欧州で徴兵制復活の動きが

欧州で徴兵制復活の動きが
 産経新聞17年3月10日
欧州で徴兵制復活の動きが
 産経新聞17年3月8日
 北朝鮮のミサイルは、普天間、佐世保、岩国、横須賀、横田、厚木、三沢などを標的にしている。
欧州で徴兵制復活の動きが 
 四国新聞17年3月21日
 中国人民解放軍の海軍幹部は、南シナ海で「岩礁の埋め立て工事後、中国は一定の主導権を獲得した」「米軍は南シナ海で軍事衝突を起こす力量はない」「危機を積極的につくり出すことで主導権を握り、国家利益を拡大すべき」と述べた。
欧州で徴兵制復活の動きが
 朝日新聞17年3月9日
 国民の7割が自国から逃げ出したがっている国の外相に、「日本は心の病を治すべき」などと言われたくない。
欧州で徴兵制復活の動きが
 最近、至るところでハクモクレンが咲いているのを見る。





 欧州で徴兵制復活の動きが


 最近、欧州で徴兵制を復活している国が相次いでいるドイツやフランスも復活を検討しているという。日本人からすると意外だが、国民の多くもやむを得ないと容認しているという。「非武装中立」論者の多い日本が、世界でも極めて特異な存在であるかが分かる。

 産経新聞3月10日のスウェーデンに関する記事を抜粋してご紹介します。


.......... ..........


 露の脅威 島が最前線
 12年ぶり軍部隊 徴兵制復活


 欧州新たな「難題」に直面している。ウクライナ危機以降、バルト海沿岸諸国などへの軍事的圧力を強めるロシアへの対処だ。スウェーデン軍はバルト海に浮かぶ要衝、ゴトランド島への部隊の再配備に着手した。  (岡部伸さん)


 ロシアによるウクライナ南部クリミアへの軍事侵攻(2014年)を受け、スウェーデンは12年ぶりにこの島への陸軍部隊の再配備を決定。7月からは約160人が常駐する。すでに昨年9月から兵士を交代で派遣し、演習を行っている。

 「ロシアを警戒すべきなのは歴史が証明している」

 2015年、7年ぶりに徴兵制を復活させたバルト三国のリトアニアに続き、スウェーデンも10年に廃止した徴兵制を18年に復活させる。人口1千万人に満たないスウェーデンの軍関係者は約1万5千人だが、18年1月からは毎年、18歳の男女約4千人が11カ月の兵役に就く


 北大西洋条約機構(NATO)非加盟国のスウェーデンは19世紀以降、中立の立場を取ってきたが、NATOとはパートナーシップ協定、米国とは防衛協力協定を結び、安全保障上の関係を強化して軍事的圧力を加えるロシア軍を牽制する狙いだ。

 「『ベルリンの壁』の崩壊、ソ連の解体で平和が訪れると信じた。しかしジュージア(グルジア)とウクライナへの侵攻で、〝夢〟は破れた。今こそバルト諸国が結束してロシアの挑発を抑えるべきだ」。アデン司令官が、備えを急ぐ必要性を訴えた。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター