たいしたことない週刊文春「ユニクロ潜入記」②

たいしたことない週刊文春「ユニクロ潜入記」②
 週刊文春16年12月29日号 
 相変わらずたいしたことない。最後に(以下次号)とある。なんと、まだ続くらしい!??
 要約すると、ユニクロ豊洲店では1割強だった外国人(中国人・韓国人など)比率がビックロでは5割であること。確かに東京のど真ん中で時給千円は安い。安くて日本人が集まらないらしい。最低時給をせめて1100円にはすべき。
 高松でもマックやコンビニなどで外国人がアルバイトしていることがある。香川の有効求人倍率は全国屈指。この10月は1.72。特に①建設②サービス業③輸送・運転が高い。今日も佐川急便が7都道府県で遅配が発生しているというニュースがあった。人出不足は深刻である。別にユニクロに限った話ではない。
たいしたことない週刊文春「ユニクロ潜入記」②
 四国新聞16年12月22日
 鎌田慧(さとし)さんは、トヨタの自動車工場で期間工として働いた経験を1973年、『自動車絶望工場』として著した(小林多喜二の『蟹工船』の向こうを張ったか?)。その後倣う者が続出。横田増生(ますお)さんもその口だろう。
たいしたことない週刊文春「ユニクロ潜入記」②
 私は学生時代に『自動車絶望工場』を読んだが、それほどの感動はなかった。確かにきつい仕事ではあろうが、嫌ならやめればいい。当時、仕事は腐るほどあった。私は、卒業して就職すれば生涯恐らく1社か2社しか経験できず、犬のように働かなければならないのは分かっていたので、20種類ほどのアルバイトを経験した。
 そのうち私に合わない仕事が2つあった。1つは東映太秦(うずまさ)撮影所での映画のエキストラの仕事。時代劇であった。太陽が雲で隠れると休憩になり、チンタラチンタラが性に合わなかった。2日でやめた。
 もう一つは乳業会社でのベルトコンベアーでの仕事。単調な仕事で時間が全く経たないので弱った。人間が駄目になりそうなので、ひと夏でやめた。することがないのに時間だけ拘束される仕事が最悪。その他はそれなりに面白かった。また、真面目に働いたので引く手あまたであった。
 『自動車絶望工場』と同時代にいろいろ働いた私が言うのだから間違いない。実体験のない左巻きの人たちは感動したようであるが。
たいしたことない週刊文春「ユニクロ潜入記」②
 私の店の近くにユニクロがあるので月に1~2度行く。困るのはレジが混んでいること。レジは5~6台あるが、土・日・祝日などは長い行列ができていることがある。そんな時は買わずに帰る。ないと困るものでもないし、何かしら替わるものは持っている。
たいしたことない週刊文春「ユニクロ潜入記」②
 朝日新聞16年12月13日
 現金で支払うだけの場合、人手は不要。私はほとんどこれ。商品にICタグを付けて機械化してもらえないだろうか。商品の袋詰めは自分でしてもいい。数年内に実用化できるのではないか?人件費の節約にもなり、スピードアップでお客様にもメリットがある。
 直し・裾上げ、ラッピング、複雑な支払いの場合などに限り、レジに人を配置すればいい。
 横田さんが問題にしていることは、①店によっては人件費を1割程度上げる②「ロボレジ」の導入、の2点でかなり解決できる。①と②で人件費は相殺できる可能性がある。
たいしたことない週刊文春「ユニクロ潜入記」②
 朝日新聞16年11月22日 作家の津村記久子さん。
 「今現在、日本国内での通販の荷物は驚くほど早く届く」「でもこちらは必ずしも、明日届いて!と思ってもいなかったりする」「通販に『ゆっくりでいい』という選択項目があるのなら、それを選ぶ人もいるのではないだろうか。それで値引きしてくれというのではなく、配達員さんにあまり無理をしてほしくないのだ」「自分の荷物のために頑張りすぎないでほしいと思っている」。
 私も、つい先日通販で注文した時それほど急いでなかったので、「特に指定なし」に〇をした。7日ほどで届いた。それで何も不都合はなかった。こういうことは、私たち自身の問題でもある。私はアマゾンは何か傲慢な感じがして、出来るだけ利用しない。
 三越・伊勢丹グループの一部の店は、正月3日を初売りとし、1日、2日を休業にしている。英断である。ロイヤルホストは、間もなく24時間営業をやめる。定休日導入も検討課題だという。マックも24時間営業店を減らす。コンビニも、半数くらいは文字通り7-11でいいのではないか。
たいしたことない週刊文春「ユニクロ潜入記」②
 高松三越のチラシ
 新年は1月3日(火)午前10時から初売出し。
たいしたことない週刊文春「ユニクロ潜入記」②
 産経新聞16年12月22日
 「楽天トラベル」によると、年間人気上昇エリアランキングで香川県が5位、今年の訪日外国人客の人気上昇ランキングで高松地域が1位となった。瀬戸内国際芸術祭、お遍路の「逆打ち」などが貢献したらしい。



 週刊文春「ユニクロ潜入記」は、やっぱりたいしたことがない!

 特に意外なこともなく、なぜこれだけ執拗に特集しているのか理解に苦しむ???
 第5弾で驚愕の展開があるのか?


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター