コリアンの宿痾

コリアンの宿痾
 朝日新聞16年11月13日
 崔ゲート事件に抗議するデモ。警察推計26万人、主催者発表100万人。他に代わるべき人がいないため、何だかんだ言っても朴槿恵(パク・クネ)政権に期待していただけにガックリ。トランプ大統領誕生よりショック。金大中(キム・デジュン)、蘆武鉉(ノ・ムヒョン)のような従北左翼政権が誕生したら、韓国のダメージは大きい。朴槿恵もコリアンの宿痾から逃れられなかった。
コリアンの宿痾
 日本周辺の地図
コリアンの宿痾
 産経新聞12年10月17日
 半島国家の地政学的困難について書いている。
コリアンの宿痾
 李朝末期(1890年頃?)のソウル中心部。ほとんど古代のまま。
コリアンの宿痾
 恐らく百冊以上の朝鮮モノを読んできたが、コリアのあり方に否定的な本がほとんど。
コリアンの宿痾
 朴槿恵(パク・クネ)のお父さんの朴正凞(パク・チョンヒ)大統領は偉大であった。国の在り方を何としてでも変えたがったが、部下に暗殺されてしまった。
コリアンの宿痾
 秋の香川県立桜井高校の裏門の並木。この高校は創立20年ほどの新しい学校。高松に帰ってくるまで存在を知らなかった。この周辺は大規模な土地区画整理事業で全く変わってしまった。





  コリアンの宿痾


 朝鮮半島は日本列島に突きつけた刃(やいば)のようなものである。世界的に明治維新前後は帝国主義の時代。日本は世界中が欧米の植民地になっているのを見て、「ご一新」を起こした。徳川慶喜は、戦えるだけの武力を持っていたにもかかわらず、内戦を外国勢に利用されるのを恐れて、矛を収めたとも言われる。

 朝鮮は、ロシアが狙っていた。特にロシアは、シベリア鉄道をどんどん延伸して南下していた。朝鮮半島の地形は、東側が山脈で、西側はフラットである。西側からロシアないし清が攻め込めば、満洲から釜山まで数日で征服できる

 もし、朝鮮半島の付け根付近にアルプスのように3千㍍級の山脈が横たわっていれば、朝鮮や日本の歴史は大きく変わっていた。朝鮮はチャイナの属国のようになることはなかっただろううし、日本も日清・日露以降の戦争もなかった可能性が高い。

 日本の安全保障上、朝鮮半島のもつ意味は大きい。しっかりしてもらわねば困る。


.......... ..........


百数十年前に欧米人が書いた朝鮮に関する本から抜粋してご紹介します。


①感情的
■フランス人宣教師シャルル・ダレ「朝鮮事情」より抜粋

韓国人は怯えながら生きる生活を続けていたので、感情の安定を失った民族になった。
おそらく韓国人は世界一怒る事を好む民族だろう。
怒る事が不安や焦燥感を解決するのだ。
代償行為になるし、自尊心を守る手段にもなる。
その自尊心も、虚飾によって作られた自尊心である。

だから、ちょっと触れただけで傷つき、怒りの感情が爆発する。


②精神異常
■1886~91年に朝鮮で布教したアメリカ人宣教師ホーマー・ハルバート「朝鮮亡滅」より抜粋

韓国人は本当に怒ると、正気を失う。
自分の生命すら見えないような状態になり、牙のある動物になってしまう。

口の周りに泡が溜まり、更に動物のような表情になる。
悲しい事だが、この怒りの衝動で理性を忘れる悪弊は、男だけではない。
女は立ち上がって酷い大声で喚くので、最後には喉から声が出なくなり、次には強烈に嘔吐する。

精神錯乱になった女を見る度に私は思う。
「どうして脳卒中で倒れなかったのか?」と。
韓国人は子供の時から、自分の気持ちを制御する術を学ぶ事がないらしい。
子供も親を見習って、自分の気に入らない事があると、狂人のように大暴れする。
結局、欲望を達成するか、あるいは長時間の後、鎮静に戻るか、そのどちらかに落ち着く。
 
後に火病という朝鮮にしか存在しない精神病が同じ症状だといわれている。


③依存心
■スウェーデン人の記者アーソン・グレブスト「悲劇の朝鮮」より抜粋

将来性がなく、中国人以上に酷い民族である。
1000年前に眠った場所に留まり続けている。

更に良くないのは、その眠りから覚めようとしない事だ。
韓国人は独立が嫌なのだ。できれば他者に依存して責任回避をしたいのだ。
彼らの望むことは、何の心配もなく平和に暮らす事だけだ。

「独立」と言う言葉は、彼らにとって恐怖を意味し、不信や無法と同じである。


④不潔
■イギリス人女性イザベラ・バード「朝鮮紀行」より抜粋

ソウルを描写するのは非常に憂鬱だ。
北京を見るまで私はソウルこそ、この世で一番不潔な町と思っていたし、

紹興へ行くまではソウルの悪臭こそ、この世で一番酷い匂いだと考えていた。
都会であり首都であるが、その粗末な様子は表現が難しい。

礼節から二階建ての家は建てられず、したがって推定25万人の住民は
迷路のような細い道の「地面」で暮らしている。

道の多くは荷物を積んだ、牛が通りにくい程の狭い道で、
家々から出た小便と大便を受ける穴か溝で更に狭くなる。

悪臭が酷い。 

その穴や溝の横に好んで集まるのが、土の埃で汚れた半裸の子供たち、
皮膚病と眼病を患った大きな犬で、犬は汚物の中で転げまわり、日光の中で瞬きしている。
ソウル名物は水路である。

蓋の無い広い水路を黒く汚れた水が、川の底に堆積した排泄物やゴミの間を悪臭を漂わせながら、
ゆっくりと流れていく。

もはや水とは呼べない混合物を桶に汲んだり、小川とは呼べない水溜りで洗濯している女達の姿・・・


⑤文化が無い
■イギリス人女性イザベラ・バード「朝鮮紀行」より抜粋

ソウルには芸術品は全く無い。
公園も無い。

見るべき催し物(イベント)も無い。
劇場も無い。
日本や中国の都会にある魅力がソウルには全て無い。

古い都ではある。
しかし、旧跡も無い。
文献も無い。

宗教に無関心だった為、寺院も無い。


⑥怠惰
■アメリカ人のジャーナリストのジョージ・ケナンの報告より抜粋

日本から朝鮮に行った旅人がまず驚くことは、
日本の清潔、秩序、勤勉、繁栄に対して、
朝鮮の不潔、混乱、怠惰、荒廃との間の著しい差異である。


⑦嘘つき
■アメリカ人のジャーナリストのジョージ・ケナンの報告より抜粋

韓国人の大部分は2つに分類される。
大袈裟な事を言う人間。
恥を知らずに、平気で嘘を言う人間。
この2つである。

これは遺伝と教育が原因だ。
だから韓国人が話す「日本人の悪行」を信じるな。


⑧残酷
■1886~91年に朝鮮で布教したアメリカ人宣教師ホーマー・ハルバート「朝鮮亡滅」より抜粋

動物がとても苦しがっていても、一般の韓国人は完全に無関心である。
道路に病気になった猫や犬、怪我をした鳥などがいると、子供も大人も老人も石や棒で、
この哀れな動物をいじめ殺してしまう。

路上で不運な犬が首に縄をつけられ、犬肉店に牽引されていく時、子供の群れが騒ぎながら、追跡する。
子供達は可哀相な犬が首を絞められ、 最後の抵抗をするのが見たいと期待している。
そして興奮している。


.......... ..........


 朴正凞(パク・チョンヒ)大統領語録


 日本の朝鮮統治はそう悪かったと思わない。自分は非常に貧しい農村の子供で学校にも行けなかったのに、日本人が来て義務教育を受けさせない親は罰すると命令したので、親は仕方なしに大事な労働力だった自分を学校に行かせてくれた。
 すると成績がよかったので、日本人の先生が師範学校に行けと勧めてくれた。さらに軍官学校を経て東京の陸軍士官学校に進学し、首席で卒業することができた。卒業式では日本人を含めた卒業生を代表して答辞を読んだ。
 日本の教育は割りと公平だったと思うし、日本のやった政治も私は感情的に非難するつもりもない、むしろ私は評価している。

 — 金完燮 日韓「禁断の歴史」p.212 小学館 2003年10月



「我が半万年の歴史は、一言で言って退嬰と粗雑と沈滞の連鎖史であった」

「姑息、怠惰、安逸、日和見主義に示される小児病的な封建社会の一つの縮図に過ぎない」

 — 朴正煕選集2 国家・民族・私 p.234



「わが民族史を考察してみると情けないというほかない」

「われわれが真に一大民族の中興を期するなら、まずどんなことがあっても、この歴史を改新しなければならない。このあらゆる悪の倉庫のようなわが歴史は、むしろ燃やして然るべきである」

 — 朴正煕選集2 国家・民族・私 p.238



 李氏朝鮮について次の言葉を遺している。

「四色党争、事大主義、両班の安易な無事主義な生活態度によって、後世の子孫まで悪影響を及ぼした、民族的犯罪史である」

「今日の我々の生活が辛く困難に満ちているのは、さながら李朝史(韓国史)の悪遺産そのものである」

「今日の若い世代は、既成世代とともに先祖たちの足跡を恨めしい眼で振り返り、軽蔑と憤怒をあわせて感じるのである」

 — 朴正煕選集1 韓民族の進むべき道 p.92



以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター