経済的困窮家庭の児童支援

経済的困窮家庭の児童支援
 毎日新聞16年11月9日
経済的困窮家庭の児童支援
 日本財団の「子どもサポートプロジェクト」TVCM
経済的困窮家庭の児童支援
 今年の私の寄付枠(予算)は使い切ってしまったので、年明けに考えたいと思っている。
経済的困窮家庭の児童支援
 何でもかんでも行政には頼れない。行政は非効率だし、コストパフォーマンスが悪い(平均人件費@900~1000万円)ので、こういうことはいい事だと思う。
経済的困窮家庭の児童支援
 先日午後7時からの自治会連合会の会議出席のためにコミュニティーセンターを訪れたら、横の小学校に灯りが点いていた。
経済的困窮家庭の児童支援
 同時刻の小学校の校庭の片隅の学童保育室?どういうシステムになっているのか、どのようなことをしているのか、無茶苦茶興味がある。夫年収250万円、妻100万円などという共働きの家庭はいっぱいある。病人を抱えている家庭、シングルマザーの家庭、夜勤せざるを得ない人もいる。高松市中央図書館では持ち込み学習を禁止しているため、周辺のマック、ジョイフルなどは勉強する生徒・学生であふれている。家庭が貧しい生徒・学生はどこで勉強したらいいのか?
経済的困窮家庭の児童支援
 昼間の学童保育室?
経済的困窮家庭の児童支援
 香東川河川敷の少年野球場そばのイチョウの木。すでに散ってしまったものもある。





 子どもの環境に興味がある。讀賣新聞11月9日に日本財団の活動が紹介されていた。日本財団はさまざまな活動をしているが、その中のひとつとして、「子どもサポートプロジェクト」がある。①子どもの貧困対策支援、②難病児支援、③児童養護施設出身者への進学支援、がある。

 讀賣新聞で紹介されていたのは、主として①子どもの貧困対策支援に関するもののようである。こうした活動がもっと広がってほしい。抜粋してご紹介します。


.......... ..........


 経済的困窮家庭の児童支援


 経済的に苦しい家庭の子どもを支援するため、公益財団法人・日本財団(東京)は埼玉県戸田市と連携し、放課後に勉強を教えたり、食事を提供したりする最初の拠点施設を11月9日に開設する。

 対象は主に小学校低学年の児童を想定し、食事や片付けなどの生活習慣を身につけ、学習に向かう環境を整える狙いもある。全国の自治体の協力を得て、2020年頃までに100か所程度に広げたい考えだ。


 日本財団と埼玉県戸田市が連携
 宿題指導や読み聞かせ、体験活動


 今回の拠点施設は、児童生徒への学習支援プログラムを続けているNPO法人に運営を委託し、小学1~3年生約20人を受け入れる。

 学用品代や給食費などの「就学支援」を受けている児童らは利用しやすいように無料にするという。

 平屋建て(約150平方㍍)のスペースで平日の放課後から午後6時まで、NPOのスタッフが学校の宿題を個別に指導したり、本の読み聞かせをしたりするほか、地域の人たちの協力を得て、田植えや太鼓の演奏といった体験活動をすることも検討している。

 経済的に苦しい家庭の子どもは、読書や体験活動の機会が少ない傾向がみられ、それを補いたいという。さらに、夕食の配膳を手伝ったり、遊び道具の整理整頓をしたりして、基本的な生活習慣の定着を進める。

 日本財団で拠点施設のプロジェクトを担当する花岡隼人さん(31)は、「自宅や学校以外の『第三の居場所』として悩み事も安心して話せる場を目指し、子どもの自己肯定感や、やり抜く力を育みたい」と語る。

 戸田市の神保国男市長は「コミュニケーションの力や社会性を身につけられるのではないか。他の地域のモデルケースになれば」と期待する。

 日本財団では、拠点施設の効果を検証するため、継続的に調査していく方針だ。

 今夏、全国で開いた拠点施設の説明会には約150自治体が参加し、戸田市のほかにも、約10自治体と開設に向けて協議を進めているという。  (沢井友宏さん)


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター