韓国が反日を封印し始めた

韓国が反日を封印し始めた
 産経新聞16年3月14日
韓国が反日を封印し始めた
 愛媛新聞13年3月2日 朴槿恵大統領「被害と加害 千年不変」
 世界各国を回り「告げ口外交」を繰り返していたのに、最近は手のひら返し。ゴネ、イチャモン、タカリ、イヤガラセは数千年にわたって異民族に圧迫されてきたゆえの国民性。
韓国が反日を封印し始めた
 香東川岸に菜の花が咲いている。
韓国が反日を封印し始めた
 香川インテリジェントパークやレインボー通りの陽光桜が8分咲き(正面の建物は香川大学工学部)。





 韓国が反日を封印し始めた


 最近の韓国の動きを見ていると、あっちにフラフラこっちにフラフラ、1900年ごろの韓国もこのようであったのだろうと思われる。清についたりロシアについたり、日本についたり。

 「虎の威を借る狐」ばりに隆々として興ってきた中華人民共和国の威を借りて日本に対してきたのに、その中国の経済が怪しくなり、北朝鮮の核やミサイルの脅威が現実になると、アメリカや日本にすり寄りだした。

 再び情勢が変わると、また「ゴネ、イチャモン、タカリ、イヤガラセ」を繰り返すのは間違いない。引っ越せない隣国なのでそれなりの付き合いは必要であるが、そのような国柄であることは忘れてはならない。


 産経新聞3月14日のソウル支局編集委員・名村 隆寛(なむら・たかひろ)さんのコラムを抜粋してご紹介します。


 朴政権、3年間の反日映す負の収支


 慰安婦問題での昨年12月の日韓合意に加え、その後に起きた北朝鮮による核実験やミサイル発射のせいか、あれだけ執拗だった韓国の反日姿勢がない鳴りを潜めている。メディアの一部もそうだが、韓国政府の〝変身ぶり〟は特に顕著だ。

 朴槿恵(パク・クネ)大統領は、1月に「年頭の国民向け談話」の演説をしたが、日韓関係や歴史認識問題には触れなかった。日本の朝鮮半島統治からの独立運動記念日「3・1節」の式典では、約20分間の演説のうち対日関係に言及したのはわずか2分。内容も「韓日関係に新たな章を開くことを願う」と抑制したものだった。

 反日を〝封印〟したのは朴大統領だけではない。対日強硬姿勢で知られた尹炳世外相(イ・ビョンセ)は、2日にジュネーブで行われた国連人権理事会の演説で、慰安婦問題に触れなかった。

 韓国政府の最近の対応からは、「必要以上に日本を刺激したくはない」(外交筋)との配慮や、日韓の歴史問題に区切りをつけたいという意図がうかがえる。むしろ、朴大統領が演説で触れる「日本」は、ほとんどが韓国国内に向けた〝説得〟だ。日韓合意を頑として受け入れない元慰安婦の女性らだけではなく、反対世論への説得は現在も続いている。


 韓国政府が対日関係改善に躍起となっている背景には、北朝鮮や国内経済という、より差し迫った現実的な問題がある。これ以上の対日関係悪化は避けたい。そもそも、そんな余裕は今の韓国にはない。

 日韓関係で韓国政府が最も懸念している問題の一つは、訪韓する日本人の激減だ。朴槿恵政権1年目の2013年に訪韓した日本人は、過去最高だった前年より21.9%も減った。韓国への日本人観光客は今も激減し続けている。韓国の政府や財界、観光業界はこぞって「日本からの観光客を呼び戻せないか」と苦悩している

 消費者はクールである。行きたい所に行くのであり、行きたくない場所には行かない。日本政府が「韓国に行くな」と命令しているわけではない。韓国政府の懸念のかたわら、日本を訪れる韓国人観光客は過去最大に膨れ上がっている


 韓国では「韓日関係悪化の原因は安倍晋三にある」との決めつけた見方が、現在もメディアの間で横行している。しかし、日本側の対韓国感情がなぜ悪化したのかについては、深く触れられていない。分かっていても、認めたくないのかもしれない。

 日本国民は朴政権発足からの3年間、慰安婦問題など「歴史問題」に執着する韓国の姿をあまりにも見せつけられた。3年間のツケは大きい。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター