英分断統治の残滓-インド・タタ

英分断統治の残滓-インド・タタ
 日経新聞16年6月30日
英分断統治の残滓-インド・タタ
 朝日新聞16年6月28日
 離脱を仕掛けた人々が嘘をついていたのが次々とバレて、次期首相選を辞退したり、党首を辞任したりしている。私利私欲で国を誤らせている。
英分断統治の残滓-インド・タタ
 産経新聞16年6月23日
 スウェーデンの自動車ブランド「サーブ」は中国企業の傘下に入っていたが、2017年に消滅することになった。同じくスウェーデンの「ボルボ」はフォード→中国企業傘下となっている。英国のロールス・ロイス・モーター・カーズとミニ(MINI)はBMW傘下に、ベントレーはVW(フォルクスワーゲン)傘下に。ジャガー・ランドローバーはインド・タタ自動車傘下になっている。凄まじい生存競争。
英分断統治の残滓-インド・タタ
 讀賣新聞16年6月30日
 英国は製造業は衰退気味。日本企業ではトヨタ、日産、ホンダ、ソニー、日立など約1千社が欧州の窓口として進出している。英国は金融業が主体となっているが、EUを離脱して果たしてやっていけるのか。パリ、ベルリン、フランクフルトなどに移転しかねない。英国大使は引き留めにやっき。「英国では日本企業に15万人が雇用され、自動車産業や鉄道事業は日本のおかげで回復した。日本は法の支配の価値観を共有する国でもあり、重視する姿勢は変わらない」
英分断統治の残滓-インド・タタ
 マックにて裸足のOL(お疲れさま)。先日、日テレ「行列のできる…」で北村弁護士が、女性スタッフがスカートのままあぐらをかいて椅子に座って仕事をしているのを見てビックリしたと言っていたが、私も、マックで女子高校生がそうしているのを何度か見かけた。





 英分断統治の残滓-インド・タタ


 欧米諸国は植民地を分断(分割)統治した。被支配者を人種、宗教、地域の差異などで分割し、被支配者同士を争わせ、統治者に矛先が向かうのを避ける統治法である。最も経験が豊富で巧妙・狡猾な統治をしたのはイギリスである。世界は今なおその後遺症に苦しんでいる。

 分断統治は、ごく少数の優遇者圧倒的多数の被抑圧者を生む。インドのタタ財閥の創業者は前者であったようである。

 日経新聞6月30日の記事を抜粋してご紹介します。


.......... ...........


 英EU離脱、タタに衝撃
 採算と「特別な感情」葛藤


 英国の欧州連合(EU)離脱がインド財閥大手タタ・グループに難しい経営判断を迫る。積極的に対英投資してきただけに英国のEU離脱影響は計り知れない。だが、歴史的に関係が深い英国に歴代トップは「特別の感情」を抱いてきた。タタは英国から「離脱」するのか――。

 「簡単には決められない」。英国のEU離脱が決まった24日、タタ製鉄幹部は言葉少なだった。

 悠長なことは言っていられない。タタ製鉄の英製鉄所は1日当たり100万ポンド(約1億4千万円)超の損失を垂れ流している。欧州全域で部品調達網を築き車を輸出するタタ自動車傘下の高級車ブランド、ジャガー・ランドローバー(JLR)は英のEU離脱で年10億ポンド(約1400億円)の利益損失が出ると試算したという。

 経済合理性を考えれば、英事業の撤退、縮小も視野に入る。だが、そうした選択は軽々にはできない事情がタタにはある。

 2000年以降に11社の英国企業を買収、今では英国内で19社を数える。英国本拠のタタ製鉄欧州部門とJLRだけでグループ売上高の3割超。英国事業が抜ける穴を埋めるのはたやすくない。

 何よりもタタの歴代トップは英国に特別な感情を抱いてきた創業家は「パルシー」と呼ばれるゾロアスター教徒。10世紀以前にペルシャから来た同教徒の多くが大英帝国統治下のインドで英国から重用され、今に続くビジネスの基盤を築いた。「英国はインド産業人の心のなかで特別な場所だ」


 EU離脱後の英国は旧植民地などで構成する国家連合「英連邦」との結びつきを強める可能性がある。その中核こそがインド。英国を取り巻く新たな秩序の中でタタが果たす役割はこれまで以上に大きくなるかもしれない。

 残留か、離脱か――。タタに投げかけられる問いは想像以上に重い。  (Hさん)


.................................................................................................................


(感想・意見など)

 下世話に言えば、大商家に勤めていた番頭さんが独立し繁盛、傾いた元の商家を助け、昔は高嶺の花であったお嬢様を嫁に迎え得意になっていたが、いよいよ元の商家は傾きかけて、嫁の実家を助けたいのは山々だが一緒に倒れるわけにもいかないと悩んでいる、といったところか。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター