FC2ブログ

われわれは破れた靴下である

われわれは破れた靴下である
 福岡県玄界灘の相島(あいのしま)は猫島として有名。約100匹の猫がいる。
われわれは破れた靴下である
 この白い猫は、島一番のモテ猫。8匹のオスが求愛している。
われわれは破れた靴下である
 まさに「猫可愛がり」
われわれは破れた靴下である
 トビやオス猫に狙われているので、母猫は目が離せない。
われわれは破れた靴下である
 (文春文庫) 20数年前に単行本(平凡社)を読んで感動した覚えがある。日本のサル学はたいしたものである(下巻のカバー写真がハヌマンラングール)。
われわれは破れた靴下である
 私の聖書





 われわれは破れた靴下である


 11月20日(日)19時30分からのNHK「ダーウィンが来た!」がよかった。「潜入!秘密のネコワールド」。福岡県沖合8キロ、船で20分の相島(あいのしま)の猫たちを追ったもの。


 猫たちが可愛かったのは勿論、2つの点を再確認した。


 島一番のモテ猫(白)は8匹のオス猫から求愛されていたが、最終的にメス猫が選んだのは「よそ者の家猫」であった。

 中学生のときに読んだ本に、「われわれは破れた靴下のようなものである。近親者同士が結婚すると、破れた箇所が同じような場所にあり、欠陥が発現しやすい。ある程度離れた者同士だとお互いが破れをカバーする可能性が高いので、離れた者同士が結婚したほうがよい」、と書いてあった。

 その後、「破れた靴下」という表現は聞かないので、何か不都合があるのかもしれないが、私は信じている。16年11月3日のブログ「女と男」で、「女は男の免疫の型が、男は女の排卵期が、においでわかる」(竹内久美子さん)ことをご紹介した。

 われわれは、無意識のうちに、自分と違った(免疫の)型の持ち主を選ぶように出来ているようである。

 ウソかまことかは分からないが、男が平家の落人の里に迷い込んだら、夜、「お情けを」と言って、妙齢の美女が同衾してくるという話を読んだことがある。アラスカのイヌイット(エスキモー)も、女性が同衾して歓待することがあるという話を聞いたことがある。経験的に、狭い仲間内で、血が濃くなると不味いことが起こり易いことを知っていて、そうするのかもしれない。


 もう1点は、憂鬱な話ではあるが、〈子殺し〉のことである。

 私が動物の〈子殺し〉をはじめて知ったのは、立花隆さんの「サル学の現在」による。こうある。

 「京都大学霊長類研究所の杉山幸丸教授は、世界ではじめて、サルの〈子殺し〉行動を発見した人として、国際的に有名である」「子殺しというショッキングな事実が発見されたのは、インドに広く生息しているハヌマンラングールというサルにおいてである」

 その後、ライオンチンパンジーでも同じようなことがあるのを知った。ネコも同様であるのは、この「ダーウィン」で知った。母猫が目を離した隙に子猫がオスに殺された。

 なぜ、オスは子殺しをするのか自分の遺伝子を残すためである。

 以前、毎日新聞仲畑流万能川柳の秀句、「赤ちゃんの泣き声で乳張る不思議」(さいたま ぴっぴさん)をご紹介した。

 メスは授乳の対象がいなくなると発情し、オスを受け入れる


 遺伝子の最大の課題は、「生き続けること」。できれば永遠に生き続けたい。しかしそれは不可能(ガンも老化が原因)。だから、コピーを作ろうとして、「生殖(うみふやすこと)」に励む。われわれは、遺伝子にかなりの部分操(あやつ)られている


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター