下司男(げすお)

下司男(げすお)
 産経新聞16年10月10日
下司男(げすお)
 2016年7月鹿児島知事選挙
下司男(げすお)
 毎日新聞16年8月27日
下司男(げすお)
下司男(げすお)
 (講談社)
 日本の漫画はスゴイ!赤血球や白血球、血小板、キラーT細胞、ヘルパーT細胞、NK細胞、細菌などが漫画になり、しかも売れている!。「話題の細胞擬人化漫画」累計70万部突破だとか。3巻まで購入している。





 下司男(げすお)


 トランプ大統領候補は真正の下司男(げすお)である。ブッシュ元大統領の従兄弟などとの会話を全訳で読んだが、ひどいものである。男同士でのロッカールームでもあのようなひどい会話はしたこともなければ、聞いたこともない。こんな人間を大統領にしてはいけない


 話は変わるが、私は今年7月に行われた鹿児島知事選挙に注目していた。伊藤祐一郎知事(68)が4選をめざして、元テレビ朝日記者の三反園訓みたぞの・さとし:58)氏と争った。

 現職の伊藤氏は東大卒、元総務省キャリアで3期目。普通に考えたら負けるはずがない。しかし結果は、伊藤氏34.2万票、三反園氏42.6万票と完敗であった。

 ひとつには、川内(せんだい)原発の再稼働問題があった。もうひとつは、伊藤氏が講演で、「女子にサイン、コサイン、タンジェントを教えて何になるのか」と言ったことがある。

 私に投票権があったら、このひと言で伊藤氏には票を入れない。少なくとも知事であるならば、30年くらい先までは見通しておくべきである。伊藤氏個人は家柄、成績がよく、たまたま団塊の世代に属していた幸運もあり、配偶者は専業主婦でおられたかもしれない。

 しかし、世界を見回しても、今後10年、20年先を考えても、夫婦共働きが当たり前である。変化の激しい時代、今後終身雇用は期待できない。また、年金の支給開始年齢はどんどん繰り上がっている。片方に何かがあった場合どうするのか?共働きするかしないかは別として、男女ともに潜在的な力は蓄えておくべきである。

 伊藤氏の発言は男尊女卑の臭いがするうえ、学歴・職歴にかかわらず白痴ではないかとも思われる。このような発言・発想をして知事として信任されると考える方がおかしい。下司男(げすお)は負けて当然である。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター