ババつかみ…日本企業

ババつかみ…日本企業
 週刊エコノミスト17年2月28日号
ババつかみ…日本企業
 産経新聞17年4月6日
ババつかみ…日本企業
 今年4月7日、高松市水道局御殿浄水場の桜。
ババつかみ…日本企業
 高松市水道局御殿浄水場の桜は、大正期に建てられた建物の耐震補強工事のため、間もなく刈られる。生垣はすでに撤去された。あーぁ。
ババつかみ…日本企業
 香東川河川敷に繁茂するナヨクサフジ?





 ババつかみ…日本企業


 週刊エコノミスト2月28日号の「From Editors」欄が頭から離れない。普段は「陰謀論」に与(くみ)しないが、これだけ続くと「国際的陰謀」ではないかとふと思ってしまう。この失敗例から多くを学んで、繰り返さないでほしい。金山隆一さんのコラムをご紹介します。

.......... ..........


 1000億円で受注した客船の損失が2400億円(注:三菱重工)。ゼロ円で買収した企業に7000億円超の減損の可能性(注:東芝)。5700億円で受注した発電所の損失が7634億円(注:三菱重工と日立)。計算ミスだけでは到底ありえない巨額の損失が日本を代表する総合重機で頻発している。

 3件は三菱重工業が米系企業から受注した大型客船、東芝の原子力米子会社ウェスチングハウスによる米S&Wの買収、三菱重工日立製作所の火力発電事業の統合会社が引き継いだ南アフリカの火力発電所の損失だ。

 日本を掃きだめにする謀略が頭に浮かぶ。プラントに詳しい識者は「デジタル化時代のメガ案件は人も資材も扱うデータ量もケタ違いに多く、納期通りに進めるだけでも大変なリスクを抱える。経験のない技術、国ではなおさら高くなる」。英国で原発を請け負う日立はどこまで想定しているのか。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター