生き物の性生活

生き物の性生活
 週刊現代16年11月12日号
生き物の性生活
生き物の性生活
生き物の性生活
生き物の性生活
生き物の性生活
生き物の性生活





 生き物の性生活


 今日久しぶりに、お昼に喫茶店に行って週刊現代を読んだ。最新号(2016年11月12日号)である。サラリーマン時代に何事もS・A・B・C・Dで5段階評価する癖がついた。私的にはS記事が1本だけあった。あとはどうでもいい。購入した。

 「今週のへえ~、そうなんだ」という欄である。『生きものたちの秘められた性生活』 ジュールズ・ハワード著(KADOKAWA)1900円をネタ本にしたコラムである。抜粋してご紹介します。


.......... ..........


 カモは、鳥類にないはずのペニスを持ち、しかも生え変わる


 子孫を残すうえで性交が欠かせないのは、人間を含めた多くの生き物に共通する。だがその方法は、それぞれの生き物の生活環境や進化の仕方によって、大きく異なる。

 
 例えば、トラの繁殖期は、一般的に2月から5月にかけての、わずか数日だけ。この間に、トラは約2日間で100回以上の交尾を行うという。妊娠成功率が低いので、回数で補っているというのが学説だ。

 
 また。鳥類のなかで珍しい生殖を見せるのがカモ。カモは本来鳥類にないはずのペニスを持ち、それが大きく膨張するのだが、大きさが半端ではない。ヨーロッパに生息する体長40㎝ほどのアカオタテガモの場合、繁殖時にはペニスが体長の半分、20㎝に到達するまでの大きさになる。

 しかも、このカモのペニスは毎年生え変わることが確認されている。繁殖期の終わりには萎み、次の繁殖期が始まるとまた再生する。

 ある研究によれば、オスが他の個体と激しく競争しなくてはならない環境に置かれるほど、ペニスが大きくなるという結果が出ており、競争に勝ち抜くために生殖器が進化を遂げたことがわかる。


 海洋生物にも面白い生殖を行う生き物がいる。

 例えば、チョウチンアンコウの仲間であるビワアンコウ。深海で暮らしているが、メスが最大120㎝程なのに対し、オスは最大でも15㎝程にしか成長しない。

 広い深海に棲むアンコウにとって、同じ種類の異性と遭遇する機会は極めて稀。そのため、オスはメスを見かけたら千載一遇のチャンスを掴むべく、メスに噛み付く。これが、アンコウの生殖行為の始まりだ。

 噛み付いたオスの唇とメスの皮膚は徐々に融合。最終的には血管までもがつながり、2匹は栄養も共有するようになる。やがて、オスの体は吸収され、最終的に肥大化した精巣だけが残る。オスは、子孫を残すための「器官」だけになるのだ。


 やはりどんな動物であれ、新たな生命を繋ぐメスのほうが強いのかもしれない。   (岡さん)


..........


 「まとめ知識」を抜粋

 意外と知らない生き物の性生活

亀のペニスは頭より大きい
 甲羅の長さの半分以上の大きさがあり普段は体の中に収納されている。

クジラの射精量
 ミナミセミクジラのペニスは2.5mもあり1回の射精量は1トンを超える。

最も交尾時間が長い生き物
 ガラガラヘビ。いちど交尾を始めると、23時間近く絡み合って離れない。


................................................................................................................


(感想・意見など)
  
 現存する生き物は、すべて生存競争の勝者。生き残ってきたのには理由がある。
 しかし、生まれ変わっても、ビワアンコウのオスだけにはなりたくない。恐怖!!


 「てっちゃん 雑文集」で、2011年8月2日の「生存と繁殖」、2016年2月3日の「男は繊細で哀れな存在」などをご覧下さい。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター