朝日は狂ったように安保政策に反対している

朝日は狂ったように安保政策に反対している
 毎日新聞16年8月25日
 北朝鮮は8月24日またミサイルを発射した。しかも潜水艦から。どんどん性能を上げている。
朝日は狂ったように安保政策に反対している
 民兵の乗った中国漁船や海警局の公船が連日のように尖閣諸島海域を領海侵犯している。
朝日は狂ったように安保政策に反対している
 朝日新聞15年9月15日社説
朝日は狂ったように安保政策に反対している
 朝日新聞15年9月16日社説
朝日は狂ったように安保政策に反対している
 朝日新聞15年9月17日社説
朝日は狂ったように安保政策に反対している
 朝日新聞15年9月18日社説
朝日は狂ったように安保政策に反対している
 朝日新聞15年9月19日1面トップ
朝日は狂ったように安保政策に反対している
 朝日新聞15年9月19日社説
朝日は狂ったように安保政策に反対している
 朝日新聞15年9月20日1面トップ
朝日は狂ったように安保政策に反対している
 朝日新聞15年9月20日社説
朝日は狂ったように安保政策に反対している
 朝日新聞15年9月21日社説
 (これらはごく一部。連日1面、2面、3面、「天声人語」など満載)
朝日は狂ったように安保政策に反対している
 産経新聞16年8月21日
 リオ・オリンピックで最も驚いたのが男子400リレーの銀メダル。





 朝日は狂ったように安保政策に反対している


 ある人に、「朝日新聞が10日連続でSEADLs礼賛記事を載せるようだ。朝日は狂ったんじゃないか?」と言ったら、馬鹿にされた。今に始まったことじゃないという。それで約1年前の安保法案でもめていた時の朝日新聞の記事を調べてみた。

 私はこの時期の朝日新聞も欠かさず読んでいた。しかし、図書館で調べてみて驚いた。連日1面、2面、3面などに安保記事があり、「天声人語」、社説もほぼ「安保反対」一色!!(写真はそのごく一部)。共産党の機関紙「赤旗」顔負け。朝日は報道機関というより運動体。



 きちんと根拠があって反対ならそれはそれで分かる。それなら朝日新聞は中国や北朝鮮の脅威にどう対抗すべきと考えているのかと思って社説を読んでみた。あいかわらずのソフトクリーム路線15年9月18日の朝日社説には「中国の軍拡や海洋進出にどう向き合うかは日本の大きな課題だ。だがそれは、抑止偏重の法案だけで対応できる問題ではない。仮に南シナ海での警戒・監視に自衛隊を派遣したとしても、問題は解決しない。これからの日中関係を考えるカギは『共生』であるべきだ


 先日考察したように、中国は空白地帯や環の弱い部分を見つけたら、躊躇なく侵略してくる。南シナ海がよい例である。


 中国の軍拡の実態について、週刊新潮の櫻井よしこさんのコラムから再び抜粋して引用する。


............ ...........


 中国の軍拡の実態を元防衛庁情報本部長・太田文雄氏が指摘する。

 中国は日本の航空自衛隊の第4世代、最新鋭戦闘機10個連隊分に相当する300機をわずか3年で製造し、昨年段階で日本の293機に対して730機を数えた。そして、この1年でさらに80機を増やして810機になった。

 中国は2020年の東京オリンピックまでに海軍主要艦を、270~280隻は持つだろう。世界最大規模のアメリカ海軍の保有する280隻に並ぶことになる。

 潜水艦では、わが国は現在16隻、20年までに20隻に増やす。中国はいまの71隻を20年までに100隻にする。

 尖閣防衛と密接につながる台湾防衛に関して、日米が活用できる基地は沖縄の嘉手納1か所だ。他方中国は、台湾向けに出動できる基地をすでに39か所確保済みだ。しかも内16基地は、わずかこの5年間で作り上げた。

 中国の軍事力の過小評価は間違いである。私たちは容易ならざる事態に直面している


........... ..........


 勿論、基本は話し合い(外交)によるべきである。「共生」したい。しかし中国は徹底的にリアルである。背後に武力のない話し合いなど鼻も引っかけない。相手が弱いとみればかさにかかってくるのが中国。最低でも性能のいい武力を中国の3分の1は持つべきである。

 そのうえで、アメリカを中心に、オーストラリア、ASEAN諸国、インドなどと同盟関係を強めるべきである。宣伝戦(国際世論を味方につける)も非常に重要である。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター