上下水道民営化

上下水道民営化
 日経新聞17年4月25日
上下水道民営化
 日経新聞17年3月22日
 松山市では、平成16年(2004年)度から「浄水場の運転や設備の保守」について民間委託を行っている。
上下水道民営化
 「みんなの水」17年2月15日
 香川県は、来年度18事業体を1つの事業体に統合する(岡山県側から受水している直島町を除く)
上下水道民営化
 高松市水道資料館。大正期に建てられた建物の耐震補強工事が始まった。桜の巨木はまだ切られていない。
上下水道民営化
 ツタの若葉が美しい。





 上下水道民営化


 財政厳しき折、「官から民へ」、「民間にできることは民間で」の流れは、滔々(とうとう)として続いている。

 日経新聞4月25日の「一目均衡」に編集委員の西條 都夫さんがコラムを書いている。抜粋してご紹介します。


.......... ..........


 「水のJR」は生まれるか


 東芝の1兆円の赤字が話題になっているが、これとは比較にならない巨額の赤字を垂れ流した事業体がかつてあった。

 その企業は政府から年間3千億円を超える利子補給金をもらっていたが、焼け石に水。ピークの1985年度の営業赤字は2兆円を超え、最終赤字は1兆8千億円に達した。しかも単年ではなく、晩年は毎年のように兆円単位の赤字計上を続けたのだ。

     □     ■     □

 ここまで書けば、どの企業か見当のつく読者も多いだろう。答えは国鉄だ。今月は国鉄が分割民営化され、JR各社が生まれて30年の節目にあたる。

 この間のJRの歩みをどう見るか。国鉄処理にあたっては20兆円を超す国民負担が発生し、今なお返済の途上にある。経営の厳しいJR北海道などでは赤字ローカル線の存廃問題も足元で浮上している。

 だが総じて言えば、民営化は成功だったと評価できるだろう。政治や労働組合に翻弄された国鉄とは打って変わり、JR各社は経営の自主権を回復した。新幹線の高速化や通勤電車の増発で鉄道の再生を進め、薄汚れた駅舎はきれいなビルに変身した。いわゆる本州3社は高収益企業に生まれ変わり、株式時価総額の大きさを誇っている。


 国鉄民営化の成功を他の分野にも横展開し、日本の抱える社会問題の解決に役立てられないか――。そんな機運が盛り上がりつつあるのが上下水道だ。

 日本の水道は原則、個々の市町村が運営し、とにかく規模が小さいのが弱点だ。人口減や節水技術の進展で市場規模が縮小するのもほぼ間違いない。

 日本政策投資銀行の試算では、今の体制を続けると、1立法㍍あたり平均で172円する現在の水道料金を、30年後の46年に1.6倍の281円に値上げしないとやっていけない。加えて、中小の市町村では水質管理に携わる技術人材や管路の更新投資原資の確保が難しく、事業の存続性に疑問符がつく。

     □     ■     □

 そこで問題解決の切り札として期待されるのが、設備の所有権を自治体に残しつつ、長期の運営を「民」に委ねるコンセッションを含む広義の水道民営化だ。

 事業分割した国鉄とは逆に、水道の場合は民営化に連動して近隣市町村の事業を統合すれば、「規模の経済」の利益も享受できるようになる。宮城県浜松市大阪市が水道コンセッションなどに積極的に取り組むゆえんだ。

 企業にとっても魅力ある市場だ。一足先にコンセッションが進む空港市場は年5千億円規模だが、上下水道は4兆円と一回り大きい。水道版のJRが生まれるかどうか、目を凝らしたい。


以上


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター