無理が通れば道理が引っ込む、が…。

無理が通れば道理が引っ込む
 朝日新聞17年3月9日
 安倍昭恵夫人の肩書は20とも30とも。脇が甘過ぎる。
無理が通れば道理が引っ込む
 四国新聞17年3月21日 田勢康弘さんのコラム
 「昭恵さんの講演を聞いた際にお目にかかった。話の内容は『私は私』というようなテーマで、首相の妻という立場ではあるけれど、自分のやりたいことをやっているという話だった」「少し意外だったのは名刺に東京と地元下関の住所と電話が記載されているほか、昭恵さんの携帯電話の番号と携帯メールアドレスが記載されていることだ。私でさえも名刺には携帯電話の番号は載せていない。ああ、この人はそういう無警戒なところのある人なのだと感じる」
無理が通れば道理が引っ込む
 朝日新聞17年3月8日、産経新聞17年3月9日
 マスコミ報道は当然と思うが、ご本人は釈然としないらしい。世間と感覚がずれている。そこが心配。
無理が通れば道理が引っ込む、が…。
 朝日新聞17年3月22日
 「この国のため、社会のため、弱者のため、世界の平和のために、休みもなく日々がんばっております」
 おかしな人のおかしな目的のためにがんばるなら、寝ていてもらった方がマシ。

安倍昭恵さんを見ていると、17年2月22日のブログ「やや貧乏くらいが丁度いい?」を思い出した。昭恵さんは森永製菓社長令嬢。雑菌にまみれていない。今どきの高校生の方がもっとすれている。UZUという居酒屋を経営していると聞いてから疑問符?が付きだした。
やや貧乏くらいが丁度いい?
 17年2月22日のブログ「やや貧乏くらいが丁度いい?」より
 鳩山由紀夫氏。東大工学部卒、スタンフォード大・大学院博士課程修了。日本では「宇宙人」、ワシントンポスト紙からはルーピー(loopy:いかれた、変わった、狂った、ばかな)と命名される。このパフォーマンスはルーピーとしか言いようがない。弟の邦夫氏(東大卒)も変わっていたが、兄ほどではなかった。
 金持ちの家に生まれると、いい子供に育つ場合もあるが、雑菌がほとんどいない温室育ちのため、とんでもない子に育つ場合も多い。
 私の松山時代、あるタクシー会社の社長が話しかけてきた。「おたくの会長の息子と僕は大学時代同級生だったんですよ。すごく性格のいい人でしたが、取り巻きが感心しませんでした」。
 その後、会長の息子の噂をいろいろ聞いた。親の反対を押し切って芸能人と結婚したが間もなく離婚、すごい額の慰謝料を払ったらしいとか、スキー場の開発やモータースポーツのF1に莫大な金をつぎ込んだらしいとか。それから数十年して週刊誌に小さな記事が載っていた。千億円単位の金を消失させたため、親が創業した会社の株式をほとんど売却したという。「売り家と唐様(からよう)で書く三代目」。その人は三代目どころか十数代目だったのだが。もう少し雑菌の中で育っていれば……。





 無理が通れば道理が引っ込む、が…。


 世の中無理が通れば道理が引っ込む例は多くある。その人が賢明な人で、ある程度で寸止めができる人であれば、いい人生を送れる可能性が高い。しかし、多くの場合はやり過ぎる。やり過ぎれば反動がくる。この度の森友学園はやり過ぎた例である。籠池夫妻大嘘つきである。あちらこちらで嘘をつき回っている。彼らはそういうことが当たり前になっているのだろう。

 私が新聞・テレビを見て知っているだけでも嘘は5つほどある。
 
 ①金額の違う工事請負契約書が3通ある(国土交通省宛23億8千万円余、大阪府宛7億5千万円余、関西エアポート宛15億5千万円)…明らかに詐欺。これだけで社会人失格。私なら以後絶交する。
 ②愛知県の私立中高一貫校(海陽中等教育学校)に推薦枠があると宣伝(事実と異なる)。
 ③大阪府に提出した教員予定者名簿に公立小教員の名前を無断掲載。
 ④籠池泰典理事長の経歴詐称(×関西大学法学部、〇関西大学商学部、×自治省、〇奈良県庁)。
 ⑤「うちの(塚本)幼稚園には昭和天皇がいらっしゃった」(大嘘!)。

 当然、他にもいろいろあると思われる。


 このような海千山千の籠池夫妻に純粋培養の昭恵さんが適うわけがない。首相夫人は「私は私」という訳にはいかない。最高権力者の夫人ということで利用しようとする輩(やから)がうじゃうじゃいる。女性だからという訳ではない。例えば、英国サッチャー首相の夫、ドイツメルケル首相の夫なども、当然脇を固めたはずである。政治家になった以上、やりたいことがあるはず。配偶者の軽率な行為のせいで内閣が倒れたということになれば、一生後悔することになるのは間違いない。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター