朝鮮大学校の闇②

朝鮮大学校の闇②
 産経新聞16年12月9日
朝鮮大学校の闇②
 産経新聞17年2月24日
 朝鮮総連では金正男暗殺の件を話すことはタブー。
朝鮮大学校の闇②
 アキニレにとまるスズメ。丸々としていて喜ばしい。





 朝鮮大学校の闇②


産経新聞16年12月9日「朝鮮大学校 60年の闇」を抜粋してご紹介します。


 不適正運営、是正できぬ都


 東京都は昭和43年、知事の美濃部亮吉(りょうきち)の下で政府の慎重姿勢を押し切り、半ば強引な形で朝鮮大学校(東京都小平市)を各種学校として認可した。朝大に各種税制優遇措置が施される発端となった

 認可した都は、不適正な運営を放置している。朝大の財産管理の問題点を把握しながらも3年以上、ずっと是正できずにいるのだ。

 きっかけは、都が平成25年11月にまとめた「朝鮮学校調査報告書」だ。
 東京朝鮮学園の教育や財務実態を調べ上げ、学園が「朝鮮総連と密接な関係にあり、教育内容や学校運営について強い影響を受ける状況にある」と認定

 さらに「朝鮮総連関係団体に経済的便宜を図るなど、朝鮮学園は準学校法人として不適正な財産の管理・運用を行っている」と断じた。

 都は、学園が小平市にある朝大のグラウンドを朝鮮総連関連企業の債務のため、担保に入れていたことを調査中の同年9月ごろに把握。慌てた都は、すぐに学園側に抵当権の抹消を求めた

 こうした都の配慮を無視するかのように学園は25~26年、グラウンドを分割して相次ぎ売却。売却益のほとんどを関連企業の債務返済のために活用してしまった。

 平成27年11月、関連企業から朝大への返済を促したい都担当者と、学園の幹部が都庁内でひざを交えた。以来、是正されないまま1年が経過し、都が有効打を放てないでいる。


 朝大の用地取得の経緯についても疑問がつきまとう

 『朝鮮大学校設置認可申請書』(昭和42年8月25日付)に、朝大が建つ小平市のキャンパス(約5万5千平方㍍)の土地が、共立産業が地主から譲り受けたものだったとする登記記録が見つかった。

 当時の地主らは共立産業が「トランジスタラジオ工場を建設する」と言いはやしたので、土地を売った。だが、結局、共立産業はダミー会社にすぎず、完成した建物に北朝鮮国旗が翻っているのを見て住民は仰天した。でたらめだったのだ。

 だまし討ちともみなされる手法で土地取得にこぎ着けた朝大では平成11年、在校生の女性暴行容疑で、新潟県警によって教育現場にはあるまじき家宅捜索が行われている。さらに平成28年2月、同大の元経営学部副学部長が詐欺容疑で警視庁公安部に逮捕された。公安当局は北朝鮮から直接指令を受けた元副学部長が韓国での工作活動に関わったとみて事件化に踏み切ったが、東京地検は起訴猶予とした。

 都は朝大の認可の適否を早急に検証する必要に迫られている。  (敬称略)


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター