困った人たち

困った人たち
 讀賣新聞16年8月29日
困った人たち
 今日の香東川潜水橋。今朝未明の雷を伴う大雨で、涸れかけていた川が渡れなくなった。早明浦(さめうら)ダムの貯水率は35%くらいであったが、幾分回復する模様。今年は台風がすべて北に逃げていく。もう少し雨を!





 困った人たち


 所在不明児というのがいるらしい。基本的には親の責任である。今日の讀賣新聞に載っていた事例などはため息しか出ない。新聞は「警察・行政 窮状見落とす」と書いているが、保護すればしたで窮屈な生活を嫌がり逃げ出し、無責任な親から子供を引き離したら、ジンケン派(あるいは名を売りたい)、無責任なメディアや弁護士、大学教授、評論家などが騒ぎ出す。

 地方公務員の人件費は@年間900万円くらい(首都圏なら@1000万円)。1対1でかかわるわけにもいかない。親も兄弟も見放したような人たちを警察・行政はどうすればいいのか。しばりつけておくわけにもいかない。本人はともかく、無責任に子供をつくり出生届も出さなかったりして、無知・貧困・犯罪の連鎖が続いていく。子供だけでも救い出すべきだが。

 讀賣新聞8月29日の記事を抜粋してご紹介します。


........... ..........


所在不明児 流転の果て
埼玉・祖父母殺害の元少年


 埼玉県川口市で2014年、祖父母を刺殺したとして、強盗殺人罪などで懲役15年の判決が最高裁で6月に確定した元少年(20)が、讀賣新聞の取材に応じた。小中学校に通わず、母親(43)に連れられて各地を転々とした日々。元少年の言葉からは、所在不明児を救い出せなかった行政のほころびが浮かぶ。  (稲垣 信さん)


 ■小5から迷走

 「親に言われ、あちこちついて行き、着いた先がここという気持ちです」。東京拘置所で記者の面会に応じた元少年は、そう話した。

 一家の迷走は、小学5年生の頃に始まった。養父と母親に連れられ、07年10月に埼玉県から静岡県に転居したが、3か月後には埼玉県に戻った。養父が日雇いの仕事で稼ぎ、ラブホテルに泊まった。母親はパチンコなどで浪費を重ね、宿泊代がなくなると、ホテルの敷地にテントを張って寝た。

 妹が生まれた10年、一家4人は横浜市に移った。公園などで野宿し、生後数か月の妹の出生届は出されなかった。

 〈外で生活していたときに何度もあった職務質問〉〈居所不明児童の疑いが持てたかもしれない〉。少年刑務所に移された後、取材への回答を記した手紙では、警察や行政が元少年の窮状に気付く機会があったことを明かした。

 横浜市ではいったん生活保護を受給し、市内の簡易宿泊所に移ったが、母親が窮屈な生活を嫌がり、11年に別の場所に転居。さらに同年秋に無断で埼玉に移った。生活保護は打ち切られた。

 12年には義父が失踪し、生活は一層困窮。17歳だった14年3月、母親から「祖父母を殺してでも金を借りてくるように」と指示され犯行に及び、現金約8万円を奪った

 同年12月のさいたま地裁の裁判員裁判判決は、「殺害の決意は母親の養育や言動に大きく左右された」と指摘した。


 ■一時保護断る

 一家は住民票を残したまま転居を繰り返し、行政上、元少年の存在が長期間消えることにつながった。

 元少年が静岡県から埼玉県に戻った際、静岡の自治体は転校先を把握できなかった。1年後に静岡の小学校から除籍され、住民票も抹消されたという。元少年は埼玉で学校に通わなかったが、行政がそれを知るすべはなかった。

 横浜市では住民登録したものの、再び埼玉に移った際には13年秋まで届を出していなかった。このため、横浜市の児童相談所が11年3月と9月、元少年の所在を全国の児相に照会したが、消息は分からなかった。

 一家が横浜で保護された際、同市は児相での一時保護を提案している。だが、母親らが「子供と暮らしたい」と希望したため、実現しなかった。〈子供が(親の前で)本音を出して助けを求めるのはかなり難しい〉。元少年は、手紙で子供が持つ心理もつづった。

 国は11年以降、所在不明児について、自治体間で情報共有の確認を徹底するよう繰り返し通知している。だが、親が行政との関わりを避けていた元少年のようなケースは、「所在の把握は困難を極める」(横浜市)のが実情だ。


以下略


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター