『日本人が誇るべき《日本の近現代史》』②

『日本人が誇るべき《日本の近現代史》』
 (ヒカルランド)
『日本人が誇るべき《日本の近現代史》』②
 産経16年2月17日
中国や韓国や朝日新聞などは真っ赤な嘘のプロパガンダを仕掛けてくる。事実に基づく反論をきちんとすべきである。
『日本人が誇るべき《日本の近現代史》』②





 『日本人が誇るべき《日本の近現代史》』②


 昨日の続きです。


倉山 国会質疑では、中山成彬(なりあき)議員も慰安婦問題を取り上げていますね。

杉田 中山先生の質疑も素晴らしかったです。国会質疑の中で、中山先生はまず、日本の台湾や朝鮮の統治について、欧米諸国の収奪を目的とした植民地とは違っていたことを、具体的な根拠を挙げて示しました。

 日本は内地と同じように、台湾や朝鮮でインフラの建設や教育を熱心にやっています。日本で一番古い地下鉄が銀座線で1939年に開通しているんですが、翌年には京城に地下鉄を造っています。

 中山先生はこの他にも、昭和12年には朝鮮に五千キロの鉄道網ができていたことや、京城帝国大学を大阪帝国大学より7年も早く、名古屋帝国大学より15年も早く大正13(1924)年に開学したこと、日韓併合のときにはたった百校しかなかった公立小学校を、昭和17年には4271校まで増やしたことも指摘しておられます。

倉山 本当に内地と同じような統治をしたわけですよね。慰安婦問題についても重要な指摘をしていらっしゃいました。


杉田 ひとつは、朝日新聞が「慰安婦について軍の関与を示す書類が見つかった」と騒いだ、その肝心の資料には何が書いてあったのか、という話です。これは実は、「悪徳業者が慰安婦募集に関与しているようだから気をつけるように」という通達だったんです。

 もうひとつ中山先生が指摘したのは、当時の朝鮮の状況をきちんと見れば、官憲による慰安婦の連行というのは考えられないということでした。道議会議員の8割以上が朝鮮人ですし、忠清南道知事は初代以下ほとんどが朝鮮人、他の道知事も同じようなものです。

 また、テジュンの警察のナンバー・ツーの警部と高等刑事部も朝鮮人が務めています。この体制で官憲が女の人たちを慰安婦として強制連行するというのは考えられないんじゃないか、と中山先生はおっしゃっていて、まったくその通りだと私も思います。

 そして、3つ目は当時の新聞報道です。調べても調べても、日本人の業者が朝鮮で娘さんをさらったとか、何かしたという話は出てこない。朝鮮人が日本人の娘さんを誘拐して売り飛ばそうとしたような記事はいろいろ出てきて、警察がきちんと取り締まっていたことがわかります。

倉山 事細かに史料を挙げて、いかにこの慰安婦問題に根拠がないかを示す、素晴らしい質疑です。


杉田 山田宏先生と中山先生の質疑によって、「20万人が強制連行されて性奴隷にされた」という話が全くの嘘であることが、国会という公的な場で、日本国がある限り正式の記録が残る形で確認されたわけですから、計り知れない意義があったと思います。

 そもそも日本と韓国の併合時代の問題については、1965年の日韓条約の中できちんと話がついています。日韓条約を締結する前に、日本はどんなことについて償わなければいけないのかということを14年間も調査し、交渉してきました。14年間、ずっと向こうの言い分を聞きながら、「じゃあ、これに対してはこれだけ払いましょう」というようなことをやってきた。

 その間に、慰安婦の問題はひと言も出てきていません。なぜ80年代になっていきなり出てきたのかという話ですよね。

倉山 日本と韓国は、朴正熙とか全斗煥とか、韓国が軍事政権だった間は仲が良かったのですが、民主化するごとに日本に対して無理難題の難癖をつける傾向が強くなっています。

杉田 実は今、ジュネーブの女子差別撤廃委員会に意見書を出しているところです。「朝日新聞はもうこれらのことを認めたので、日本国内では慰安婦問題が捏造であったことを広く国民が知るところとなりました。それなのにまだ国連は日本に対して、慰安婦のことについて謝罪しろと言うのですか」というものです。

 今後の課題は、どうやって慰安婦が嘘だということを世界中に認めさせられるかということだと思っています。


以上



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター