香川大学《生物》入試問題

香川大学《生物》入試問題
 四国新聞16年2月26日
 香川大学2次前期日程《生物》入試問題
香川大学《生物》入試問題
香川大学《生物》入試問題
 香川大学幸町(さいわいちょう)キャンパス:教育学部、法学部、経済学部
香川大学《生物》入試問題
 香川大学林町(はやしちょう)キャンパス:工学部
 ほかに三木町農学部キャンパス、三木町医学部キャンパスがある。




 香川大学《生物》入試問題


 今日の四国新聞香川大学2次前期日程の入試問題が載っていた。

 私が受験するなら理科は《生物》をとったはずであるが、結構むずかしい。以下に引用します。


.......... ..........


[1] 次の文章を読み、以下の問い(問1~5)に答えよ。

 鼻腔をくすぐる①ダシの香りに誘われてうどん屋に入った。店内が②暗かったためか、様子がわかりにくかったが、奥のカウンターで注文を言えばよいようであった。③温めたうどんにダシをかけ、具を入れてから空いている席に座った。舌鼓をうちながら④うどんを食べ、ダシもすべて飲み干した。おいしかった。⑤ゆったりと落ち着いた気分を楽しみながら店を出た。


 問1 下線部①について

  (1) ダシの「香り」を受容した細胞の名称を記せ。
  (2) 「香り」を感知した受容体は、上記の細胞のどこに存在しているか、記せ。
  (3) 「香り」と結合した受容体は、この細胞にどのような作用をもたらしたか、10字以内で記せ。

 問2 下線部②について

 (1) 光を受容していた細胞の名称を記せ。
 (2) 暗い店内に入ったときに、眼球へ入る光量が調節された。どのようにして調節されたか、10字以内で記せ。
 (3) もっと暗い場所へ入ったときには、目が慣れるのに時間を要する。この間に光を受容する細胞の中で生じている変化を10字以内で記せ。

 問3 下線部③について

 (1) うどんを入れたどんぶりを持っていられるのは、筋肉が適度に収縮し、手や腕を支えているからである。手や腕をまげる時とのばす時に収縮する筋肉の名称をそれぞれ記せ。
 (2) 温めたうどんにダシをかけるとき、熱いダシがはねて手にかかり、おもわず手を引っ込めてどんぶりを落としそうになった。ダシが手にかかってから手を引っ込めるまで、興奮がどのように伝わっていったか、その順路に従って以下の語句を並べ替えて、解答欄に記せ。
 〈語句〉 運動神経 介在神経 感覚神経 筋 受容器 背根 腹根

 (3) (2)でどんぶりを落とさずにすんだのは、上記の伝達に意思の力で介入したからである。この介入はどこからどこを経由してどこへ伝達されたか、30字以内で記せ。

 問4 下線部④について

 (1) うどんを食べたことにより血中のグルコース濃度が上昇した。このことに反応して分泌されるホルモンの名称を記せ。
 (2) 上記のホルモンを産生する臓器の名称を記せ。
 (3) 上記のホルモンは細胞に働きかけてグルコースの輸送体を働ける状態にし、グルコースの細胞内への取り込みを促進させることが分かっている。なぜグルコースは輸送体がないと細胞内に取り込まれにくいのか、60字以内で記せ。
 (4) ダシを飲み干したことにより、血中の塩濃度が上昇した。血中塩濃度を感知する組織の名称を記せ。
 (5) 血中塩濃度の上昇し反応して分泌されるホルモンの名称を記せ。
 (6) 上記のホルモンは上昇した血中の塩濃度をどのようにして下降させるのか、20字以内で記せ。

 問5 下線部⑤について

 (1) このような気分の時に優位に働いている自律神経に属する神経の名称を記せ。
 (2) 上記神経の末端から分泌される神経伝達物質は運動神経から分泌される神経伝達物質と同じである。その名称を記せ。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター