中国の経済統計

中国の経済統計
 産経新聞17年2月9日
 中国では、相変わらず虚偽の報告が相次いでいる。
中国の経済統計
 朝日新聞17年2月11日





 中国の経済統計


 中国の経済統計があてにならないことは、朱鎔基(しゅ・ようき)元首相李克強(り・こっきょう)現首相も認めている。李克強首相は、経済活動の実態を推し量るため、①鉄道貨物輸送量②銀行融資残高③電力消費の3つの指標を加重平均して用いていると言われ、この3つの指標は李克強指数と呼ばれている。

 でたらめな統計には理由がある事実を報告した責任者は失脚させられ、哀れな末路をおくっているからである。もっと悲惨なのは人民である。毛沢東がおこした大躍進運動では虚偽の報告が相次いだため、軌道修正が遅れ、5千万人もの人民が餓死したとも言われている。


 朝日新聞2月11日に中国総局長の古谷 浩さんがそのあたりのことを上手くまとめている。抜粋してご紹介します。


.......... ..........


 統計ほら吹き 透ける圧力


 「過去において、経済統計のデータに水増しがあった」

 遼寧省の陳求発省長がそう明らかにしたのは、今年1月17日に開かれた同省の人民代表大会の場だった。

 昨年の同省の経済成長が目標値に届かなかった理由として、陳省長は「役人が出世のために数字を改ざんしていた」と弁明した。

 改ざんの詳細は今も公表されていない。そもそも問題は、目標未達成ならば、失脚するかも、という共産党の仕組みではないか。

 改革の動きがなかったわけではない。
 1990年代末、朱鎔基首相は「目標値」の発表をやめ、「予測値」に改めた。役人への圧力を減らし、データ改ざんを防ぐ狙いだ。でも、目標を掲げなければ、役人を力ずくで動かすことはできない。定着はしなかった。

 経済統計が、党内の政治闘争と結びついてきた経緯もある


 歴史を振り返れば、毛沢東時代の大躍進運動では、「15年で英国に追いつく」とのむちゃくちゃな生産目標が掲げられたが、「目標達成」との偽りの報告が相次いだ。経済は崩壊し、数千万人とも言われる餓死者を生んだ。

 朝鮮戦争で中国義勇軍の司令官を務めた彭徳懐(ほう・とっかい)将軍は、この過ちを毛沢東に手紙で直言し、失脚した。

 医師らの回想録によると、彭の最期は悲惨である。軍の病院への事実上の幽閉。窓をふさがれた病室で、名前ではなく、番号で呼ばれながらの死だった。


 データを改ざんしていたのは遼寧省だけだったのか。経済統計への不信感は、習氏への権力集中の危うさに対する懸念にも重なる。共産党がこうした声を払拭したいなら、過去の教訓を本当の意味で学ぶべきだと思う。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター