アスリートの苦悩②…円谷幸吉さん②

 
 2012年8月28日のブログ「円谷幸吉さん②」を再録します。


.......... ............ ...........


円谷幸吉さん②


 12年8月20日のブログ「円谷幸吉さん」で君原健二さんの日経新聞「私の履歴書」を紹介したが、君原さんはその後も円谷さんについて触れている。8月23日と24日分を抜粋してご紹介します。


 メキシコ五輪
必死に逃げて銀メダル
 後続を確認、円谷さんに感謝


 1968年10月20日、メキシコ五輪のスタートラインに立ったとき、私は亡き円谷幸吉さんのことを意識した。「メキシコでもう一度、メダルを取る。それが国民との約束だ」と誓っていた円谷さんの代わりに、自分が走るのだという気持ちだった。

 
 競技場に入るとき、私は東京五輪の円谷さんと同じ状況に置かれていた。「決して振り返るな」という父親の教えを守り通した円谷さんは、ゴール目前でベイジル・ヒートリー(英国)にかわされ3位に落ちた。

 私もふだんは、スピードを落としたくないので、後ろは振り返らない。だが、どういうわけか、このときだけは競技場に入る直前に振り向き、後方の状況を確認した。そして、マイケル・ライアン(ニュージーランド)がすぐ後ろにいることを知る。

 私はもがきながらも、必死に走った。ここまで来たら、何としても2位の座を守りたかった。願いはかなった。2度目の五輪で銀メダルを手にしたのだ。それにしても、なぜ私はあのとき、振り返ったのだろう。円谷さんが天国からメッセージを送ってくれたとしか思えない。


          *          *          *          *


 銀メダルの理由
伴侶得て総合力増す
 自分追い込む競技、支え必要


 メキシコ五輪は納得のいくレースではなかった。何しろ、大事なところで便意を催した。ミスを犯しながら、メダルを取れたのは幸運としか言いようがない。

 8位に敗れた東京五輪と銀メダルを獲得したメキシコでは、私にどんな変化があったのだろうか。パワーもスピードもスタミナも東京のほうが上だった。練習量も東京五輪の前のほうが多かった。

 五輪は独特の雰囲気に包まれている。だから自己記録を更新する選手はなかなかいない。そういう舞台で力を出すには精神面の安定が必要なのだと思う。

 東京五輪後に私は妻帯者となっていた。メキシコでメダルが取れた一番の要因はそこにあると思っている。結婚し、癒やされ、精神的に落ち着いたのが大きかった。その結果、私の競技者としての総合力が上がったのだ。

 そこで私は、どうしても円谷幸吉さん(自衛隊)のことを考えてしまう。東京五輪後に円谷さんは結婚目前までいっていながら、自衛隊の上司に「競技に差し障りがある」と反対され、破談になった。結婚に賛成し、話を進めていた畠野洋夫コーチも北海道に異動となり、円谷さんは相談役を失った。

 一方の私は2年間の文通を経て、結婚に至った。心の平安を得た私と、悩みを打ち明ける相手のいなかった円谷さん。ぎりぎりまで自分を追い込むゆえに、競技者は人の支えなしでは生きていけない。


...............................................................................


(感想・意見など)

 君原さんの8月24日の文章は、上品にまとめているが、当時の円谷さんの上司に対する抗議の書である。

 新たな自衛隊体育学校校長吉池重朝(君原さんは名前は出していない)は、円谷さんの結婚を認めず、円谷さんを支えてきた畠野コーチを北海道に飛ばし、いままでの待遇を見直して、円谷さんにプレッシャーのみを与えて、孤立無援の状況に追いやった。陸上競技での28年ぶりのオリンピックメダリスト、国の宝とでもいうべき人を自死に追いやった。

 哀切極まりない話である。


(以上)


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター