台湾の外国人労働者

台湾の外国人労働者
 週刊ダイヤモンド16年3月12日号
台湾の外国人労働者
 台北駅1階ホールに集まった外国人労働者たち
台湾の外国人労働者
 ニューズウィーク日本版16年3月8日号
 レバノンの首都ベイルートで、主要埋め立て処理場が閉鎖され、代替地が決まらないまま未回収のごみが路上にあふれ出した。ゾッとする写真。
台湾の外国人労働者
台湾の外国人労働者
 「花の命は短くて…」。1日でこうなった。




 台湾の外国人労働者


 日本では「お手伝いさん」「家政婦さん」はほとんど死語になっている。しかし、私が幼いころは、わずかながらいたような記憶がある。親戚のお寺には、なんやかやと近所の奥さんたちが手伝いに来ていた。

 私がサラリーマン時代、周りに海外生活の経験者が何人もいた。アジアや中東では外国人家政婦は一般的なようである。日本人の奥さんは他人が家の中にいることになかなか慣れないが、慣れたら慣れたで、日本に帰ってきたとき困るようである。

 インドでは、使用人が勝手に食料品を持ち出さないように、鍵付きの冷蔵庫がよく売れると聞いた。最近では、サウジアラビアで、赤ちゃんを死なせたスリランカ人メイドが斬首刑に遭い、国際問題となった。湾岸諸国では使用人虐待がよく問題になっている。


 週刊ダイヤモンド3月12日号に東短リサーチ社長・加藤 出さんの台湾の外国人労働者の記事が載っていた。抜粋してご紹介します。


 少子高齢社会で不可欠な存在へ
 台湾を支える外国人労働者たち


 「台湾の駅弁はうまい」という話を聞いたので、先日台湾・台北市に行った際、同市最大のターミナル駅である台北駅に行ってみた。

 その日は日曜日だったが、不思議な光景を目にした。駅中央部の1階は広大なホールとなっているのだが、そこに膨大な数の人々が、所狭しと座っている

 互いにお茶や弁当、果物を持ち寄って何やら楽しげに談笑している。頭にイスラムのスカーフ(ヒジャーブ)を巻いている女性も多い。その人々はインドネシアなどの出稼ぎ労働者なのだった。

 台湾は共稼ぎ夫婦が多いので、高齢者の介護や幼児の面倒、家事全般を請け負う外国人労働者が多いのである。2001年時点ではそういった社会福祉分野で働く移民は11万人だったが、14年は22万人へと倍増している。

 そのうち最も多いのがインドネシア人の17.5万人、次いでフィリピン人の2.5万人、ベトナム人の2万人となっている。

 
 休日は、住み込みで働いている人が大半なので、家に友人は呼べず、かといってレストランは金が掛かる。そこで、台北駅に集まり、床に座って食事やゲームをする。見ていると、彼らは帰る際はゴミを残さず、きれいに片付けている。

 台北駅はこういった外国人労働者の対応に当初悩んだらしいが、少子高齢化が急速に進む台湾にとって彼らはもはや必要不可欠な存在であるため、許容するようになったようだ。それに伴い、駅の近辺にはインドネシア関連の飲食店や小売店が増えている。

 ちなみに、香港でも日曜日にフィリピン人の出稼ぎ労働者である家政婦が、香港上海銀行本店ビルの公開スペースで談笑している様子が見られる。

 台湾では工場などの産業分野での外国人労働者も増えている。01年は19万人だったが、14年は33万人だ。内訳はベトナム人13.1万人、フィリピン人8.7万人、タイ人5.9万人、インドンシア人5.5万人である。

 台湾の出生率は1980年代前半までは2以上だったが、10年に0.9へ低下した。その後はやや改善してを超えたものの、世界有数の低い水準が続いている(最近の日本は1.4)。


 日本政府は「1億総活躍」を掲げているが、労働年齢人口が減少する中で女性の労働参加率を高めつつ出生率も上げていくには、家事や育児、介護の補助を依頼できる外国人労働者は重要なファクターになると思われる。

 ただし、東アジアでは多くの国が少子高齢化に悩んでおり、外国人労働者の誘致競争は今後激化しそうである。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター