国際社会のジレンマ

国際社会のジレンマ
 毎日新聞16年9月23日
国際社会のジレンマ
 産経新聞16年9月15日
 韓国紙・東亜日報は、「北朝鮮の核に対して日本と協力していくために、ソウルの日本大使館前に設置された少女像(慰安婦像)を移転させるべきだ」とする論説主幹のコラムを掲載した。極めて異例のこと。
 北と戦争になった場合ソウルは火の海になり韓国経済は崩壊、北の金王朝が崩壊しても2千万人以上の貧民の救済と、どちらにしても日本の世話にならざるを得ない。あれだけ執拗に嫌がらせを続けていた国が、見事な手のひら返し。熱が冷めたらまた、嫌がらせが始まる。そういうことを恥と思わない国である。大国を手玉にとって頭がいい国と思っている。歴史的にそういうことを繰り返している。
国際社会のジレンマ
 日経新聞16年9月18日
 米イリノイ州では巨額財政赤字で高齢者福祉が危機的な状況になっているという。アメリカが「世界の警察官」であり続けられない理由のひとつ。世界はますます無秩序になりかねない。日本もいつまでも甘えていられない。
国際社会のジレンマ
 今日の香東川潜水橋。5㌢くらい水が溢れている。
国際社会のジレンマ
 マック。フナッシーセット?390円。





 国際社会のジレンマ


 先日、ブログで「国家崩壊が最悪」と書いたが、本当にその通りである。いろいろ問題があるとしてその政権を外部から武力で倒しても、権力の空白を招いて、文字通り弱肉強食の世界になり、状態は一層悪化しかねない。ジレンマである。

 先日、産経新聞に元台湾駐日経済文化代表処代表(いわば駐日大使)の羅 福全さんが語っていた。念のため書いておくと、台湾は1947年から1987年まで約40年間戒厳令が布告されていた。世界最長である。羅さんは長い間台湾政府のブラックリストに乗っていて、日本及びアメリカ(国連職員)に住んでいたが、親が死んでも葬式にも出られず、墓参もできなかった。

 「何が幸せかというと、台湾も民主化を実現したことです世界ではわずか14%の人しか民主国家に暮らしていません。大きな世界の中で、私は幸福な社会にいるわけです」


 毎日新聞9月23日、客員編集委員の西川 恵さんのコラムを抜粋してご紹介します。


.......... ..........


 突きつけられた課題


 国連総会の場で2つの問題を巡り関係国がしのぎを削っている。一つは北朝鮮問題。もう一つはシリア問題。前者は核開発・核実験、後者は泥沼化した内戦。問題の性格は異なり、地域も離れているが、この2つは通底する部分が小さくなく、重い課題を突きつける。

 シリアでは今月12日、アサド政権と反体制派の一時停戦が成立した。しかし米軍主導の有志国連合が政権軍の拠点を誤爆したとみられる事件や、人道支援物資を積んだ国連機関やシリア赤新月社(赤十字に相当)の車列が攻撃され、支援員らが死亡する事件が発生。停戦崩壊の瀬戸際にある。

 一方の北朝鮮の核実験を巡る追加制裁では、関係国の外交調整が続いている。今回は中国も追加制裁に前向きのようだが、どこまで踏み込むか不透明だ。


 シリア、北朝鮮の両問題は難しい課題を突きつける。「国民を抑圧し、周辺地域に大きなリスク要因となっている独裁者は倒されてしかるべきなのか、それとも独裁者がいることでからくも保たれている安定の方を重視すべきなのか」だ。

 北朝鮮は人権侵害や大量破壊兵器開発という問題をはらみながらも、閉鎖的な独裁体制が奇妙な秩序安定をもたらしている。独裁者を倒そうとして、逆に混乱を招いたのがシリアの現状だ。


 国際社会はこの種のジレンマにこと欠かない。米英は2003年、国民を抑圧し、クウェートを侵略したイラクのフセイン政権を力で倒したが、権力の空白を招いて混乱が続く。11年に米欧の軍事介入で倒れたカダフィ政権のリビアも同様だ。

 うまくいった例イランかもしれない。経済制裁を科しつつ、さまざまな果実を与えて国際社会との融和へ導いた。もっともイラン国内で自由な選挙が行われ、民意を反映したロウハニ大統領が選ばれるという内からの変化もあってのことだった。

 北朝鮮が国際社会との協調姿勢を捨て、強硬一本ヤリになればなるほど、先の課題がより切実さをもって迫ってくる。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター