フィフィ氏日本を憂う②

フィフィ氏日本を憂う
 「正論」16年9月号
フィフィ氏日本を憂う②
 愛媛新聞13年3月2日
 3年半前中国経済が隆々たる時代には、朴大統領は「被害と加害 千年不変。日本を許さない」と言っていた。実際には、数千年にわたって日本より中国に足蹴にされ続けていたのに。お父さんは立派だったが…。
フィフィ氏日本を憂う②
 毎日新聞16年8月16日
 中国経済に衰えが見え出し、北朝鮮を抑えられないとみるや、豹変。日米にすり寄り出した。
フィフィ氏日本を憂う②
 韓国政府が売春婦を取り締まりだすと3千人の売春婦が「自由に売春をさせろ!」とデモをした。これらの売春婦と韓国人ブローカーは世界中に進出し顰蹙を買っている。
フィフィ氏日本を憂う②
 現実はこうである。中国は国際社会に背を向け、武力を背景に、南シナ海、東シナ海などに勝手に線を引きだした。漁船には民兵が乗っている。戦前なら即戦争である。
フィフィ氏日本を憂う②
 毎日新聞16年8月4日
 現実はこうである。国民は餓死しているのに、北朝鮮は世界中に背を向け、核実験、ミサイル発射を繰り返している。戦前なら即戦争である。
フィフィ氏日本を憂う②
 毎日新聞16年8月16日
 毎日アホ新聞は一面トップで「物言えぬ世がそこまで来ている」とのたまう。元毎日新聞記者の鳥越俊太郎氏を思い出した。彼は「一体、どこが攻めてくるというんですか?」と発言。化石である。あわれをもよおす。ロシアは武力でクリミアを奪取した。現実である。日本はそのような三国に囲まれている。アメリカもいつまでもアテにはできない。あるていど軍備を充実させるには20年はかかる。
フィフィ氏日本を憂う②
 香川県立図書館・文書館
 セミはもう鳴いていない。残暑は続くが、確実に秋が近づいている。
フィフィ氏日本を憂う②
 四国新聞16年8月15日
 早明浦(さめうら)ダムの貯水率は今日にも50%を切りそうである。雨がほしい。




 昨日の続きです。


 ファラオの申し子が一喝!


 「売春大国」韓国に追究資格あるの? 

フィフィ氏 韓国が「売春大国」であることは国際社会では有名です。ある統計では、売春の年間総売上高が国民総生産の5%を占めるなんて調査報告もあるほどです。

 カナダでは中国や韓国の女性5百人超が誘拐されカナダで売春が強要されており、摘発されました。マカオでも韓国の売春婦が大量検挙されましたし、米国務省の報告書にも韓国人女性を売春で食い物にしていたシンジケートについて記されています。

 私、慰安婦の問題で不思議だと思うのは、韓国が「女性が蔑(ないがし)ろにされた、日本が酷(ひど)い扱いをした」という割に売春する女性を未だに世界中に輸出して問題になっているわけじゃないですか。彼女たちは誰一人無理やり連れてこられたわけではないんですよ。それどころかブローカーがまた韓国人だったりするわけじゃないですか。

 世界中の多くの他の国々では、韓国のようには売春はやっていないはずですよ。慰安婦だけに絞って日本に賠償しろとか言いながら、一方で世界中に売春を輸出している。おかしいです。

 そりゃ戦争なんだからたぶん慰安婦みたいな人たちはいたと思うよ。でも、それは日本政府が要請したのか、韓国側が連れてきたのか、といえば…。

井上氏 韓国人が連れてきたようですね。

フィフィ氏 ブローカーみたいな人が連れてきたんでしょ。で、それも韓国の人だった。そうすると、今の構図と全く一緒じゃない。


 正論を封じ、茶化す空気を憂う

フィフィ氏 ところで井上さん、タレントのイモトアヤコさんの番組見ました?日本テレビの「世界の果てまでイッテQ」で彼女が中南米のコスタリカを訪ねたんです。コスタリカは英国の研究機関NEFの調査で「世界でいちばん幸せな国」に選ばれていて、その理由は「軍隊がない国」というのがひとつ、もうひとつが「自然エネルギー先進国」であるというんですね。

 番組ではイマトさんが「軍隊ないと幸せなの?」って言いだした。スタッフは「戦争にならないからじゃないの」。すると、イモトさんは「でもさ、こっちが仕掛けなくても、もし向こうから来たときにアチャーってなるじゃないですか」。番組ではイマトさんに「自称反抗期のイモト、いろんなことに突っかかる」とテロップを流してお茶を濁していました。

 私がもうひとつ気になっているのは、普通で当たり前のことを口にするのを憚(はばか)らなければならない雰囲気。「イモトさん、あの発言で仕事がなくなっちゃうんじゃないか」と心配する人たちが出てくるんですよ。「そんな大変なこと口にしたら圧力がかけられる」とかね。そういう風潮が存在することが不思議でしょうがない。

 一方で原発反対とか、戦争法案とか言っている人たちは全然お咎めなし。あっち側の人たちって「自分たちには圧力がかかっている」とかよく言っているでしょう。でもあっち側は全然仕事なくならないじゃないですか。


フィフィ氏 私、アメリカに留学した時にこんなことがあったんです。その時私、めっちゃ悪い成績をつけられた。納得できなかったので先生に「おかしい」と訴え出たんですが、先生は「あなた、授業中、手を挙げないよね」。私は「でも私、ほとんど分かってる」と反論しましたが「あなたの中身は日本人」って諭されたんです。

 日本人って「はいはい」と手を挙げて目立つのを憚るでしょう。でも海外は違う。「そんなことをしていたら、あなた、この国で負けますよ。それはあなたが持つ日本の悪いところで、海外でそれでは負けます」って言われたの。

 でもこれって日本の置かれている状況と同じだと思うんです。そうした経験が私の原点にあって私の好きな日本にどうしても言っておきたいことです。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター