく、払えない理由を聞いて、生活の立て直しを支援することが大事です」


 2009年度に始めた「多重債務者包括的支援プロジェクト」では、個人情報共有の同意書を得たうえで、市の各部門と調整し、分割納付などを本人と話し合う。

 「生活を再建してこそ徴収につながる。連携すれば解決の糸口が見つかり、担当課の業務も楽になるわけです」

 弁護士、司法書士、社会保険労務士といった専門職とも協力関係を築き、借金の整理、離婚、労働問題、年金の請求などに役立ててきた。

 「専門職に紹介して丸投げするのではなく、連絡を取り合う。ケース会議に参加してもらうこともあります

 保健所など外部の機関とも連携する。就労支援のため、ハローワークの出先も市役所内に作ってもらった。


               *


 全国的に注目される野洲市の取り組みをリードしてきた生水さんは、もともと、市場調査会社にパートで勤める普通の主婦だった。

 「娘2人を遊ばせるのに図書館へよく通った。その時間に資格の勉強をしようと思い立って、最初に挑戦したのが宅地建物取引主任者。そしたら、民法が意外と面白かったんですよ」

 次に消費生活アドバイザーに合格。資格を生かそうと野洲町(当時)の消費生活相談員に応募して採用された。嘱託パートで始まり、3年目から常勤。消費者金融や訪問販売などの業者と渡り合った。

 仕事のスタートに、幸運なことが三つあったという。

 「新設の窓口だから『前例に従う』必要がなかった。それに、相談員の所属が生活環境課だったので、ゴミ、、騒音など、いろんな苦情が持ち込まれる。住民の困りごとを知ることができました

 「何より良かったのは上司ですね。『市民に相談に来てもらうのが君の仕事だ。大事だと思うことはやりなさい』と言ってくれました」

 相談を集めるルートを増やすため、上司とともに庁内へ〝営業〟に回った。各課が対応に困っていることを尋ね、どうすれば連携できるかを探った

 その上司は評した。「たいていの職員は釣り糸を垂らして、かかるのを待っている。おまえは底引き網みたいにガサッと集めるんやなあ


                *


 公務員には、何かと風当たりが強い。

 「人のためだけに働けるのが公務員。こんなにやりがいがあって面白い仕事はないですよ。よけいなことはするなと言う人もいるけれど、失敗を恐れて何もしなかったら、それが失敗になる。市役所は要らないと思われてしまう市民生活を応援するためなら、やってはいけないことはないんです

 〈市役所には命を守るサービスが整っています。市役所には、そのサービスを届ける義務がある

 「必要と思ったことは1回であきらめずに何度でも言い続ける。自分のためではなく人のためだからこそ、くじけずにやれるんです


.......... ..........


 朝日新聞15年12月29日香川版の記事を一部引用します。

 高松市では、大西秀人市長が庁内放送で仕事納めのあいさつをした。

 近年相次いでいる職員の不祥事については「コンプライアンス意識の向上公務員としての自覚の醸成業務内容の理解と適切な執行態勢の構築、及び職員風土の改善に取り組み、市民の信頼回復に向け引き続き取り組んでいただきたい」と職員に呼びかけた。


..............................................................................................................


(感想・意見など)

 私は高松市役所をほとんど見放している。民間で長年経営管理、経営企画に携わってきたが、民間ならとっくに倒産していると断言できる。大西市長は数々の問題点をよく把握しているが、2期を過ぎても改善されていない。市長としての仕事ができていない。

 これが民間なら、フォルクスワーゲンを見放して、トヨタやホンダに乗り換えられる。東芝を見切って日立に変えられる。出来るものなら乗り換えたいが、役所は始末に負えない。共産主義国家が全て破綻した所以である。


 高松市役所職員の2013年平均年収は約643万円である(総務省HP)。健康保険料、厚生年金保険料の市負担分、厚生費、退職金見積金などをプラスした一人当たり人件費は、おそらく1.4倍の約900万円くらい。年間休日125日(+有給休暇20日)。転勤なし

 民間企業の2013年平均年収は四国で約350万円、全国で約414万円である(国税局HP)

 私がよく行く個人営業の喫茶店が3・4店あるが、規模がよく似ている。従事者は親子、夫婦、姉妹、友人など3人。1日客数40人~80人。平均客単価約700円。年間営業日300日以上(年間休日60日くらい)。一人当たり平均年収は150万円~220万円くらい。


 生水さんのような人なら1千万円以上払っても少しも惜しくはないが……。


以上

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター