本当の「中国史」①

本当の「中国史」①
 文藝春秋SPECIAL2016年夏号
本当の「中国史」①
 岡田英弘(東京外大名誉教授)、宮脇淳子(東大非常勤講師)ご夫婦の対談
本当の「中国史」①
 柏木ハルコさん(小学館) 巻末に謝辞として多くの団体・個人の名前が挙げられている。「生活保護」の実例に則した素晴らしい漫画である。





 本当の「中国史」①


 「中国史」は嘘八百である。たとえば、かつて中国古代史の重鎮・貝塚茂樹京大名誉教授は、中国を「地上の楽園」と信じ、「私は中国の農村で暮らしたい」と述べた。実際はその真逆であることは庶民なら誰でも知っている。日本の東洋史学会は出鱈目。「中国人」が作った「正史=フイクション」を疑わず、真面目にお勉強したからである。

 本当の「中国史」2016年夏文藝春秋SPESIALに載っている。抜粋してご紹介します。


 もう騙されない 
 これが中国史の正体だ


岡田 第一のキーワードは「中国」という言葉そのもの。
 本来、19世紀以前の隣の大陸を「中国」と呼ぶのはおかしい。中華民国は1912年、中華人民共和国は1949年にできた。それ以前に中国という国はありません。

 実際には、「中国」はその領土も、そこに生きる人々も、王朝も、時代ごとに大きく違っている滅亡と断絶、人間の大移動と入れ替わりが、あの国の歴史なのです。

 これでは正しい歴史は記述できないので、19世紀以前の隣の大陸や文明には「シナ」という言葉を使うことにしています。これは英語の「CHINA」と同じく、秦の始皇帝の「秦」が語源
 同様に、19世紀までは「中国人」もいなかったので、原則として「漢人」と表記しています。

宮脇 そもそもシナの通史としての「中国史」を初めてつくったのは、日本人なんです。明治に入り、那珂通世(なかみちよ)という学者が『支那通史』をあらわした。

岡田 日本でも、中国でも、漢文史料にのみ頼って研究してきたのも、間違いの始まりでした。史料は必ずなんらかに意図をもって書かれます。漢文史料には、漢人にとって都合のいいことしか書かれていない

 (私たちが)事実とのズレを明らかにできたのは、正史以外の史料、特に満州人やモンゴル人、チベット人などが残した満州語やモンゴル語などの史料を読み込むことによってでした。その結果、いわば世界史から見たシナの歴史が浮かび上がってきたのです。


 「漢人」は特定の種族ではない

 岡田 私の考えでは、シナの歴史は大きく5つに分けることができる
 まずは秦の始皇帝が統一を達成する以前の「中国」。つまり「中国史」以前の世界です。

 そして、始皇帝の統一(前221年)から、漢を経て、隋による再統一(589年)まで。この間に「漢族」のメンバーの総入れ替えが起こります。

 隋、唐からモンゴル帝国が元を打ち立てるまで(1271年)が第三期
 日清戦争(1895年)での清朝の敗北までが第四期
 ここから先は「シナの歴史」ではなくなります。日本型の近代化を選び、独自の文明を持つことなく、日本、欧米の模倣を続けている。それが今も続く第五期です。


 では、シナ史のはじまりから見ていきましょう。ここでのキーワードは「中原(ちゅうげん)」。
 今われわれがシナと呼ぶような地域を、「中原」を中心に統一したのは秦の始皇帝です。それ以前の夏(か)や殷や周などは、いずれも小さな都市国家に過ぎません。
 中原とは黄河中流域の洛陽盆地のあたりです。


 シナ文明を農耕文明だと誤解している人も多いようですが、その本質は商業文明です。商売のために、東夷(とうい)、西戎(せいじゅう)、南蛮、北狄(ほくてき)の「四夷(しい)」と呼ばれた人々が集まり、都市が形成されます。「夷」というと野蛮・未開の民を思い浮かべるのは、後世による歪曲の産物です。
 そして、中原の都市に集住したこれら四夷が、「漢人」となったのです。もともと「漢人」とは特定の種族ではありません


 中原で生まれたシナ文明の特質をあらわすキーワードは3つ「都市」と「漢字」と「皇帝」です。都市に暮らし、漢字をコミュニケーション手段にし、皇帝の支配下にある。それがシナです。

 シナの都市は城郭都市で、「国」という文字は、城壁に囲まれていることを表しています。その内側がシナ、外側は夷狄(いてき)の世界です。そこには市場があり、交易をするには手数料として商品の10分の1が抜き取られました。これが「」の起源です。地方都市には首都から派遣された軍隊が駐屯し、首都からやってきた商人と周辺地域の夷狄の間の交易活動を保護しました。それらの商業活動を牛耳った親玉が皇帝というわけです。

宮脇 都市こそがシナであり、都市民こそが漢人である、文明人であるという意識は、今も健在です。そのあらわれが都市籍農村籍でしょう。今でも国民の大多数を占める農民は、都市で暮らすのを制限されてきた。移動の自由も奪われる。人間以下の扱いです。昔も今も日本では信じられないほどの格差社会なのです。


つづく


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター