米軍は世界に15万人も駐留している

米軍は世界に15万人も駐留している
 毎日16年5月26日
米軍は世界に15万人も駐留している
 毎日S6年5月26日
 中国の鉄やアルミ、太陽光パネルなどの過剰生産分が安い価格で輸出に回って、世界経済を攪乱している。倒産企業も続出。
米軍は世界に15万人も駐留している
 マック新製品「ロコモコバーガー」。実物は例によって写真と似ても似つかぬが、肉の味がちゃんと出ている。口の周りがベトベト。クーポン使用セットで640円。





 米軍は世界に15万人も駐留している


 トランプ大統領候補の暴言以来、駐留米軍のことが気になっていた。まず事実を知るべきである。タイムリーなことに毎日新聞「質問 なるほドリ」にその答えが載っていた。なんと、世界150以上の国・地域に計15万人が駐留しているという。そして、その3分の1以上が日本にいる!記事をご紹介します。


.......... ..........


 米軍の駐留 日本以外でも?
 世界に15万人 米に優先的裁判権


なるほドリ 米軍は日本以外にも駐留しているの?

記者 米シンクタンクによると、2015年現在、アフガニスタンなどへの戦時派遣を除き、世界150以上の国・地域に計15万人が駐留しています。最も多いのが日本の約5万2000人で全体の約3分の1。他はドイツ約3万7000人、韓国約2万5000人、イタリア約1万2000人などです。

 日本以外の受け入れ国も米国と地位協定を結んでいるのかな。

 そうです。米国は米兵らの地位や権利の保護をとても重視しているからです。日米地位協定と同じように、公務中の米兵らが犯罪に問われた場合、米軍に優先的な裁判権が認められるなど、受け入れ国からすれば、不平等といえる内容です。

 他の国でも米兵らによる事件は起きたことはあるの?

 韓国では02年、在韓米軍の装甲車が女子中学生をはねて死亡させました。米側は米兵2人を基礎しましたが、米軍事法廷で無罪判決が出て、韓国内の反米デモに発展しました。
 米軍統治下のイラクでも米兵による凶悪事件が多発しました。11年の米軍撤退期限を前に、米国とイラクは一部の部隊を残す交渉をしましたが、米兵の刑事事件に関する免責特権を残留の絶対条件にしたことに、イラク側が反発しました。交渉は決裂し、米軍は完全撤退したのです。

 地位協定が改定された例は?

 ドイツは米国と粘り強く交渉し、何度か改定しました。1993年の改定では、駐留軍施設・区域内にもドイツの国内法が適用されるようになるなど、多くの主権を勝ち取りました。しかし、米軍に優先的な裁判権がある状況は変わっていません

 米国は世界一の軍事力を誇ります。駐留米軍の存在は、受け入れ国の安全保障にとっても重要です。米国の要求を受け入れざるを得ないことが多いのです。  回答・福岡静哉さん(外信部)


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター