これは鳩山邦夫氏の責任ではないか。

これは鳩山邦夫氏の責任ではないか。
 四国新聞16年5月13日
これは鳩山邦夫氏の責任ではないか。
 鳩山邦夫元総務大臣(弟)
これは鳩山邦夫氏の責任ではないか。
 韓国で土下座する鳩山由紀夫元総理大臣(兄)
これは鳩山邦夫氏の責任ではないか。
 産経新聞16年4月5日
 首相の時に何の根回しもせず「最低でも県外」と発言、沖縄の基地問題をわやにしてしまった。碌なことをしない。
これは鳩山邦夫氏の責任ではないか。
 四国新聞16年4月22日
これは鳩山邦夫氏の責任ではないか。
 四国新聞16年5月15日
 ハトポッポには南シナ海、東シナ海などでの中国の乱暴狼藉は見えないらしい。今現在も内モンゴルや新疆ウィグル、チベットなどの少数民族がどのような目にあっているか知らないらしい。
これは鳩山邦夫氏の責任ではないか。





 これは鳩山邦夫氏の責任ではないか。


 5月13日の四国新聞を見て、私は「やっぱり」と思った。「かんぽの宿」が赤字を垂れ流し続けているという。かんぽの宿は、何年か前に入札して、民間企業に約110億円で一括売却(バルク・セール)することになっていたが、時の総務大臣である鳩山邦夫氏が横槍を入れ、取りやめになったはずである。

 私はその時、こうなることを予想し、「鳩山氏は余計なことをする」と思った。それまでも赤字が累積し、今まで通り役人に毛の生えたような連中が経営して黒字にできるはずがない。事業所経営と言うのはそんなやわなものではない。


 四国新聞5月13日の該当記事を抜粋してご紹介します。


........... ...........


 「かんぽの宿」見直しを
 検査院提言 赤字続く施設売却も
 

 日本郵政グループの経営状況について会計検査院が調べ、採算の見込めない宿泊施設「かんんぽ宿」の売却を含む事業見直しが必要とする提言をまとめた。

 日本郵政は2007年に前身の日本郵政公社からかんぽの宿71施設を引き継いだ。売却を進めており現在は54施設を運営しているが、赤字が続いている。14年度の宿泊事業は約29億円の営業損失を計上した。

 かんぽの宿を巡っては、08年に日本郵政がオリックスへの一括売却を決めたが、経緯が不透明と批判を受け撤回していた


...............................................................................................................


(感想・意見など)

 こうなることは見えていた。あの時因縁をつけずに売却していれば約110億円の売却収入があり、その後の赤字は発生しなかった。上下(うえした)で数百億円の損失を発生させた。鳩山郁夫氏は責任を取るべきである。

 この兄弟は東大出であり、東大でも成績は良かったらしいが、兄弟そろって碌なことをしない。ワシントン・ポスト紙はかつて由紀夫氏を「ルーピー(愚か者)ハトヤマ」と称したが、兄弟揃ってルーピーである。「人間、学歴だけではない」を証明するような2人である。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター